All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.21 (Tue)

風邪

皆さん、お元気ですか?

日本は花粉が飛び、花粉症で悩んでいる方も多いと思います。

さて、私、週末、ポチの付き添いでベルギー・ブリュッセルに行きました。
ポチはクライミング。
私はブリュッセル、一人観光。

先週初め、イースター休暇から帰宅後、39度の熱を出しダウン。
薬を飲み、熱が下がりましたが、喉の痛みがひかず・・・
そのまま、ブリュッセルへ。

しかし!!

楽しい時間は風邪と言うものをどこかに追いやってしまうのですね。(笑)

ちょっとホテルで寝ているときに、喉の痛みがありましたが、
翌日の日曜日は全く痛くなく、1日フルに観光しちゃいました。

しかし!!

帰宅後、再び熱が・・・。38.6度。

翌朝になっても熱が下がらず。

さすがの私も「医者に行った方がいいかなぁ?」と思いましたが、
ポチも仕事。「連れてって」とも言えず、じっと家で我慢。

だって、病院へは、電車で4駅まで行かなくてはならないので、
かなりの体力が必要。

それに、時間帯によっては、薬局もお昼休みで閉まっていて
営業時間に再び出直す体力なんてありません!!

1日ゆっくり寝て、今日は熱も下がりました。動くとちょっとフワフワするけど。
でも、あまりにも部屋が散らかっていて・・・洗濯物も溜まっていて・・・
寝ているどころじゃない。

さて、日本とドイツの病院へのかかり方の違いについてのレポです。

日本では、皆さんは家の近くの病院やホームドクターなどかかりつけの病院がありますよね。
ドイツでも同じように、近所の病院や日本語の通じる「日本人の経営の病院」に行きます。

まずは、電話で予約を入れます。

そして、指定された時間に行き診察、そして、薬の処方箋を貰い、薬局で薬を貰って帰宅。

日本と同じですが、ここがちょっと違います。


①電話予約をした際に「電話料(受付料?)」として請求されます。
  電話代はもちろん自腹。

 詳しい内訳は、明細に書かれていますが、「相談料」や「検査料」など
 細かく書かれています。

②診察料は、その場で払いません。

会社で加入している保険によっても違いますが、
診察後、病院が医療会計事務所?に依頼して、医療費を患者に請求します。
その請求が来たら、銀行振り込みで支払います。(医療費全額の立替)

支払いの領収書を会社に提出して、医療費を給料振込みと一緒に返金されます。
会社によって、同じプライベート保険でもいろいろなタイプがありますので、
ちゃんと自分の保険はどんなタイプなのか知っておく方がいいでしょう。


初めて病院にかかったときに、診察が終わり支払いを待っていたら・・・
「どうぞ、帰っていいですよ」と言われビックリ。

えっ?いいの?支払いまだだけど・・・っと思った。そんなシステムなんて知らなかったから。

めったに病院にかからない私達なので、知らないことがいっぱいある。
特に、未だ歯医者にかかっていないし。


友人は、このプライベート保険の穏健をたっぷり受けるために
いそいそと病院に通っているそうで(笑)

歯医者で、詰め物のメンテナンス。
整形外科で、シミ取り。
メガネ屋で、新しいめがねを買う。

など。
でも、コレも加入している保険によってはできないかも知れないので、
お確かめください。


一番は、病気にならないことですよね。

最近の私・・・どうしちゃのかなぁ。

とりあえず、今日も大人しくしています。

ブリュッセルのレポは後日。(新しいところもいっぱい見てきました。)

関連記事
スポンサーサイト
17:22  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。