All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.14 (Tue)

イースター:ポーランド・クラクフ1日目

4月10~13日のイースター休暇、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私達は、「ポチ念願の地」へ行ってきました。

飛行機でワルシャワ経由、クラクフというポーランドの南に位置する都市に
行きました。

このクラクフは、第二次世界大戦で戦災を免れた街。
そして、1978年にユネスコの世界遺産に登録された街なのです。

ポーランドの感想は・・・

物価が安い!

食事が美味しい!

です♪

ポーランド通貨は、zt(ズウォティ)
1ユーロ=4.48zt (4/8現在)なので、1/4の計算で考えるといい。

私達はクレジットカードで現金を引き落としました。
(ユーロをズウォティに替えるより、率が良かったから)

しかし、ポーランドもユーロ導入を考えているので、
ユーロが導入されると物価も高くなると思う。
なので、ユーロ導入前が狙い目なのかな?

さて、クラクフの空港に15時に着いた私達は、事前に予約したレンタカーのブースへ行きました。
ところが!!

私達が着いた飛行機は、国内線ターミナル。っと、言っても・・・

倉庫のようなところ

この狭い小さな国内線ターミナルから、徒歩10分離れたところに国際線ターミナルがある。
ちなみに、外を歩きます。雨の日は大変!!なので、シャトルバスを利用してください。
(あまり本数がなさそうだけど・・・)

国際線ターミナル入り口に入って直ぐに、レンタカーブースがあります。
この4日間借りることになった・・・

0941015.jpg
ルノーの車。

カーナビは持参しました。
(車を離れる際は、カーナビを外して見えないところに隠すか、
持ち歩いてください。ドイツも同様ですが、車上狙いのターゲットになります)

094102.jpg
室内は、広めなんですが・・・
日本人のポチにとって、ハンドルが遠いっと
しかも、アクセル&ブレーキにシートの位置を合わせると
シフトレバーが遠く、シフトチェンジの度に背中がシートから離れるらしい。

さて、無事にレンタカーを借り、ホテルに向かいました。

ホテルは郊外にあり、街中まで車で10分という所。
ナゼ、ここにしたかというと・・・

街中は高いから

でも、宿泊したホテルは意外と設備が整っており、何と言っても
ホテルから街中までのシャトルバス?シャトルタクシーがあるということ。

シャトルタクシーも時間が決まっていて事前に予約すればOK。
もちろん、普通のタクシーでも20zt(ズヴォティ)なので、
ユーロで考えると・・・5ユーロっととっても安い。

クラクフの中心部は、城壁で囲まれた中世の面影が残った街でした。
094103.jpg
フロリアンスカ門の近くの壁。

シナゴーク風の作りが印象的でした。
(シナゴークとは、ユダヤ教徒の教会のことです)

094104.jpg
同じくフロリアンスカ門の直ぐ脇で、画家たちが絵を売っていました。
このフロリアンスカ門は、1300年ごろに作られた城壁の門。

094105.jpg
バルバカン
1498年ぐらいに、城壁を守るために作られた砦。
この円形の砦は、今ではヨーロッパに3箇所しか残っていないそうです。

094106.jpg
フロリアンスカ門から中央市場広場に続く道。
戦火から免れたために、建物や街並みは古く、少し汚い?っといった印象ですが、
20年前に民主化となり、5年前にEUに加盟してから、ポーランドの生活も
一転したと思う。

094107.jpg
聖マリア教会中央市場広場

イースター休暇の為に訪れた人、そして、休暇前に市場で買い物をする人などで
賑わっていました。

聖マリア教会は、1222年に作られたゴシック様式の教会。
イースターの為、お祈り(ミサ)の人たちで賑わっておりました。
なので、今回は内部見学はできませんでした。

※ミサ中は、見学はできません。
 
094108.jpg
カボチャの馬車?(笑)

シンデレラに出てきそうな可愛らしい馬車が、観光客の為に市内観光のお手伝いしてくれます。

094109.jpg
記念撮影。(影で・・・)

0941010.jpg
ちょっと足を伸ばし、街の中心にあるフランシスコ教会の前にあったキリスト像。

十字架から起き上がった姿のキリスト。まさに、復活祭を表現しています。

0941011.jpg
再び、中央市場広場まで戻り・・・旧市庁舎

内部見学できますが、時間が遅いためにクローズ。
ちなみに、有料です。

この旧市庁舎の前にある広場では、イースターマルクトが開かれていました。

0941012.jpg
イースターの飾りやクッキーなどのお菓子、
そして、ビアホールなどなど多くの人で賑わっていました。

その中に!!ポーランド食器のお店が!!

現金のみだし、これからレストランにも行くし・・・っと悩んだ結果、
1枚だけ気に入ったお皿を購入。後日Upします。

でも、ポチ曰く

「イースターなんだから、13日までお店やっているよ。
だから、また来ればいいじゃん」っと。

でも・・・

「でもさ、ドイツのクリスマスマルクトって、クリスマス当日はやっていないよ。
もしやっていなかったら・・・」っと、後ろ向きな私でしたが・・・

私の予感は的中!

14日まではマルクトはやっておりました。(←ポチの予感は当たり)
でも・・・
ポーランド食器のお店だけは、閉まっていた
がっかり。

まあ、一番気にいったお皿が買えたので良しとしよう。
ちなみに、1枚約9ユーロ(日本円:1200円でした)
安!

さて、夕食ですが・・・

0941013.jpg
ガイドブックに載っていた「Jarema」というレストランに行きました。
伝統的な東ポーランド料理が食べられるというお店。

盛り付けもキレイだし、何と言っても美味しい!!

ヘナ姉さんから「ポーランドはスープが美味しいよ!」と聞いていたので、
スープを注文。

0941014.jpg
バルシチ

赤カブのスープです。

日本だと「ボルシチ」と聞くことが多いと思います。
そう、ロシア料理として有名ですが、元々は「ウクライナの料理」だったそうです。

土くさいイメージでしたが、スープが澄んでいて、ちょっと酸味が利いた
美味しいスープでした♪


次回は・・・ちょっと真面目なお話です。






関連記事
スポンサーサイト
21:35  |  旅行記(東欧)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。