All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'07.14 (Mon)

良いこと→悪いこと

週末、我が家の車がとある理由でちょっと使えなくって、代車になっております。
その代車、燃費悪いわ、荷物も乗らないわ、しかも、誰かがタバコを吸っていた形跡ありで、
長時間に耐えられないっという事もあり、週末は近くのスーパーの買出しだけでした。

まあ、車が無いなりに時間を過ごそう!っと思い、久しぶりにポチと電車を使って街に出た。
ぽち、買い物で街に出たのは・・・・半年ぶりぐらい(汗)

人ごみが嫌い&ショッピングも嫌い(登山用品を買うのはOK)なので、
なかなか休日にゆっくり街に出て、ぶらぶらしないんです。


っと、ぶらぶらの先には、ポチの目的・・・・山道具屋さんもありましたが(汗)


そして、私も欲しいものをGet!!!

087133.jpg

サラダを盛り付けて、良くわかんないけど・・・
ポーランドの絵皿。

ずーっと前から欲しかったこのお皿。
春ぐらいに特別入荷したときには、買えなかったけど、
今回のバーゲンで再入荷!!!

ポチに「ねぇー!これ欲しい!!!」っとおねだりして、成功。

半年の歳月をかけて購入できました。

ちょっと和食(煮物とか)でも違和感ないし、大きい深皿なので
お客が来た時のサラダボールにもなる♪
うちには、こんな感じのお皿がなかったので、凄く嬉しい。

087134.jpg

さっぱり豆腐の水菜サラダを作ってみた。

さて、本題に戻り・・・・

このショッピングの最後に寄ったとあるお店(カウフホフに次ぐ大きさのデパート)での出来事。


食材を買うのに寄ったんですが・・・
レジでの出来事です。


凄く愛想のいいレジのオバちゃん。
「こんばんわ!お二人さん!」っと挨拶。

ドイツでは、レジのオバちゃんは誰でも普通に挨拶をするので、
お客も普通に挨拶をする。(挨拶をしないほうがおかしいぐらいです)

そんな、愛想がいいオバちゃんは、私たちの商品を通した後、合計金額を言って
自分の交代時間が来たので、途中で違うオバちゃんに変った。
(この時点で大きな間違い)

このオバちゃん、変ったにも関わらず、挨拶無し。しかも、無愛想。


そして、合計金額が7ユーロと44セントだったので、
10ユーロ札と50セントのコインを出した。(今思うと、ここも敗因)


その時、ポチから「商品を入れる袋が無いんだけど・・・」っと言われ、
バックから、Myエコバックを出し、差し出している間にオバちゃんからつり銭を貰った。


オバちゃんはすかさず次のお客のレジ打ちを始めた。

すると・・・・3ユーロと6セントのおつりのはずなのに・・・・

6セントしか私の手の中に入っていなかった。


あれ????


ちょっと!!3ユーロ足りないよ!!


っと、レシートを見たら・・・・

7ユーロ50セント、私が出したことになっていた。


やられた。


どう考えたって、5ユーロ札は青。10ユーロ札は赤なので、間違えるはずがない。

しかも、このオバちゃん、ちゃんと金額を見てレジを打ったのに間違えているし、
おつりの計算だって、レジというマシーンがするんだから、間違えるはずがない
ハズなのに・・・間違えた。

私は、「10ユーロ50セント出した」っと主張したが、

オバちゃんは、「10ユーロ札なんて貰っていないわよ!
ほら、ここには10ユーロ札入っていないわ!」っと強気な態度、逆ギレされた。

が、私から良く見えないところに10ユーロ札らしきものが見えたが・・・・
オバちゃんの大きなお腹で阻まれて、良く見えない・・・(--;


次から次へと来るお客に押され、「このアジア人め!うっとおしい!」みたいな
態度で、結局3ユーロを返してくれなかった。


そして、その3ユーロは、オバちゃんのポケットマネーになったと思う。


この経験、2回目。
1回目も、レジのお兄ちゃんが支払った金額を間違え、つり銭を少なく渡した。
でも、その時はちゃんと返してもらった。
小銭が中途半端にあったから、それを使いたくて出した時だった。


なので、それ以降は、お札のみの支払いか
ぴったりの金額になるように支払いか・・・を気をつけていたはずだけど。
10ユーロ出せばよかった・・・(泣)


「支払いは ぴったりまたは お札のみ」 心の俳句。


ぴったりの金額を出す時には、必ず小銭の小さい位から出さないといけない。
最初にお札を出してしまうと、レジの人は待っていてくれなくって、
直ぐにおつりを出そうとするので。中には、「小銭ない?」っと言う人もいますが。

次のお客を待たしても、誰も文句を言わないので、時間がかかっても
小さい位の小銭から出していく事をオススメします。

いろんな事が重なり、そして、オバちゃんの態度が凄く悪かったので、
すごく悔しくて、凄く悲しかった。

もちろん、その後の私は落ち込みと怒りが混じり、夕食ではビール&ワインを空けた。
(やけ酒・・・汗)


買い物のたびに、レジの人を疑い、素早く計算しなくてはならないっと思うと悲しい。


私は大きなスーパー以外の買い物(特にマルクト=市場)では、
お店の人の引き算の計算能力に信用していないのでお札を出して、
小銭でおつりを貰っている。その方が、私も計算しやすいから。



だから・・・・私のお財布はいつも小銭がいっぱいなのか。 











関連記事
スポンサーサイト
23:51  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。