All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.11 (Sun)

教授!

10月9日(土) 教授こと「坂本龍一」のピアノコンサートに行ってきました!

ドイツ、しかも地方でコンサートを開く日本人アーティストは極まれで
ここに住む日本人は、坂本龍一が来るのを楽しみにしていました。

ウワサでは、「8割・9割のチケットを日本人が購入した」と言われていましたが、
実際、会場に入るとドイツ人も多く、7割日本人、3割ドイツ人という割合でした。

さて、坂本龍一というと、YMO

私の世代になると、YMOの曲を知っている人と知らない人と分かれると思う。
君に胸キュン」とか。1983年作品
CMで使われていましたね♪

ライディーン」とか。1980年作品。
これは知っている!

テクノポリス」とか。1979年作品
知っているけど、その当時記憶に無い。

「坂本龍一のコンサート行く?」と聞くと、
「YMOだったら行く」と言う人と、「行く行く!」という人と分かれました。
やっぱりポチ世代以上の人は、YMOの印象が強いみたい。

さて、コンサートですが、

オープニングでは、いきなりピアノを弾いていました。
そう、ピアノの弦を指で弾いて。
暗い会場の中、そっと出てきて、ピアノの弦を弾いていたので、
「ピアノの調律のオジサン」かと思った(汗)

幻想的な世界でした。

環境がテーマだった前半。
3曲目だったかな?環境と人間との不協和音の曲。
右手と左手のリズム・調が違い、聞いていて・・・説明が難しいけど・・・
「右手が3拍子だったら、左手が4拍子のリズム」と言う感じの曲だった。

後半は、私達も知っている・・・
戦場のメリークリスマス」
ラストエンペラー
little buddha 」←ピアノバージョンの画像じゃありません。
この3曲は、映画曲で有名なので、多分皆さんも判ったはず。

そして、曲の説明などを英語で説明する教授。
とても優しい人という印象でした。

さて、終盤ではYMOの曲もピアノで演奏!!

千のナイフ(ジャズバージョン)」YMO時代の曲です。

ちなみにこちらがYMO・バージョン。
千とナイフ

この曲を聴いたときに「YMOだぁーー!」と判った人は会場に何人いたのだろう。

私の隣で小刻みにノリノリだったポチは、判った人でした(笑)
私は、持っているYMOのCDに入っているので聞いたことある曲だ!
でも、題名なんだっけ?という程度でしたが(笑)

アンコールもやり、更に鳴り止まない拍手。

とても良いコンサートでした。

関連記事
スポンサーサイト
01:34  |  趣味(音楽・クラリネット・吹奏楽)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。