All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.15 (Fri)

休日に対しての考え方

昨日の日記で「日曜日はお店も閉まっていて、洗濯も掃除もしない」って書きました。

それに対して「いつ買い物したり、洗濯したり・・・」って疑問に思いますよね。

私もドイツに来たばかりの時に思いました。

日曜日にお店が開いていないんじゃ、仕事している人っていつ買い物するの??って。

日本と決定的に違うのは、休日第一なんです。

私が働いているわけじゃないので、ドイツの実際の仕事の現場の様子は判りません。
しかし、いろんな話を聞くと・・・

朝早く(6時~とか7時~)から仕事をして、夕方早く帰宅する。(15時ぐらいには)

朝、大変かも知れませんが、夕方早く帰ることで、買い物をして
家族と一緒に夕食を食べるためなんです。

または、自分の時間のために使う人だっていると思います。

春から夏にかけて、平日の18時ぐらいになると、
ドイツ人家族が夕食をベランダで食べ、楽しんでいる姿を頻繁に見ます。
ちょっと憧れるんですが(笑)

特に、週末の金曜日は、お昼には仕事を終わらせて帰宅するそうです。
金曜日は「休日の一部」として考えているんですね。

いくらスキルがあり、役職に就いていたとしても、
「家族の時間が持てない」からという理由で転職をする人もいるそうです。

なので、「時間通りに事が進まない」とか「仕事が遅い」とか、
しわ寄せがあると思うんですが(汗)
そんなことは、関係ないんでしょうね。

日本では、仕事に追われ、残業をして、家族よりも仕事の付き合い・・・なんて、
忙しく働くお父さんやご主人が多いはず。

「家族の為に仕事をしているんだ!」って言われちゃいます。
そうです、感謝していますとも!

有休だって気持ちよく取らせてもらえないし、
体調が悪いからと言って、休める状況じゃなかったり。

でも、そんな状況だったら、ドイツ人は働きません。

ポチは、日本の会社なので、日本のシステムで働いています。
なので、ドイツ人みたく、早い時間に帰ってくるわけも無く。
一緒にベランダで夕食なんて、一度も無いし。
まあ、ドイツでポチにとってラッキーなのは、平日にクライミングができることかな。

今回のGWでも、「16連休でどうやって過ごせばいいか判らないと困惑する人が多い」
とニュースになっていたけど、そんな困惑しちゃう状況を作ったのは
日本の社会なんだろうね。

もし、これがヨーロッパの人々なら、1年前ぐらいには計画を立てて、
しっかり有休も付けて(←ここがポイント!)3週間しっかり休んじゃったり。

同じ不況であっても。

仕事に対する考え方とか、家族に対する考え方って、
国自体の考え方、いろいろな文化や習慣で、全く違うと思う。

日曜日にお店が開いていない、洗濯などの家事をしないって言うのは、
休日をいかに有意義に過ごすかっというのもあるのかな。

はたまた、人生1度きり。仕事に追われるより、楽しく過ごそうじゃない!とか?

遊ぶ時には遊ぶんだ精神がある。とか?

「休日は、国民全員がお休みするのは当たり前」っていう理由もあるかも?

あっ!日曜日に洗濯とか掃除機をかけちゃダメって・・・

毎日家事をしている主婦の為?だったりねぇ~。そうかも!

主婦って年中無休だもんね。

関連記事
スポンサーサイト
01:01  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。