All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.11 (Mon)

Frankfurt Am Main (5/9)

先週の水曜日の夜、ポチが「今週末、近場の1泊旅行に行かない??」と言った。

ん? ハンブルグに旅行に行ったばかりなのに何でだろう??

我が家は「PRIORTY CLUB」の利用者なのですが、
今月もう1泊すると「無料宿泊のサービス」を受けられると言うじゃありませんか!!
そりゃ、宿泊料金次第ではあるけど、無料宿泊ができるならお得かも♪
(キャンペーンに弱い私達・・・汗)
っということで、近場(車で2~3時間ぐらい)で、宿泊料80ユーロぐらいで探しました。

ベルギー・オランダの行きたい場所をあげましたが、該当ホテルが無い(泣)

で、決定したのが「フランクフルト」です!

フランクフルトは、3年前にちょこっと行っただけ。
観光らしい観光もしていないし、普段は「日本に一時帰国するためのドイツの空の玄関」として
利用するぐらい。

2時間で行ける場所ですが、観光する為に行くとなるとなかなか行かない場所でもあります。

早速、私の「計画部」としての仕事が始まりました。ポチは「宿泊・運輸担当」です。

1.市内地図・路線図の印刷
2.公共交通機関の料金のチェック
3.行きたいところのリストアップ
4.その施設の時間と料金チェック
5.レストラン情報
6.荷物の準備

いつもこんな感じで旅行の準備をしている私達です。

さて、フランクフルトにお昼頃付き、早速観光しました!!

フランクフルト市内・グループ(5人)1日券 8.70ユーロを購入。
各駅(バスの停留所でも一部買えます)で購入できますが、
紙幣が使えませんでした!!コイン又は、カード。
デュッセルの自販機より使いにくいので、ちょっと戸惑いました・・・。

ホテルからバスとストラッセバーン(路面電車)を乗り継ぎ、中央駅まで移動。

09591.jpg
中央駅ロータリーの向かい(「Munchenerstr.」と「Kaiserstr.」の間ぐらい)に・・・

09592.jpg
オスカー・シンドラーが住んでいた家があります。
(ガイドブックには、載っていません)

今は、もちろん他の人が住んでいるっと思いますので、中の見学は出来ませんが
ここに住んでいた1965~1974年の間、エスサレムとの二重生活を送っていた時の家です。

オスカー・シンドラー(Wikipediaより)

ポーランドのクラクフで見たシンドラーの工場。そして、戦後住んでいた住居。
ポチは、このフランクフルトで結びついたっと喜んでいた。
(ポチって、一度興味が沸くと追求するタイプなんですよ・・・)

ポチは、フランクフルトの旅の目的を一瞬にして果たした(笑)

次に、私の目的に向かった。

地下鉄を利用して、Zoo(動物園)まで移動。
ここから出発する乗り物に乗るのだ!!(動物園じゃないよ・・・)

09593.jpg
「Ebbelwei-Express」(エッペルヴァイ・エクスプレス)

フランクフルは、「ザクセンハウゼン」という地域の「リンゴ酒」が有名。
そのリンゴ酒(リンゴのワイン)を飲みながら、路面電車で約1時間の市内観光する
名物電車に乗りたかったのです!

09594.jpg
リンゴ酒とブレッツェル付き。 (リンゴ酒の他に、リンゴジュースと水があります。)

一人、6ユーロ。(14歳までは3ユーロ)
Ebbelwei-ExpressのHP(日本語あり)

初めは、途中の駅から乗るつもりでしたが、満員で乗れませんでした。
なので、Zooが発着の駅なので、始発に乗ることをオススメします。
13:30 14:05 14:40 15:15 16:25 がありますが、
上記HPを確認してください。

09595.jpg
メッセ会場。

フランクフルトの観光名所を周りますが、良い感じの揺れで酔っ払って
外なんてあまり見れませんでした~(笑)
みんな「お座席列車」状態(汗)

09596.jpg
途中で見かけた「日本を意識した電車のデザイン」だけど・・・
「サウナ」が逆さまになっちゃった~ぁ!!の写真(笑)

意外と日本語がクール(カッコいい)と思っているドイツ人って多いんですが
逆さまになったりとか、鏡文字だったり・・・「それって・・・」という文字だったり。
今まで「刺青」の失敗漢字を多々見ました(笑)

Ebbelwei -Expressを下車し、再びポチが見たい場所へ移動。

09597.jpg
ユダヤ人墓地がある「名前と誕生日・死亡した日と強制収容所が書かれた」レリーフ。

あの「アウシュヴィッツ」や「ノイエンガンメ」の名前もあった。
また、死亡した日が不明の人も多く、壁全体に埋め込まれたレリーフの数に驚きました。

09598.jpg
その墓地の隣には、「ユダヤ人記念館」があり、昔、フランクフルトに住んでいた
ユダヤ人の生活などが展示されていました。

入場料 一人 2ユーロ。
また、入場する際には、手荷物チェックがあります。
今だ、差別などがあり、その対策だと思います。

約30分ぐらいの見学を終え、すぐ近くにある大聖堂(Dom)とレーマー広場へ移動。

09599.jpg
レーマー広場ニコライ教会

ここは、多くの観光客で賑わっていました。
3年前に来た時、このレーマー広場にあるレストランで夕食を食べました。

095910.jpg
欧州中央銀行

ここから、Muenchenerstr.を中央駅に向かって歩くと・・・
「ここはどこ??」と思わせる雰囲気をかもし出す店が立ち並ぶ。
そう、トルコやインドなどの店、また韓国や中国のお店もあった。

さすが、ドイツの空の玄関だけあって国際豊かな人種の人たちが多く見られる。

さて、早めの夕食を取る為に、ザクセンハウゼン地域へ移動。
マイン川を挟んで南側にある地域。

095911.jpg
Bierbike(ビアバイク)

イベントや仲間で楽しむために使うレンタバイク(自転車)なのです。
12人が自転車を漕ぎ、1人が運転手。
16名まで乗れて、16人だと30Lのビールが飲める。一人当たり20.62ユーロだ。

CDラジカセ・照明・グラスなども付いていて、ちょっとしたバカ騒ぎも出来る
愉快な乗り物。
これ、日本だったら絶対に「飲酒運転になる」「道路交通法に違反する」「交通のジャマ」など
実現しない乗り物。

ちょうど結婚する新郎の仲間で「独身最後のバカ騒ぎ」を行っている最中でした。

興味がある人は、BierbikeのHPまで。
だれか、やらないかなぁ。ちょっと興味がある私達(笑)

095912.jpg
「Zum Grauen Bock」(ツム・グラウエン・ボック)

15世紀に建てられた建物。レストランも創業100年という古いレストラン。

095913.jpg
フランクフルトソーセージ(手前が牛・奥が豚)とツナサラダ。

もちろん、リンゴワインも飲めます!!

このレストランに、ボクサー(犬)の女の子「ナンシー」が居て、
大人しいし、あのなんとも言えない可愛さが好き♪写真を撮れなかったのが心残り。
「ボクサーの説明 Wikipediaより」

お腹も満たし、犬補給もしてホテルに帰りました(笑)

095914.jpg
ホテルから見たフランクフルトの風景♪

2日目は明日。


関連記事
スポンサーサイト
20:01  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。