All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.08 (Fri)

冬休み:目的地へ

12月22日(火)

10181.jpg
ストックホルム中央駅 7時58分発の電車に乗り移動しました。

10182.jpg
今回はこの列車を利用。もちろん、事前予約して座席指定もしました。

10183.jpg
なかなかレトロな室内で、窓際に座っていると冷気が漂って・・・寒い(汗)

窓枠が凍っているし・・・。

ストックホルムを出発して約5時間半の電車の旅の予定でしたが!

出発して2時間ぐらい経った時に1時間ほど立ち往生。動かない・・・。

アナウンスもスウェーデン語だし判らない。

どうしたのかな??っと思っていたら英語のアナウンスが流れた。

「フロントガラスが割れたので、修理している」

えーー!!壊れたって・・・(汗)

再び動き出し、この1時間遅れを取り戻してくれ!と願ったが
ちょっと動いては停まり、また動いては停まりで、全く進む様子が無い。

どうも北に向かう線路で異常があるとか無いとか??

この日は、15時にある人と待ち合わせをしていたので、
15時までに目的の駅に着けばいいのだが・・・だんだんと15時には着かない様子が漂ってきた。

10184.jpg
14時半の空。 夕焼けだ。

キレイだなぁ~と感傷にふけっている気分ではなかった。

結局、目的の「Oestersund」(オステルスン)駅に着いたのは・・・

3時間遅れの、16時30分。

13時半に着く予定が、16時半・・・。
日本だったら「払い戻し」などの対応があるが、「3時間くらい遅れるのは当たり前」の世界なので
誰一人クレームをいう人も居なく、誰一人慌てている人も居なかった・・・。
そんな世界なのよねぇ~。

「鉄道の旅は、時間通りに行かない、慌てるな!」と思っいたけど、
待ち合わせしていたので、心の中では慌ててしまいました(汗)

駅に着き、待ち合わせをしていた人に会えるかドキドキでした。

すると、駅の出口付近で見覚えのある顔、そして私たちを見て手を振る人居た。

Walterさ~~ん!!

ホッと一安心♪

待ち合わせをしていた人とは・・・

ドイツ人の「Walterさん

この旅(修行)の目的であり、その目的のオーナーであり、指導者でもある。

しばしヴォルターさんと挨拶、無事会えたことにホッとしながら
Walterさんの車で更に200km移動。東京→静岡の距離。
約3時間かけて移動しました。

外は既に真っ暗なので、途中、後ろの席で居眠りしちゃいました~(汗)


着いた場所は、スウェーデンとノルウェーの国境沿いの小さな村

そして、ヒュッテ。

10185.jpg
ヒュッテのリビング。

広々していて、居心地が良かった♪

そして、肝心な部屋の写真を撮り忘れてしまいましたが、
個室になっており、2段ベット、棚、机、イス2脚がありました。

但し、暖房の効きがイマイチ悪く・・・寒い!

とりあえず、パンとチーズなどの軽食を食べ、明日に備えて寝ました。

翌朝・・・

10186.jpg
ヒュッテの外は、こんな感じだった。(写真の左に切れて映っている建物が私たちが泊まったヒュッテ)

10187.jpg
そして、-20度でした!!!!!!

この日の夜は・・・マイナス28度を記録!!
髪の毛は一瞬にして凍りました~♪ちなみに、息を吸うと鼻毛も凍る寒さ(汗)

ここに何しに来たか??

それは・・・

10188.jpg
この写真と・・・

10189.jpg
この写真と・・・

101810.jpg
ヴォルターさんが準備しているこの様子を見て・・・。

お分かりになりましたか??


答え・・・





101812.jpg
犬ゾリHundeschlittenです!!!

2年前の2008年、デュッセルドルフで行われた「キャンピングカーメッセ(CARVAN SALON DUESSELDORF)」
ヴォルターさんが「犬ぞりのブース」を出していて、物凄く惹かれていました。

そして、ポチを口説き落とし、2009年のメッセで再びヴォルターさんのブースを訪れ
その場で犬ゾリツアーの申し込みをしました。

2年間温めてきた計画なのです。(←ただ単に高いからポチに却下されていただけ)

ドイツに赴任して私の目標でもあった「日本ではできないことをやる」の1つだったのです。
犬ぞりは、北海道や長野などの雪が降るところで体験できるかも知れませんが、
1週間(実質5日間)、自分でソリを操縦して「自分自身で犬と共に走る」ということは
なかなかできないと思ったのです。

WalterさんのHP Stonecreek Tours

約2年、このホームページを眺めつつ妄想していました。

犬に囲まれて1週間生活~♪
犬と一緒に遊べる~♪

甘い妄想をしておりました。

甘かった・・・

意外と体力勝負なのでした。

詳しいツアー内容・そして持ち物などなど、長くなったので次の日記に書きます。

つづく
関連記事
スポンサーサイト
00:00  |  旅行記(北欧)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。