All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.13 (Mon)

節約リフォーム:マーレン部屋

今日は、広島も雨でちょっと寒い1日になりそうです。

週末は・・・
金曜日は、夜22時過ぎからぽちの会社の人たちが飲み会の後に我が家で2次会。
ドイツでお世話になった人が一時帰国中で久々にお会いして楽しいひと時を。

翌、土曜日も会社&山仲間のMご夫妻と一緒に我が家で「オーケストラ&山の話」で
盛り上がりながらの宴会。
この日は、豚肉のローズマリー焼き、海老マヨネーズグリル焼き、シフォンケーキなどを作り・・・。

そして・・・日曜日。12月12日ですが、私すっかり忘れておりまして。。。
と言うより、1週間ずれておりました、日付感覚が(汗)ボケ??

そう、12年目の結婚記念日だったのです(大汗)
すっかり、金曜日・土曜日の楽しい二日間で結婚記念日が吹っ飛んでいました~。
夕方気づいた私は、ぽちに「今日、何の日か覚えていた?」と聞いたら
「覚えていたよ。カニを食べに行こうと思ったら、『家にある物で夕食を作る』って
作り始めたからいいかなぁと思って言わなかった」と・・・。

言ってよ!!!

そして、挙句には「旅行も考えていたんだけどね」なんて一言。

お~い!まったく出かける素振りなんて見せなかったじゃん!!!!(汗)


そんな12月12日の12回目の結婚記念日をどんな感じに過ごしたかと言うと・・・

やっぱり、リフォーム

匠ぽちの1日を振り返ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝、10時ごろ、匠ぽちの仕事が始まりました。

12131.jpg
マーレン部屋(箪笥置き場でもあり、山道具置き場でもある・・・)の窓です。

共同廊下に面したマーレン部屋は北西側に位置し、マンションの中央を向いているために
日中はあまり差さない部屋なのです。
真夏は涼しくて良いのですが、寒くなる冬はひんやりして暖房が恋しくなります。

12階の我が家は、灯油のファンヒーターを購入することにためらっております。
そう、灯油を購入するのが面倒であり、12階まで運ぶのも面倒なのです。
しかも、灯油は空気を汚します。

なので、今年の冬は結婚当初購入した「オイルヒーター」とリビングの「エアコン」で
越冬しようと思っているぽちぽこ家。

また、ある程度断熱性&保温性に優れている建物らしくまだ暖房をつけていない我が家。
マーレン部屋と反対側にある南東向きの遮る物が無いリビング側には、
朝から暖かい日差しが入り込み夕方まで20度以上の室温を保っています。

しかし、このヒンヤリとしたマーレン部屋には特別暖房器具を設置する予定も無く。

日中、マーレンをしている私にとって、寒くて辛い冬が到来してしまいました。

そして、この部屋にもう1つ気になる場所が。。。

12132.jpg
出窓?の棚の色。

センスの無い灰色。部屋の暗さをより一層引き立ててしまいます。

そんな問題を抱えた部屋のリフォームをかってでた「節約リフォームの匠ぽち

今回はどのように問題を解決してくれるのでしょうか?!


今回もこの曲とご一緒に

まず、匠は棚に着手しました。

キッチンリフォームでも使った「オフホワイトのカッティングシート」
これを棚に空気が入らないよう、慎重に貼り付けていった匠。

なんてことでしょう!

12133.jpg
色を変えるだけで少し明るくなった気がします。
壁と統一されたので、圧迫感もなくなりました。

さて、1つの仕事を終えた匠は、遅い朝食のラーメンを食べると直ぐに
次の仕事に移りました。

12134.jpg
金曜日に購入した、白い溝のあるプラスティック製のモール。

これを・・・

12135.jpg
窓枠に両面テープで取り付けていきます。

12136.jpg
次に、「ツインカーボA」というプラスティック板を用意しました。

このプラスティック板ですが、リンクをお読みになった人はこの板の効果などが
お判りになったと思いますが・・・

①ガラスの200倍の耐衝撃強度があり割れにくい。
②燃えにくい
③超軽量
④真空構造の為に、断熱性・保温性を発揮

といった優れたプラスティック板なのです。

これをサイズに切っていきます。

おなじみの曲で。

12137.jpg
ツインカーボを取り付けた窓。

西日で日中はほとんど光が入らない窓。
廊下に面しているために、歩いている人の足音などが気になりつつも
マーレンに集中している私。
しかし、最近の冷え込みで、手足が冷え、筆を持つ手が震えることも。
足にはブランケットを掛けながら、暖かい紅茶をすすっていました。

しかし、このツインカーボをつけたおかげで、部屋の温度がほんわか暖かい。
冷やされた窓ガラスからの冷気がシャットアウトさました。

また、冬になると悩まされる「結露」の防止もなる優れもの。

下の羽目殺しの窓にもこのツインカーボを取り付けたおかげで
足元の冷えも解消されそうです。

匠曰く・・・
「かなりの効果があると口コミで見たが、これまで効果が判るなんて思わなかった。
他の人の目に触れない部屋だし、これで十分だと思う。
また、この板もストライプ状の模様になっているから、サッシのガラスを開けていたとしても
これを軽く閉めておけば、ある程度の目隠しにもなる。」

と絶賛。


そして、ここにも匠の心配りのある仕事が・・・

12138.jpg
空気の入れ替えもできるように、開閉ができるのです。

サッシはそのままで、憧れの「ペアガラス」を手に入れたのです。

このプラスティックの板を取り付けただけでこんなに効果があるなんて☆

光熱費もこれで少しは抑えられると思います。

匠、結婚記念日のカニを逃したのはちょっと泣けたけど、
暖かい部屋にしてくれてありがとう!!

まだまだリフォームは続く・・・。




関連記事
スポンサーサイト
10:14  |  リフォーム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。