All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.25 (Mon)

ディナークルーズ in ストックホルム

みなさん、こんにちは。
5/21(木)は、先日の日記でも書いたように、キリスト昇天祭で祝日でした。
金曜日に有休を貰い、4連休にして旅行に出かけた人が多かったと思います。

私達は、今回、初の北欧スウェーデンのストックホルムに行ってきました。

念願の北欧。

今まで、旅行どこに行きたい?とポチに聞かれ。
「ストックホルムに行きたい」・・・高いから却下!
「じゃあ、フィンランドでオーロラを見たい」・・・オーロラは見えないから却下!
「じゃあ、フィンランドのサンタクロース村は?」・・・飛行機が高いし、ホテルが無いから却下!
「じゃあさ、フィンランドで犬ぞりツアーは?」・・・高いし、日程が合わないから却下!
「じゃあさぁ、ノルウェーのフィヨルドトレッキングは?」・・・北欧は高いから却下!
北欧は高いから却下っという理由で、今まで行くことができませんでした(大泣)

で、ナゼ?今回行けたかというと・・・「私のマイルが5月末で切れるポイントがあり、そのマイルポイントで行けるのがストックホルムだったから」。
私の分の航空運賃がタダなので、ポチもやっと重い腰を上げた(汗)

そして、今回ストックホルムに行った感想。

食事が高い!! 

今回は、「美味しい物を食べよう!」と言うこともあり、それなりのレストランに行ったので
それなりに高くなってしまったのですが・・・

4日間で、我が家の2.5ヶ月分の食費を使ってしまった。(やばいぞ・・・)

いくら高級とは言え、これがドイツだったらここまで高くない。
北欧は高いというのは、真実でした。

さて、そんな食に対して浪費してしまった今回の旅行ですが、
とっても風景もよく良い旅になりました。


ストックホルム・アーランダ国際空港に降り立ち、ホテルまで「シャトルタクシー」を利用しました。
鉄道「アーランダ・エクスプレス・トレイン」や「エアポートバス」もありますが、
値段、時間、あとホテルまでのアクセスを考え、ホテルまで直行してくれる「シャトルタクシー」を利用。このタクシーは、空港のインフォメーションで頼みます。

さて、航空運賃が安くなった分、ポチが奮発したホテル。

095211_20090525204428.jpg
グランド・ホテル(インターコンチネンタル)です。
ストックホルムでは、最高級ホテル。

そう、このホテルは、あの「ノーベル賞受賞者が宿泊するホテル」なんです。
ストックホルムは、毎年、12月10日に市庁舎で行われる「ノーベル賞授賞式」を行う街。(今回の旅は、「ノーベルの旅」でもあります。)

タクシーから降りると、ドアボーイが居て荷物を持ってくれて・・・。
そして、宿泊者もお金持ちそうな装いで・・・。
ちょっと「金持ち気分」を味わいましたが・・・所詮ビンボ人。
「荷物お持ちしましょうか?」と言われても「軽いですから」と自分で持っちゃったり。
「エレベーター、どうぞ」と進められて、「どーもすみません」と変に腰が低かったり(汗

095212_20090525204428.jpg
フロント。
高級ホテルの入り口は、やっぱり違う。

095213_20090525204428.jpg
部屋。
一丁前に(笑)アップグレードしてもらい、広めの部屋に。

荷物を部屋に置き、16時を過ぎていたので、ホテル周辺を散策することに。

095214_20090525204428.jpg
ホテルの隣にある、国立美術館

残念なことに、時間がなかったので今回は見学しませんでしたが、
レンブラントやルーベンスといった有名な画家の作品も多く展示されているそうです。

095215_20090525204428.jpg
運河を隔てて、王宮が見えます。

きっとノーベル受賞者が宿泊する部屋は、王宮が見えるスィートなのかしら。
ちなみに、私達の部屋は裏でした(汗)見えるのは、隣の建物・・・。

095216_20090525204428.jpg
フェリー。

ストックホルム⇔オスロ(ノルウェー)や、ストックホルム⇔ヘルシンキ(フィンランド)などを結ぶフェリーが運航しています。
一度でいいから乗ってみたい!!っと、ポチに何度も言っているけど、
これも「高いから却下!」と、あっさり却下。却下の嵐。
自分は行きたい所に行くのにぃ~。

095218.jpg
トラム。

観光用でもある趣のあるトラム。

095217_20090525204510.jpg
運河と古い町並みが調和されていて、見とれてしまいます。
でも、この日は風が冷たく・・・。
ぼーっっと眺めているどころじゃありませんでした(汗

そんな散策の時に見つけた「ディナー・クルーズ」の看板。
全く予定していませんでしたが、あまりにも寒かったのと、あまりにもお腹が空いていたという理由で、思わず「清水の舞台から飛び降りてしまいました

Berzelii Park(ベルツェリー公園)の脇にある観光船乗り場にありました。
VAXHOLM(ヴァックスホルム)まで行き、再び戻ってくる3時間の船旅。
19時出発、22時に戻ってくる、ストックホルムの観光名所や素晴らしい風景を見ながらのディナークルーズ。

095219.jpg
ディナークルーズ船。

近くのインフォメーションに聞くと「予約が必要」だと。
でも、親切に船の人に電話してくれて、「席が空いているわ」と飛び込みで乗船することができました。

0952110.jpg
思わず、ワインボトルを注文。

思わず、コースメニューをオーダー。

0952111.jpg
前菜のいわしの酢漬けなど。(前菜のみは、バイキング)

昔、オランダでいわしの酢漬けを食べた時に「魚臭かった」ので、
それ以降、いわしの酢漬けを食べることができなかった。
でも、前回のハンブルグの時に食べて初めて「美味しい!」と感じ、
更に、今回「美味でございます~♪」と思える味に出会えた。

0952112.jpg
ラム肉のステーキ。ボリューム満点!

これもソースが美味しかった♪

0952113.jpg
デザート。
上のオレンジ色のゼリーが何の味なんだろう??とポチと話をしていた。
ポチは「カボチャ」だと言ったけど、ウェターに聞いたところ
「パッションフルーツ」との答え。ポチ、かなり遠いぞ(笑)

0952114.jpg
日が傾き始めた21時。

0952115.jpg
ほんのり薄いオレンジ色の空は、いつまでもほのかな明かりを灯していました。

0952116.jpg
デッキで風景を楽しむ子供達。

0952117.jpg
22時近くなのに、まだこれだけ明るい。

0952118.jpg
カモメも帰るのでしょうか。

0952119.jpg
ちなみにこのクルーズ船。

元々は、違う仕事(運搬船かな?)をしていましたが、廃船になった後に修理・リフォームして今の姿に生まれ変わりました。

初日の夕食代。1714クローネ。(171.4ユーロ 約22,000円)

初日から飛ばしてしまった私達。

どうなる?どうする?!


関連記事
スポンサーサイト
21:40  |  旅行記(北欧)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。