All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

冬休み:スウェーデンからノルウェーへ

まだまだ続く、冬休みの修行。

2009年12月28日(月)
犬ゾリが終了し、ヴォルターさんにOestersundの駅まで送ってもらった。
お別れの時、なんか淋しくなった。
1週間一緒に行動したドイツ人って初めてだったしとても良い経験になった。

16時27分発の電車まで時間があったので、前日の病院で貰った「処方箋」も持って薬局に行きつつ、
街の散策をしました。

薬は、抗生物質と痛み止め。
痛み止めは、毎日3回飲んでいましたが、飲むと眠気が・・・。
しかも、アルコールを飲んではいけないので、私の目の前で美味しそうにビールを飲むポチが
かなり憎らしかった(笑)

101121.jpg
15:30撮影。
すっかり街は夜の雰囲気(笑)
Oestersundの街は小さいけど、多くの人がショッピングで賑わっていました。

101122.jpg
クリスマスを過ぎても、街はまだクリスマスの雰囲気のまま。
このとき、マイナス30度ぐらいだった・・・。

101123.jpg
Oestersundから、またまた電車に乗って・・・
スウェーデンからノルウェーに移動しました!

101124.jpg

次の目的地は、ノルウェーの「Toromhaim(トロンハイム)」という港町。
約4時間の電車の旅なので、ゆっくり寝ながら移動・・・・

っと!!思っていたのですが・・・。

途中、前の席のお姉さんが「すみません。あなた達はどこまで行くの?」と声をかけてきました。
「え?どうしてそんなこと聞くんだろう?」と思ったら、みんな降りる支度をしていたのです。
「私たちトロンハイムまで行くんです」と答えると「じゃあ、ここで降りないとダメよ」と・・・。

101125.jpg
Storlienという駅で降ろされてしまった。スウェーデンとノルウェーの国境沿いの街。

ここからどうすればいいの??チケットは、トロンハイムまで買ったし、乗り換えの表示も無いし、
と、駅員に聞いてみたら。
「ここから、バスの運行になるの」と。

電車内のアナウンスは、スウェーデン語とノルウェー語のみだったので、
バスの運行になるという事を理解できなかったのです。
前の席のお姉さんが教えてくれなかったら、そのまま「Oestersund(エステルスン)に逆戻り」するところでした。
ちゃんとお礼が言えなかったので、ここで「ありがとうございました」。

20分ほど待ち、バスに乗り換えました。

101126.jpg
電車のお客が2台のバスに乗って移動。満員です・・・。

意外と、バスは頑張って、電車の予定到着時刻:20:12の20分遅れで無事にトロンハイムに着きました。

トロンハイムは、2泊3日。

ホテルにチェックインし、夕食を食べに外に出ましたが・・・ついつい海の近くということで・・・

101127.jpg
お寿司を食べちゃいました~♪

(たぶん)日本人が経営しているお寿司屋さんは、「Sushi Bar」としてオシャレなお店で
多くの人で賑わっていました。
ギリギリ、ラストオーダーに間に合い、「寿司、盛り合わせ」を頂きました!!

おいし~~♪やっぱり、日本人は新鮮な生魚&醤油が一番だ。

でも、右手が包帯でグルグル巻きだったので、お箸を使うのが大変だったぁ~(汗)
ここでも、試練・・・。

翌日(2009年12月29日)は、トロンハイムの観光をしました。

101128.jpg
Nidarosdomen(ニーダロス大聖堂)
ノルウェー最大のバロック式の大聖堂。

写真の左に映っている太陽の位置・・・低いですよね。これ、11時半撮影です。
ここまで来ると、太陽もこの低い位置しか登らないのです。

101129.jpg
旧市街地へ行くGamle Bybro(跳ね橋)

今は、跳ね橋としての機能はしていない感じでしたが、ここから見るトロンハイムの景色は素晴らしかった。

1011210.jpg
橋の上から見る景色。

1011211.jpg
Kristiansten Festning(クリスチャン要塞)から見たトロンハイムの町並み。

冬季は営業していないクリスチャン要塞ですが、小高い丘になっているので
トロンハイムの町並みや海の風景が見渡せて、とてもキレイでした。
海方面が暗いですが、これは「雪雲」。
しばらくしたら、この雪雲が街を覆い、雪が降り出してきました。

1011212.jpg
海に浮かぶ修道院。
海の修道院と聞くと「モン・サンミッシェル」を思い出します。
ここは、完全に陸から離れており、昔は修道院に渡るのに大変だったんだろうなぁ~と思いました。

さて、トロンハイムですが港町だけあって、「魚介類が新鮮
歩き方(ガイドブック)に載っていた駅近くの「フルー・インゲル」というシーフードレストランに
行こう!!と雪が降る中歩いて向かいました。

しかし!!!

店は違うお店に変っておりました。(ガイドブックの情報はかなり古いのかも・・・)

ここで、新情報♪
「Sushi Bar」近くにあった「魚市場」(Ravnkloa fiskehall)
1011213.jpg
新鮮な魚介類が売られていましたが、ここで食べることも出来るのです!

早速、注文♪

1011214.jpg
甘エビ。かに。魚のすり身のハンバーグ。

醤油があったら、ホント最高でした!!(醤油を持参すればよかったなぁ~)

この時期、トロンハイムは年末&冬ということもあり、夜のレストランを探すのが大変でした。
狙っていたレストランはお休みだったり、夕方17時までの営業だったりで・・・。

この時期にトロンハイムに行く計画がある方は、事前にレストランを確認した方がよろしいかと。

小さな街なので1日で観光が終わってしまいますが、
魚市場の甘エビの美味しさで好印象のトロンハイムでした♪

まだまだ、続きます。次の街は・・・。




関連記事
スポンサーサイト
00:10  |  旅行記(北欧)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。