All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.03 (Thu)

ツェルマット・温泉&懸垂下降(7日目)

8/21(金) 曇り&雷雨



ポチ・・・マッターホルン
ポコ・・・まっきぃさん&ただっちと温泉



6時過ぎに目が覚め、外を見ると・・・

ツェルマット方面は曇り

これじゃあ、いくら変態ポチでも、無謀な登山はしないだろ。
早ければ、お昼過ぎには戻ってくるかなぁ。

なんて、一人思っていました。

まっきぃさんが調べていた「温泉プール」に行きました!!

残念ながら写真はありません。

BRIGERBADのHP(ドイツ語・英語・イタリア語・フランス語)

大人一人16CHF(スイスフラン) 丸1日遊べます。
レストランもあります。
別料金で、マッサージなどのエステや洞窟風呂?もあるみたい。
その他、近くにキャンプ場もあります。

まっきぃさんのアパートから車で30分。
ツェルマットから離れた「Brig」という川沿いの街の外れた所にありました。

子供連れの家族と、おじいちゃん&おばあちゃんが多かった。
そこで午後3時ぐらいまではしゃいだ。

流れるプールは「子供心」をくすぐる以上に大人までも虜にした!

「ウワーー!流されるーーー!!」

そう、流れるプールじゃなく、流されるプールなのだ。

時間によって、更に激流になり・・・・

見ていると、流される以上に「みんな溺れている」感じでした・・・。
その激流に入ってみたけど・・・やっぱり、流されましたぁ。

思いっきりはしゃぎ、少々お疲れモードになった時に
空の様子が変り、小雨が降り、雷が鳴った。

マッターホルンは、さぞかし凄いんだろうなぁ。

まさか!登っていないだろう。っと思いつつ、
再び、まっきぃさんのアパートで待機した。

夕方、だんだんと心配になる。

電話した。


「只今、懸垂下降中です。」

へっ?どこを!!

「マッターホルン、懸垂下降中です。」

まったぁ~。ご冗談でしょ。

「朝は天候が良かったので、登りました。」

09941.jpg
証拠写真


「マッターホルン、悪天の為、撤退して懸垂下降中です。」

えっ!懸垂下降って?!電話していて大丈夫なの?

「また、電話します。」

その後、良妻会議ではマッターホルンからの下山の時間と
ロープーウェイの最終時間に間に合わないことから、
歩いてツェルマットまで行くとどのくらい掛かるか時間計算をしていた。

早くて20時。
遅くて22時。

一時間後、再び電話した。

「懸垂下降中です」

まだかよ!

また、1時間後電話した。

「道に迷っています!」

えーーー!!地図は?!GPSは?!(妻達混乱)

またまた、1時間後に電話した。

「えー、ツェルマットの街の明かりは見えるんですが、
道に迷ってます

心配を通り越して、呆れてきた。

一方、ただっちは。

「え~森の中でパパ達迷っているの?
オオカミに食べられちゃうよ~」と心配していた。

可愛い~ぃ!!

二人には私達(ぽちぽこ)テントで寝てもらい、
朝迎えに行こうか・・・っと話し合いをし、
再び電話した。

「え~、ポコが車のキーを持っているじゃん。
 キーが無いと何も出来ない

疲れて何もしないでテントに入り込んで寝るくせに、
車のキーの重要性を訴えるポチだった。

テントには、コンタクトの洗浄液も、
シャワーのセットも着替えも全部揃えて置いてあるのに。

テントに帰ればいいんでしょ(怒)



結局、22時過ぎ。


無事、ポチ&としさんを捕獲(笑)


ポチは、私の思ったとおり、テントに着くなりザックを放り出して
「お腹すいた~、朝から何も食べていない~、寒い~、疲れた~」と言いながら
寝袋に入って寝た。

私が、ポチのザックや登山靴を車の中に入れ、
夕飯を作る気は全く無いので、せんべいを枕元に置き、
寒いと訴えるので、タオルケットを寝袋に入れてあげた。


結論・・・

ポチには、車のキーは必要なかった

※ポチの「激登!マッターホルン!生死をかけた下山」のレポは、山用HPで。
 多分、週末作ると思います。

つづく
関連記事
スポンサーサイト
21:23  |  旅行記(スイス)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。