All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.03 (Wed)

飛行機事情

飛行機に乗ると、「こうして欲しいなぁ~」っと思うことってありませんか??

以前の日記にも書いたと思いますが、
男女別のトイレにして欲しい」とか。

そんな事がまたまたありました。

1)子供連れ区画

たまに、小さい子供が後ろに座る時があります。
大人しい子供でしたら、全然OKですが・・・
たまーーに足癖の悪い子とか、泣きじゃくる子供とか・・・。
子供だから仕方が無いっと思うんですが、注意しない親も居て。

まあ、大人でも、大声で話してまわりに迷惑を掛ける人も居ますが(汗)

以前、子供が居る友人と話をしていたら
「子供が居ると周りに気を使うのよね。
周りが子供連ればかりだと安心するんだけど。」と。

この前の旅行のストックホルムの行き帰りの飛行機で、
小学生ぐらいの子供の団体と一緒になり
運悪くその団体の中の座席でした。
シートは揺らすわ、大声で騒ぐわ、歌を歌いだすわ。
離陸の時に「マンマ ミーア!」と大声で騒ぐ。
(特にイタリア人は声が大きいし、落ち着きがないと思う・・・)

足癖が悪い子供だったのでシートが揺れて寝れないし気になるし・・・。

他のお客も迷惑顔。

長時間のフライトって、子供にはとてもストレスがかかると思うので、
落ち着きがなくなってしまうのは判るけど。

子供連れが多いときは、ファーストクラスやビジネスクラスのように、
カーテンで仕切り、子供連れだけの空間を作れたら
お互い気を使わないと思うんだけどなぁ。


2)体の大きい人は特別席に。

アメリカの航空会社(ユナイテッド航空)は、
「満席時は、キャンセルしてもらい、次の便で2席分を確保すること。」という
発表をしました。

ユナイテッドのニュース

こちら、ヨーロッパも多いんですよ。

大きい人が隣や前の座席に座るとね、長いフライトの時にとっても辛いんです。
本人もかなり辛そうですが(汗)

今回の弾丸一時帰国の際、私の前に巨大な人が座りました。
離陸、着陸、そして、食事の時は、シートは戻さなくてはいけません。

そして、それ以外はシートを倒す人が多いのですが、
倒す時は、後ろの人に対して気を使って欲しい。

その人は普通のシートの位置だと苦しいそうだったのです。
離陸後のドリンクサービスと食事が終わった瞬間、
思いっきり!シートが倒れる限界まで倒したんです

思いっきり私の膝に当たり・・・。痛い・・・(泣)

映画を見ていたんですが、モニター画面が変に光に反射して見難いし。

食事の時にシートを戻すだろうっと思っていたら、
直す気配が無かったので、キャビンアテンドに頼んでシートを戻してもらいました。

帰りの便でも、巨大な人が私の通路を挟んで斜め前に座っていたんですが、
シートに座るにも、「押し込む!」って感じでしたし、シートベルトもギリギリ(汗)
テーブルは、お腹に食い込みそうで、食事の時も苦しそう・・・。
そして、肘掛も隣の人へはみ出し、隣の人も迷惑そう。
そんな苦しそうなのに、人一倍寝る。イビキをかいで・・・。

後ろに座っている男性も、シートを思いっきり倒されているので窮屈で迷惑そう。

周りに迷惑がかからないように、「大きな人専用シート」を設けて欲しい。
但し、重量のバランスもあると思いますので、後ろに影響が出ない席(後ろが壁とか)
万遍なく、左右前後、飛行機のバランスを取るように配置していただきたい。

ポチ曰く・・・

「体重差があるのに、同じ荷物の重量制限っておかしくない?
 だって、重さで燃費が変ってくるのに。
 だから、体重+荷物の重量=指定重量にしてくれないかなぁ~。
 そうすれば、平等。」

私が、「じゃあ、指定重量を100kgとして、体重98Kgの人は2kgしか荷物がもてないの?」と聞くと

「そう、オーバー分は追加料金にすれば良いのさ!あと、ダイエットに励むきっかけにもなる」


実現しないんだろうなぁ。






関連記事
スポンサーサイト
16:18  |  一時帰国  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。