All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.01 (Tue)

ローマ:最終日&ハプニング!!

ずいぶん間があいてしまいました。
以前から話がちょこっとしていた「プリジェクト9」を無事に終え、帰宅してきました。
その報告は・・・ノチほど。

まずは、途中だったローマの旅。

最終日の3月24日(月)
ゆっくりとホテルで朝食を取り、チェックアウト。

荷物を持ったまま、中央駅である「テルミニ駅」に向かいました。

テルミニ駅には「コインロッカー」が無く(テロ対策のため)
一時預かり所」があります。

ここに、スーツケースを預けて、最後のローマ観光をしました。

がっ!!

ここ、一時荷物預かり所。イースターなどの休みの時は激混み
預けるだけなのに、30分以上並びました。

なんとか、預けて観光に。

3241.jpg

スペイン広場前にある「舟の噴水」

1日目にも行ったが、雨が降っていたのでゆっくり見れなかったので、再び。

そして、アウグストゥス帝の廟に向かう途中・・・
3242.jpg

フェラーリショップを発見!

3243.jpg

奥さんや彼女のイタリアのファッションブランドショップ巡りに付き合わされて、
ヘトヘトになったお父さん達の憩いの場。・・・なのかも知れない。

この時、一番生き生きしていたのは・・・もちろん、、、ぽちでした(笑)

途中、寄り道をしつつもたどり着いた、アウグストゥス帝の廟
でしたが・・・・中には入れず、しかも、周りも工事中だったのでよく見れませんでした。

気を取り直して・・パンテオン「Oantheon」に。
3244.jpg

ミケランジェロが「天使の設計」だと称賛した神殿。
ここも多くの人で賑わい、そして・・・スリが多そうでした(汗)

パンテオンから西に向かうと「ナヴォーナ広場」があります。

3245.jpg

ネプチューンの噴水

3246.jpg

四大河の噴水
残念ながら、工事中で泉全体を見ることができませんでした。
この像が手をかざしている教会は「サンタニェーゼ・イン・アネーゴ教会」です。

この泉の設計者 と 教会の設計者の仲が悪く、
「教会が倒れたら困る!」と教会に向かって腕を伸ばしている・・・・っという
エピソードがあるそうです。

3247.jpg

そして、ムーア人の噴水
遠くて判らなくて、、、すみません。

この広場には、多くの人が日向ぼっこや周りのカフェでお茶をしてのんびりすごしていました。

32412.jpg

この象を見たら・・・


3248.jpg

「サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会」(Santa Maria Sopra Minerva)に!!

小美術館と呼ばれるほど、すばらしい絵や彫刻がいっぱいありました。
3249.jpg

中でも、ガイドブックに載っていた「カラファの礼拝堂」はすばらしかった!

ゆっくり過ごすといい教会です。

そして、ヴェネツァ広場まで戻り、カンピドーリオ広場まで来ました。
32410.jpg

この広場は、ミケランジェロの構想により作られた広場です。

ちなみに、ガイドブック「地球の歩き方」に載っている写真と同じ構図で写してみました(笑

14:00を回り、遅い昼ごはん&早い夕食として、最後のおいしいイタリアンを食べ、
テルミニ駅近くの「「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」によりました。

32411.jpg

時間があまり無かったために、ゆっくり見れませんでしたが、
ここは「写真禁止」でした。

でも、大聖堂というだけあって、圧倒される空間。

再び、ローマに来る機会があるなら、もう一度来てみたい大聖堂です。

そして、20:00のフライトに間に合うように、3時間前にテルミニ駅に着きました。

ここから、電車(レオナルドエクスプレス)に乗り、30分で空港に着く。

切符を購入して、預けてあった荷物を取りに「一時預かり所」に向かいました。(2時間45分前)

すると!!!

激混み

予想通りだったけど、なんだか嫌な予感。

列に並び、待っているけど・・・・いっこうに進まない。

様子を見に行くと、料金所は1つの窓口でオッちゃんがのんびり仕事をしていた。
そして、荷物を出してくる係員のオッちゃんも一人。
2人体制で、のんび~っりと仕事をこなしていた。

イライラしながら、30分経過。(2時間15分前)

まだ、間に合う。
電車に乗れば。

しばらくすると、私に話しかけてきたイタリア人の兄ちゃん。
イタリア語でなにやら訴えている。

「セニョーラ!マニアワナインダーナ!イレテクレチーノ!」っと(うそっこイタリア語)
彼は『飛行機に間に合わないからここに入れてくれ』と頼んでいるようだった。

私は、イタリア語なんて全然判らないし、ましてや英語だって判らない。
ので!ドイツ語で、「ビッテ?」(何か?)っと言った。

再び、「イレテクレチーノ!」

「イヒ フェアシュテーヘ ヒニト」(私は理解できない)っと言った。

すると・・・ぽちが英語で、

「みんなが列に並んで待っているんだ。
みんな飛行機に間に合わないかもしれないんだ!
君一人だけ入れるわけにはいけないから、後ろに並べ!!」っと

強い口調で言った。

日本人は、外国語で言えば訳が判らず、「OK」っと言って
入れてしまうパターンが多いので、彼もそれを狙って私に話しかけてきたと思う。
しかし、まさかドイツ語で返されるとは思わなかっただろうし、
まさか、「後ろに並べ!」っと怒られるとも思わなかったと思う。


すると、また「イレテクレチーノ~!タノミマスッチ!」っと言ってきた。

そうしたら、近くにいたオッちゃんが「みんな同じなんだ!後ろに並べ!!」っと怒った。

彼は諦めずに、私たちの後ろの人に頼んでいた。
もちろん、後ろの人もダメ。

またまた、後ろの女性一人にも頼み込んでいた。

ここで、彼が現れてから10分経過。(2時間5分前)

近くの注意したオッちゃんが、再び・・・「いい加減にしろ!!」ばかりの激怒。

彼も食い下がらすに、頼み込んでいる。

周りからは冷ややかな目。

さらに10分経過。(1時間55分前)

いっこうに誰も入れない。

彼が来てから30分後。列に並んで約1時間。(1時間45分)

私たちの荷物がやっと出てきた。
結局彼は、誰にも入れてもらわずに、30分というロスをしてしまった。
最後には、半べそで「間に合わない~~!!」っと泣きそうな顔になった。

教訓・・・
いくら自分が間に合わないかも知れないといって、行列への横入りは
決して許されないもの。おとなしく並ぶのか正解です。

そして、私たちの方が飛行機に間に合わないんじゃないか!!??っと心配をしつつ、
電車を探した。

電光掲示板には、来ているはずの電車のホームを示していない。

「あれ??無い・・・・」

ダッシュしましたよ・・・。

走り回りました。ホームの端から端まで。

駅員に聞くと・・・「まだ来ていないよ」っと。

えっ?定刻を過ぎている。

良かった、間に合った!!

少しの遅れならまだ間に合う!っと少し安心しつつ、来た電車に乗る。(1時間35分前)

すると、5分待っても、10分待っても、出発する気配なし。
結局20分送れの出発。(1時間15分前)

間に合わない

チェックインカウンター&荷物の預けの、リミットは大体40分前。

電車が空港について、チェックインカウンターまで歩いて5~10分のところを
3分(極力早く)で行かなければ、間に合わない計算だ。

空港に着いた。(45分前)

ダッシュした。

猛ダッシュだ!!

心臓が壊れる~、肺が痛い~!足がつる~!!足が前にでなーい!!

っと、時間と自分に格闘しつつ、なんとか40分前に着いた。

間に合った~~!!







っと、思ったら。




クローズ!CLOSE!!



ハイ、残念でした~、っという感じ。落ち込み

航空会社のフロントに行き、何とか乗れないか交渉。

すると、手荷物がなければOKだと。

は?あるでしょ。手荷物。
普通、イースター休みで来ているんだから、スーツケース持つでしょ。

すると、「明日の20:00のフライトですね」っとあっさり。

あの彼が泣いていたが、今は私たちが泣きたい気分だ・・・っと思いました。

追加料金を払い、そして、空港近くの何も無いところのホテルを取り。

私の「近年にない、あの猛ダッシュ!はなんだったの?」っとがっくりしながら、
ホテルでバスタブに漬かり、疲れを癒した。

イタリアは、45分前でチェックインカウンターが閉まります。
5分差で乗れませんでした(泣)

そして、電車は定刻どおりには来ないし、動かない。

一晩、再びローマで過ごし、翌朝、チェックアウトぎりぎりまでホテルに居座り、
空港に向かった。

チェックインは、フライトの2時間前となっているので、
それまでスーツケースをゴロゴロ引きながら、空港内を端から端まで見た。

詳しくなったよ、ローマの空港。(苦笑)

丸1日空港で過ごし、やっと乗れた飛行機。

やっと帰れたデュッセル・我が家。

待っていたのは、大量の洗濯物でした(泣)

関連記事
スポンサーサイト
23:59  |  旅行記(イタリア)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。