All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'11.15 (Mon)

劇的?キッチン・ビフォーアフター!

10月下旬、家のリフォームをしている「節約リフォームの匠」ぽちが何やら板状の物を
いっぱい作っている日記を書きました。
「最近の匠」←こちらの日記。

そのコツコツ作っていた物が、先日11月14日(日)に一部完成いたしました~~~♪

さて、そこまでの道のりを振り替えつつ、今回のリフォームの全貌をお伝えします。

今回はかなり長いので、お時間があるときにゆっくりご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな曲を聴きながら見ていただければ(笑)


夏前からコツコツとパーツを作っていた匠ぽち。

毎週末、ホームセンターに通い、設計図通りに木材を切断してもらいつつ
ホームセンターのおじさんと親しくなっていった。

約3ヶ月以上も及ぶパーツ作りは、ほぼ終え組立作業に入っていった。

11151.jpg
10月29日。
カッティングシートを貼りつつ、細かなチェックをしながら組み立てていく。

11152.jpg
11月5日。
だんだんと全貌が見えてきて、満足している匠の姿が見える。

11153.jpg
この箱状の物が、どんな風に変わっていくのでしょうか?
そして、ネットショッピングして購入したある物も届いた。

11154.jpg
ゴミ箱だ。
スチール製のしっかりとしたゴミ箱。

11155.jpg
4つに分別もでき、「エコ」も何気に考えている匠。

そんなゴミ箱も・・・

なんてことでしょう~!

11156.jpg
棚の一部に組み込まれてしまったではないでしょうか。

使いやすさだけではなく、シンプルにまとめる匠のワザが光りました。

11月14日。

前日は午後から自宅でのランチ飲み会、そして、夜からは別で飲み会と
丸1日飲み明かした匠だが、翌日はしっかり起きて朝から最終仕上げに入っていった。

1つ1つのパーツを微調整しつつ、一旦組み立てたパーツを再び取り外していった。

ここで問題が発生した。

11157.jpg
匠としたことが・・・和室の障子を破ってしまったではありませんか・・・。

大失態です。

そんなプチ落ち込みしながらも、その後作業を再開した匠。

11158.jpg
天板に、「サンゲツ」の高級カッティングシートを貼り付けていった。
耐摩擦、耐熱といった優れたシートは、かなりの高額。
多分、この家具を作るにあたり、一番の高額だろう。

さて、最終チェックも終わり、いよいよ家具を移動していきます。

次は、この曲で。

11159.jpg
結婚当時買った家具。

貧乏だったポチポコ家は、スチール製のレンジ台とキッチンカウンターを購入した。

4年間ドイツに赴任した時は、日本の倉庫に預けられ日の目を見なかった事も。
しかし、11年の長い歳月を一緒に歩んだこの家具も今日でお別れ。

111510.jpg
ラップやアルミホイルを使いやすく収納できた冷蔵庫脇のグッツも取り外されることに。

111511.jpg
冷蔵庫脇の深い隙間にパーツを入れた匠。

今までデットスペースだったところが、匠の技によって「使われる空間」になって行きます。

111512.jpg
レンジ台が置かれていた部分にもパーツが入っていく。

111513.jpg
一つ一つ丁寧にパーツを組み立てる匠。

このとき、日曜の午後8時過ぎ。

111514.jpg
デットスペースだった所も天板が付けられていく。

111515.jpg
全体が天板で覆いかぶされ、だんだんとどんな感じになっていくかが判る。

111516.jpg
天板の上にはさらに壁が取り付けられ、しっかりと固定される。

111517.jpg
レールが取り付けられた壁も設置され、匠の細かい仕事が細部にいきわたる。
2つに仕切られた空間には、各1箇所、2つのコンセントを取り付け
電化製品を使えるように工夫されている。

111518.jpg
このコンセントの電源は、キッチンの壁に取り付けられていた電源から引かれている。

111519.jpg
さらに、屋根が取り付けられた。

111520.jpg
全体に作られた屋根は、しっかり固定されていく。

翌、11月15日。

11161.jpg
紅葉が深まり、朝晩冷えてきた11月15日の朝。


第一段階ではありますが、これからのキッチンライフを使いやすく
そして、楽しく演出してくれるであろう「匠の棚」の全貌をご覧ください。

11168.jpg
壁面収納に変わったキッチン。

デットスペースだらけだったキッチンが、細部にわたり使いやすく生まれ変わりました。

11162.jpg
21年生のオーブンもしっかり収まり、レールを取り付けることで、前面に出し
パンを焼く時に長時間熱がこもる事を防ぐ匠の心配りが。

炊飯器も直ぐ下に設置され、ご飯をよそぐ時に腰をかがめなくても良い高さになりました。

コンセントの電源部分もしっかりカバーが取り付けられて脱着可能にしました。
何か不具合があった時に直ぐに点検が出来るようにしたそうです。

11163.jpg
広々とした作業スペースと、冷蔵庫脇のデットスペースも棚になり、
調味料などが収納されました。

11164.jpg
分別ゴミ箱もしっかり組み込まれ、違和感無くスッキリと収まっています。

11165.jpg
重い鍋や大きな鍋もやっと定位置が決まり、喜んでいる感じです。

ここに扉を付けなかった理由は、扉を開ける際に足元のスペースが狭くなり
出し入れが大変になるだろうと、匠はワザと扉をつけなかったのです。

しかし、今後、「扉がやっぱり欲しい」というリクエストも考慮して
設計した匠。将来を見据えています。

11166.jpg
冷蔵庫脇の奥が深いスペースには、ワインセラーが入る予定です。

しかし、まだ匠はちょうど良い、納得したセラーを見つけ出すことが出来ず。

11167.jpg
まだ天井部分にはスペースがありますが、第2弾として収納を増やす予定である匠なのでした。

これでやっとぽちぽこ家も収納に悩まされていたキッチンを1歩脱出したのです。

節約リフォームの匠のキッチンカウンター。

材料費、約3万円ちょっと。

オーダーメイド作ると10万円以上はするでしょう。

さすが!節約リフォームを謳っているだけあります。良い仕事していますね(笑)

まだまだ匠のリフォームは続きます。

長い日記読んで頂き、ありがとうございました。



「ぽこの手作り空間」←こちらも何気にUP。
関連記事
スポンサーサイト
16:01  |  リフォーム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。