All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.07 (Sun)

おくさま会

昨日の土曜日、ポチの会社の奥さまが集まる会がありました。

年に2回。
旦那抜きで、美味しいランチを楽しみ、そして3時間しゃべり続けるのだ。

この奥さま会は「Frau会」と呼ばれ、旦那達が恐れている会なのだ。

今回の幹事の方が「勇気ある男性も参加してください!」とジューダンで募ったが
誰一人手を挙げることはなかった。

それだけ、旦那達にとって恐ろしい会らしい。

と思われているが、そんな恐ろしい会では無い。

このドイツという社会で生活、仕事をしていく上で
妻達は情報交換をし、人間関係を円滑にしているのだよ。

判っているのかね!旦那達は。
妻が居るから、安心して仕事が出来ることを。
その妻達が、年に2回、情報交換し潤いあるドイツ生活を送るために
がんばっているのだ。

奥さま会は無駄じゃないのだ!


新しく来た人の自己紹介や生活などの情報を伝達し、
スムーズにドイツに溶け込めるようにしている。

日本へ帰国する人の労いをし、
帰国してからも部署を超えた付き合いをしているのだ。

世間話をして、お店の情報や奥様がいつまでも美しく居れるための情報を交換しているのだ。

たまには、旦那達の愚痴を言って、ストレスだって発散しているのだ。

大半は世間話で終わりますが(笑)



そんな奥さま会は、年々変化を遂げています。
以前は、「シーンズ禁止」などという話も聞いたことがあります。
(一部、毛皮のコート着用という会社もあったとか?ないとか?)

実際、私が来たばかりの時も「ジーンズ以外の方が無難」という話もあり、
それなりに洋服に気を使った。

しかし、世代交代を繰り返すうちに、とってもラフな格好で参加率が増えた。

今回、私もジーンズ。

そして、今年の秋の奥さま会の幹事がまわってくる。

幹事の仕事は・・・

1)レストラン選び
2)案内及び、出欠席のメール送信
3)レストランと予算とメミュー交渉
4)新しい名簿の作成
5)当日の席のくじ引き作成
6)当日の司会進行
7)当日のドリンク注文
8)会計
9)次の幹事の為の引継ぎ
10)奥さま会「マル秘」ノートへの記入


二人一組で幹事を行うが、日頃の友達とのランチでレストランをリサーチし
この奥さま会の幹事に備えるのだ。


旦那達は、「美味しそうなランチを食べて、おしゃべりしてぇ~」と言うが、
これも、旦那達の為なのだ。

旦那達だって、「日本からの出張者が来た」とか「誰かが帰るから」とか
毎週のように飲み会をして、カラオケ屋に行ってバカ騒ぎして
明け方に帰宅しているよね。

それなのに、妻の飲み会にケチを付けるのはおかしいのでは?

そして、この奥さま会で恒例のレストランまでの「旦那による送迎」が
標準となっているが・・・

うちはポチが「自分で会場まで公共交通機関を使って行けるでしょ」
と毎回拒否し冷たくあしらわれる。

奥さま会が開かれる1週間前から送迎交渉を行うが
我が家ではいつも交渉決裂。

その送迎がある・なしで、その家庭の円満度を量られているのだよ。

判ったか?ポチ。


関連記事
スポンサーサイト
19:48  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。