All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.06 (Mon)

鉄ぽちシリーズ第一弾:山陽・山陰の旅

先週の金曜日の夕方の話です。

「ねえ、週末、予定無いよね?」聞くぽち。

「買ってきたから」と見せたのは・・・2日間中国5県乗り放題切符です。

12月17日までの発売で、12月19日(日)までの利用なのであとわずかです。お急ぎを。

自称「乗り鉄」のぽちは、「廃線になってしまう前に乗りたい」というなんとも失礼なんですが
広島県三次(みよし)市から島根県江津(ごうつ)市の間を走る「三江線(さんごうせん)」

と!

島根県出雲市の宍道駅から広島県備後落合(びんごおちあい)の間を走る「木次線(きすきせん)」を選びました。

ぽち曰く「夏ごろから暖めてきた企画が実現する」と風邪っぴきで調子が悪かったのに、
行けるとなったとたん元気に復活しました・・・(汗)

題して「ローカル線の旅。すべてディーゼル車であり、単線であり、ワンマンの汽車で行く
瀬戸内から日本海に抜けてぐるッと一周の旅


ちょっと長い日記です。

そして、鉄ちゃんの為に、そして鉄道にまったく興味が無い人、まったく知らない人の為に
各線の名前にその線の説明(Wikipedia)をリンクしました。

今回はこんな曲をセレクトさせていただきました。
ぜひ、お時間がありましたら、お聞きください♪

http://www.youtube.com/watch?v=QL0Nx64WHiI

12月4日(土)

朝、7時20分に家を出発し、広島駅で駅弁を購入。

広島駅始発、7時53分発の三次行きの芸備線に乗りました。

101261.jpg
芸備線・・・単線のディーゼル車。

多くの登山客と学生を乗せた汽車は、土曜日の早朝にもかかわらずにぎわっていました。

戸坂(へさか)駅で多くの学生が降り、ボックス席に移り・・・鉄道の旅のお楽しみの・・・

1262_20101206105214.jpg
汽車の旅といったら・・・駅弁♪

1263_20101206105214.jpg
広島名物「あなごめし」(1200円)とちょっと贅沢な朝食だけど
楽しい旅になりますようにと奮発しました。

1264_20101206105214.jpg
のんびりとした日本の風景を眺めながら、あなごめしを食べる。

あ~日本人に生まれてよかったっと思う瞬間です。

1265_20101206105214.jpg
さっきまで賑わっていた登山者の団体は「白木山」という駅で下車。
登山日和な週末。

一気に静かになった車内は、ぽちのシャッター音だけが響いていた。



終点の三次駅に9時46分到着。

続いて・・・

1266_20101206105213.jpg
1日5本しか運行していない「三江線(さんごうせん)」に乗り継ぎです。

1267.jpg
三江線(さんごうせん)・・・単線のディーゼル車。ワンマンであり、車両も1両。

後ろから乗り、乗車券を取る。
下車の際に、乗車券と運賃表からの金額を支払い運転手脇の運賃箱に入れて下車。

まるで、バスです。

1268.jpg
車内はいたってシンプル。
トイレも付いていて、意外とキレイでした。

1269.jpg
9時57分発 424D 終点の江津まで向かいます。

江の川(ごうのかわ)沿いを走り、がったんごっとんと揺れる車内は、
乗客5名で出発。

12611.jpg
口羽駅で一人降り、沢谷駅で一人お客と3名の線路の安全点検の為の作業員が乗車。

12610.jpg
若干、ゆがんでいるように見える線路ですが、時速20キロぐらいの速さで
ゆっくり、ゆっくりと進んでいきます。

12612.jpg
宇都井駅です。

地上20mの高さにあるホームは、無人駅で116段の階段を上り下りしなくてはならない駅です。
しかも、エレベーターなど文明の利器はありません。

そんな宇都井駅では、12月3日から5日の3間のみ「INAKAイルミ@おおなん」という
イルミネーションが見れたのです。
ちょうどその期間でしたが、この駅の周りは何も無く・・・・。

でも、同じ車両にこのイルミネーションを見に来たという男性も乗車していました。

12613.jpg
汽車も山間を進み、一人乗せては、一人降り・・・と少ない乗客を乗せてのんびりと進む。

12614.jpg
12時08分着 石見川本駅です。

この駅で、江津から来る汽車を待つために・・・約1時間40分の待ち時間があります。

12615.jpg
13時51分まで、この駅の周辺でお昼ご飯を。。。と思いましたが、
駅周辺に何も無く(汗)

1軒、パン屋さんがありました。
そこで、食べることもできたので、暖かい紅茶と一緒に軽くパンを食べ・・・。

あとは、ひたすら駅舎で電車の出発を待ちます。

12616.jpg
来ました!三次駅に向かう汽車です。

いよいよ江津へ出発です。

12617.jpg
パン屋さんで買った「プレッツェル」を食べながら♪

このプレッツェル、やわらかく・・・中にバターが入っていました。
ドイツのプレツェルは硬く、塩が利いていてビールに合いますが、
これは、おやつ感覚のパンでした。

12618.jpg
江津に近くなると、江の川も日本海に近くなり水量が一気に増えてきました。

12619.jpg
江津駅に14時57分に到着しました。

ここでJR山陰本線に乗り換えです。

12620.jpg
しかし・・・車両は先ほどまで乗っていた三江線と同じ車両。

単線のディーゼル車、ワンマンで同じくバスみたいに乗車券式でした。

15時04分発 330D  出雲市駅行きの汽車に乗車しました。

12621.jpg
日本海を望みながら汽車は走ります。

この日は、海が荒れていて「日本海だなぁ~」と思う風景でした。

12622.jpg
16時58分、出雲市駅に到着しました。

目的地です。

駅のすぐ脇にあるホテルにチェックインしました。(前日の金曜日の22時に予約しました・・・汗)

このホテルがある駅の反対側には、「ランプの湯」という日帰り温泉があります。
ホテルでランプの湯のチケットをもらい、汽車の旅の疲れを癒しに向かいました。

夕方から夜にかけて現地の人で賑わい混雑することもあるそうです。

一旦、ホテルに戻り、フロントで「地元のおいしい料理を食べることができるお店」を聞きました。

4軒ほど教えていただき、向かいましたが・・・・


忘年会シーズンなんでしょうか?それとも、何か特別な日だったのでしょうか?
どこも予約で満席・・・。

どうしようか?と、まったくその辺りはリサーチしていなかった私たちだったので
ぶらぶらと歩いていたら、一軒良さそうなお店を発見しました。

こじんまりとしたカウンターのある居酒屋・・・小料理屋でしたが、
ご主人も面白く、そして、料理の説明をしながら「これは今が旬だけど、海が荒れていて在庫が冷凍しかないんだよ。1時間待ってくれたら焼いてあげるよ」と言いながら・・・1時間待った焼き魚とは・・・

12623.jpg
のどぐろです。

アカムツとも言う魚ですが、水深100~200mのところに住む魚で
油がのっていてとても美味しい魚です。

ちなみに、グラムに0が付いたお値段です。

この「のどぐろ」500グラムありました。

なので、0を付けると・・・・。


ありがたく、キレイに食べました。

もし、出雲市駅に行かれた際には「久鶴」へ。


さて、2日目の汽車の旅もまたのんびりでした。

明日に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
12:07  |  国内旅行(広島以外の山陽・山陰)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。