All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.13 (Fri)

赤いヤッケ

一時帰国の時に、広島でお世話になっております山仲間のピヨ部長にあるものを頂きました。

「赤いヤッケの男」

タイトルとカバーを見るだけで怖かった・・・。

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)
(2008/02/27)
安曇潤平

商品詳細を見る


今、初めて気付いたんだけど、これ、人の顔だったんですね。

内容は、山のオバケの話。

心霊の話。

山登りをしている人は、一度は聞いたことがあるような話。


短編の話が25話ありますが、1話読んだだけで・・・・
「夜のトイレが怖くなりました」(←小学生か?!)

2話読んだら、山でのテント泊が怖くなりました。

3話読んだら、雪山なんてとんでもない!!と思いました。

4話読んだら、山小屋は嫌だ・・っと思いました。

5話読んだら・・・・山は怖いっと思いました。


だったら、読むな!!


世の中、不思議なことはいっぱいあるけど、
できたら・・・いや、絶対に、遭遇したくないこと。


全く霊感なんてないけど。


ちなみに、ドイツでは・・・というか、宗教観で「霊」とか「怨念」とかの考え方の違いがあるため
日本のような「夏になると、心霊スポットとか、怖い話をするとか」というのが無い。

なので、日本の心霊映画は、日本人以上に心理的に怖いらしいです。



まだまだ、寒いですが、「心身ともに寒くなりたい人」にオススメです。


って、嫌だよね(汗)


関連記事
スポンサーサイト
16:39  |  趣味(山&クライミング)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。