All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.09 (Tue)

ワールドカップ:スキージャンプ!

2月6日(土)7日(日)の2日間、ドイツのWillingen(ヴィリンゲン)で行われた
スキージャンプのワールドカップを観戦してきました!

車で3時間という近場のスキー場にあるジャンプ台で行われたのですが、
ポチの会社のY夫妻とお泊りで気合の入る応援をしてきました。

10281.jpg
天気が悪くてガスが出てしまいましたが、大勢の観客で盛り上がっていました。

既に、ビールを飲んで大騒ぎをしている人たちも。
スキージャンプというお祭りを楽しんでいるみたい(笑)

スキージャンプといえば、高いジャンプ台から飛び降りて?飛距離を競う競技として知られていますが、
皆さん、スキージャンプについて詳しく知っていますか?

私も詳しいことは知りませんでした。

約8年ぐらい前に、長野県白馬で行われたワールドカップ・スキージャンプを初めて見に行きました。
その時は、全く知識も無く、オリンピックで活躍した「船木選手」「原田選手」「葛西選手」「岡部選手」を
見に行った感じで・・・(汗)

そして今回、ポチがジャンプについていろいろ調べました。(←他力本願 笑)


まずは、「スキージャンプとはなんぞや」という事から説明いたします。

スキージャンプには、「ノーマルヒル」(K点90m)「ラージヒル」(K点120m)「フライングヒル」(K点180mを越える)の3つの種目に分かれています。

今回の種目は、「ラージヒル

よくジャンプ競技の中継を聞いていると「K点」とか言っていますが、K点って何??
 ジャンプ台の建設基準点のことを指し、ドイツ語の「Konstruktionspunkt」の意味を持つK点。
 ジャンプ台の設計上の着地地点付近に赤い線で印が付けられているところです。

このK点を飛距離の基準として、飛距離点は着地地点とK点位置のプラスマイナスで計算されるそうです。

採点方法ですが、飛距離点だけではなく「空中での姿勢」「着地した時の姿勢の美しさ」も重要。
いくら遠くに飛んだとしても、着地した時にバランスを崩しては高得点に繋がりません。

屋外競技の為、天候や風向きにも大きく左右され、飛び出し後の風向風速にも大きく影響してきます。
また、自分の前の選手の飛距離が伸び、高得点を得ると、精神的プレッシャーにも左右され、
失敗ジャンプをしてしまう恐れもありかなり精神的にデリケートな競技とも言えます
なので、団体戦などでは1人の失敗ジャンプで順位が下がってしまう恐れもあり
選手にとってはかなりのプレッシャーになるのです。

選手達がジャンプ台に着き、イスのような物に座ってから助走路を滑り、踏み切り地点で踏み込んでテイクオフ。
その際、スタート地点でイスのようなものを動かしたりしていますが、これは選手とコーチがその時の
風向きや前の選手の滑走スピードなどの状態を見て滑走開始地点を決まることができるのです。

高い所から滑り出せば「遠くに飛ぶ」のですが、スピードが出過ぎると踏み切りタイミングが難しくなって
失敗ジャンプになったり、反対に遠くに飛びすぎると着地地点の傾斜が緩くなって着地が不安定になり
危険を伴うので開始地点を調整しているそうです。
まだ経験の浅い選手などは、踏み切りタイミングを確実に合わせられるように低い地点から開始したり・・・など。

そんなことを踏まえ、これから行われる「冬季オリンピック」を観戦してみてください♪
JOCのバンクーバーオリンピックのHP

話が脱線してしまいましたが、ここからはWillingenで行われたスキージャンプのお話です。

6日(土)は、個人戦がありました。

日本代表・・・

10282.jpg
吉岡和也選手

10283.jpg
ガスの中を飛ぶ吉岡選手!

この日は、ちょっと観戦した位置も悪かったので、あまり写真も撮れませんでした。
他に出場した、渡瀬雄太選手・東輝選手・湯本史寿選手の写真もあるのですが・・・
ちょっとブレてしまったので。

10284.jpg
地元、ドイツの酔っ払いサポーターで埋め尽くされたスタンド。

でも、その中に・・・
10285.jpg
日本の国旗も!!!

っと、よーーく見たら日本人じゃない(笑)
私たち以外に日本人は居ない感じでした。

10286.jpg
個人戦での上位3位の選手達。

1位 オーストリア:Schlierenzauer Gregor選手
2位 ノルウェー :Jacobsen Anders選手
3位 ドイツ:Neumayer Michael選手

でした。

個人戦の結果

さて、私たちはWillingenの街中のホテルが取れなく、35Kmほど離れたところのホテルを予約しました。
そのホテルが・・・なんと!!!

オランダ人が経営する、オランダ人の為のホテルだった!!

ホテルというより、保養所って感じでした(汗)

いやービックリしましたよ。ドイツ語より英語の方が通じるし(笑)
しかも、お客もオランダ人ばかり。

ドイツに居ながらオランダの雰囲気を感じてしまった(汗)

それにね、遅い時間にチェックインしたのですが、夕食も予約していないのに
快く用意して頂き、ちゃんとした暖かい料理を提供してくれたのですが・・・

ドイツ人もびっくりな大盛り料理。

いやー、美味しいんですけど、これドイツ人も全部食べることできないんじゃない?という量。
日本人ですので、少量でいいんですよ。
残すことに抵抗がありましたが、いくら男2人居たとしても、食べることはできませんでした・・・。

翌朝の朝食でもビックリなことが・・・
食卓においてあった「食卓塩」の瓶に「砂糖」が入っていた。
みんなで、「オランダの塩は甘いなぁ~」と言いつつ笑ったけど、
入れ間違い??言おうか、言うまいか・・・言わなかった!
次の人、ごめん!!

あと、欠点としては・・・「シャワーのお湯が出なかった」ことかな。
私は、かろうじて人肌程度に出る水で「修行状態でシャワー」を浴びましたが、
ポチは断念しました。(←ちょこっと浴びてギブアップ)

お湯さえちゃんと出れば良いホテルだったのになぁ~。

そんな不思議ホテルをあとにし、再び、2日目の団体戦を見にジャンプ競技上へ!!!

10287.jpg
お名前は判りませんが、良い写真が撮れました!!

この日は、早めに会場に向かい(2時間前)、着地地点真横の席を陣取りました。

10288.jpg
真横に見える着地する選手。

こんなに板がしなっているんだぁ~!!!

10289.jpg
競技の合間にあった「ホルン」の演奏。

102810.jpg
ちょっとスイス気分を味わいました(笑)

そして、出場した国の国旗を持って、ジャンプ台の中央付近から滑走するインストラクターの人たち。

102811.jpg
日本の国旗も♪

102812.jpg
ワールドカップだけあって、盛り上がり、そしてお祭り騒ぎの会場。

この時、選手達はイベントどころじゃないんだろうなぁ~。

102813.jpg
会場の大画面で紹介された日本選手たち。

渡瀬雄太選手・東輝選手・湯本史寿選手・吉岡和也選手。

ポチは、「日本人選手の写真を撮るんだ!」と張り切っていましたが
空から飛んでくる、動く被写体をズームで横から撮るので難しいらしいです。

102814.jpg
一番キレイに撮れた東選手の写真。

躍動感があってなかなか良い感じでしょ♪

で、1つ!

飛んだ距離ってどんな感じに測定しているの??と思いますよね。

この進歩した技術の世の中なので、てっきり着地する斜面にセンサーが付いていて
それで計測していると思っていたんですよ。

でもね、長野県白馬で行われたワールドカップを見に行った時に初めて知ったのですが
こんな感じで計測しているんです。

102815.jpg
「ここ!ここ!」と距離を示す係員。

そう、斜面の脇に大勢の係員が立っていて、着地した地点を目視。
その距離のプレートを指しているんですよ。

更に、係員が片手を挙げているポーズは、0.5mの意味を表します。

と、いうことで・・・

東選手の飛距離は、「133.50m」となります。

面白いでしょ!!

これで、冬季オリンピック、スキージャンプも面白く見ることができますね♪

団体競技では、日本チームは6位でした。

団体戦の結果

さて、私たちはオリンピック代表の葛西選手や伊東大貴選手も出場すると思ったのですが、
さすがにオリンピックの1週間前だから来ないよね。

ちょっと残念だったけど、オリンピックに専念して良い結果が出ることを
ドイツから応援しております♪

でもね、もちろん今回出場した選手を見れたことも嬉しかったのですが
一番、私たちが盛り上がった瞬間は・・・


102816.jpg
はらだ~~~!!思わず叫んでしまいました!!

今、雪印のコーチをされているんですね。

ヨーロッパでは、選手時代の豪快なジャンプとあの笑顔とキャラクターで愛されていたので、
今でも人気があるらしく、選手が滑走する前の映像で他国のコーチは写されないのに
原田コーチだけは何回も映し出されていました。

やっぱり今でも人気があるんですね♪

コーチとして、解説者として、いつまでも活躍して欲しいです!!

関連記事
スポンサーサイト
00:35  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。