All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'07.26 (Tue)

恐ろしい山・・・ではありません。

もう先週の話になってしまいましたが、

21日の木曜日にまたまた山にぽちと一緒に行ってきました。

お天気占いでは、「朝は曇りですが、お昼頃から晴れるでしょう」と言っていたので
ためらいも無くイザ!しゅっぱつ。

今回も戸河内ICで降り、我が家でも定番になりつつあつ「おふくろ弁当」の天むすを購入!
ここには、天むすの他に鳥の串炭火焼きや地元で採れた野菜などの揚げ物などがあり
行く度に「試食どうぞ!」と新じゃがのフライを頂いています♪
これが楽しみなのかも♪

さて、今回の山は・・・

名前は恐ろしい感じの山。


恐羅漢山


スキー場として有名なのですが、以前(ドイツに行く前の東広島時代に)スキーで1回行ったのを覚えているけど
そんなコースだったかは全く覚えていない私達(汗)
印象が薄かったのか?それとも、瑞穂スキー場ファンになってしまったからなのかな?

そんな恐羅漢山に到着し、準備を始めつつも雨が止まない感じ・・・。

霧雨だし、出発しようか・・・と登山開始しました。

725.jpg
登山口はなだらかな登りで途中沢が何箇所かありました。

この沢に掛かっている木の橋は・・・濡れていると滑る、滑る!!!

7252.jpg
ナツヤケのキビレ。

ここまでは、なだらかで晴れていたら気持ちが良い山道。

さて、この分かれ道から恐羅漢山山頂に向かって歩きます。

ここから少し斜度が増してきました。

7253.jpg
霧雨ですが、このような笹があると、森で出会ってはいけないある生き物に出会いそうで・・・。

ある~日、森の中、クマさんに出会った!

そう、途中途中に、クマさんが歩いたのかな?という爪痕がありまして・・・

クマ避けの鈴をリンリンと鳴らしながら歩いていても、
クマさんが気が付かなければ、出会い頭?という事もあったので、
二人で歌を歌いながら歩きました(笑)

もちろん、私は歌を歌う余裕が少々無く、合いの手を入れる程度。

リクエストで「最近の歌」と言ったら、ぽちは「モーニング娘のLoveマシーン」を歌った(汗)

そういえば、北アルプスの涸沢に行く時に徳沢園辺りで歌いながら歩いたね~なんて
時代を感じつつ歩きました(笑)

この曲、意外と歩くテンポに合うんですよね~。

さて、そんなおバカな二人に呆れてか、クマさんとは出会いませんでしたが
平日のこんな天気だから誰にも合わないだろうっと思っていたら
4人パーティーに会いました。よかった歌っている最中じゃなくて。

山頂近くの急登を一気に上がり、山頂に到着!

7254.jpg
展望も何も無い・・・。しかも、ガスが掛かっているし。

ここで、早めのランチを食べていたら!!

大きなスズメバチがぽちの頭の上を旋回。

「やばい、近くに巣があるかも・・・」とじっとしていたら


「こいつら、危険じゃないな」と判断されたようで巣に戻っていたようです。

スズメバチも居なくなったっと安心したその時!!!

天むすがコロコロ・・・。おむすびコロリンです(泣)

勿体無いので、汚れたところを除いて食べましたが(汗)


ランチ後、せっかくなので「旧羅漢山」まで行こう!と出発したら・・・

またまたスズメバチの偵察が・・・。

急いで逃げました!!!


7255.jpg
恐羅漢山と旧羅漢山の真ん中辺りの平太小屋原。

雨も降った後、しかも霧雨だったので、沼状態の道。

何箇所か倒木を橋代わりにして沼になった所を通過しましたが、
おかげで登山靴もズボンもドロドロになりました。

7256.jpg
旧羅漢山山頂。

ここでご夫婦のパーティーに出会いました。

そのご夫婦も、まさか平日のこんな天気だから誰も登ってこないだろうと思っていたらしく
私達が「こんにちは~」と挨拶したら・・・

「クマかと思った!!!」とビックリした様子で。

いや、クマさんだったらご挨拶してくれないかと・・・。

もちろん、写真の岩、ぽちは登りましたよ。

後日、写真はUPします。お楽しみに。

ぽちが岩と戯れた後、また恐羅漢山山頂に戻りました。

下山は、行きと変えて、スキー場へ出るルートで下山しました。

山頂からスキー場上部までの道は、かなり急に思えました。
しかも、道も結構荒れている感じで・・・。

7257.jpg
「雪があったら、一気に滑り降りるのに!!」ともう歩くのが少々イヤになった私(汗)

何故かというと、中途半端な階段だから。

テンポ良く歩けない階段で、中途半端な高さって一番膝に来ます。

以前、膝に水が溜まったこともあり、あまり膝は良くない私なのですが、
山頂からの急な下りとこの階段で、右の膝の内部にきしむ感じの痛みが・・・。

でも、階段じゃなくなってなだらかな下りになると痛みが治まる。

通常の・・・普通の生活の中では膝の痛みも無いし。

これは病院に行くべきか?それとも、行かなくてもいいのか?

悩みどころです。

さて、無事に下山し、今回の温泉は・・・

「匹見峡温泉、やすらぎの湯」へ。

恐羅漢山から直線距離ではとても近いのですが、道が無い(山深い)ので、
くるっと回って温泉に。30分ぐらい掛かりました。

やすらぎの湯。

清潔感もあり、お湯も柔らかくてよかったです♪

関連記事
スポンサーサイト
20:39  |  趣味(山&クライミング)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。