All archives    Admin

09月≪ 2011年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.28 (Fri)

ぽこのやる気向上プロジェクト、その1

mixiでもつぶやきましたが、約3週間前の話です。

「ぽこさん、勉強しなさい!講習会の申し込みをしてきたから」と突然ぽちに言われました。

べっ、べんきょーー???


えーーっ英語???それとも、スペイン語???(←常日頃、ぽちが「これからはスペイン語だ!」と言っているので、そう思った。)

「なんの講習会?」と聞いても教えてもらえませんでした。

しばらくしてまた聞いたら「教えたら面白くないじゃん!でも、ぽこが喜ぶ事だよ」と。

心の中で「救命救急の講習会」だと思っていました。(←やりたい)

で、結果は・・・・

焼酎の基礎知識でした(汗)


喜びますとも

授業内容は・・・

「原料と製造方法の違いでわかるさまざまなお酒のタイプ」

醸造酒・・・アルコール度数20度未満である。酵母によって糖類を分解してアルコールを作る。
      「アルコール酵素」という。香気成分を豊富に作り出し、香り豊かなお酒になる。
      コミック「もやしもん」を熟読している人にとっては基本中の基本のお話。
      日本酒、ビール、マッコリ、ワイン、シードルなど。


蒸留酒・・・醸造された成分を沸点の違うを利用して、アルコール濃度を高める操作を行う。
      例えば、芋を元に醸造すると「芋焼酎」になる、それを更に蒸留すると「ウォッカ」になる。
      そんなイメージです。
      アルコール濃度が濃縮されたと同時に、「香気成分」も濃縮されるために、さまざまな風味の特性が出てくる。
      ウィスキー、ジン、シュナップス、ウォッカ、などが代表選手。

混成酒・・・醸造酒、蒸留酒を製造した後に、糖類・果汁などを加えて作られたお酒。
      日本では、糖類を2%以上添加したものは、リキュールをして販売されています。
      サングリア、カシスやカンパリなどのカクレル系、梅酒、、みりん、合成清酒など。


今回は焼酎のお話。と言っても蒸留方法が2種類あります。

ラベルを見ると「本格焼酎」とか「甲類焼酎」って書かれていますよね?

本格焼酎は、単式蒸留機で作られています。
原料由来の風味が比較的強く出て個性的なお酒が出来上がります。

甲類焼酎は、連続式蒸留機で作られています。
何が違うかというと、この方法で蒸留されたお酒は、香味成分がほとんど無く(風味が無い)
高濃度のエタノールが生まれる・・・ということは、水で薄められたアルコールと言うことです。
ジンやバーボン、ラム、ウォッカもこの方法で蒸留されているので、アルコール度数が高い。

消毒用のアルコールを25%に薄めて1週間ほど置くと、それなりの味になるそうです。
って、そんなことやりたくないけど!


ここまでは、焼酎好き人にとっては基本的なお話です。

さて、ここからは「うんちくの世界」になってきます。

焼酎の原料と言うと・・・「米」「麦」「芋」「黒糖」を思い浮かべます。

米・・・日本で作られている焼酎なんだから、ジャポニカ米(日本晴、ヒノヒカリ)と思いますが、
インディカ米(タイ米)が使用されています。
このインディカ米は、香りもよくさまざまはメーカーで使用されているそうです。

芋・・・黄金千貫やジョイホワイト、ベニハヤト、アヤミラサキなどの品種があるそうです。
ちなみに、ジョイホワイトは糖化酵素欠損品種と言って、あまり美味しくない・・そうです。

麦・・・二条大麦が主に使用されている。

黒糖・・・奄美産、沖縄産、外国産のサトウキビを使用。

この原料を麹菌を使って「かもし」ます。

麹菌も「白麹菌・・・フルーティー」「黄麹菌・・・軽い」「黒麹菌・・・深み」の特徴が出てきます。

酵母によってかもされた物を「1次仕込み」「2次仕込み」の行程を経て出来上がったのが本格焼酎。

仕込が1回しかない物が「泡盛」になります。

さて、ここからがラベルに記載されていない情報を聞き出すことにより
自分好みの焼酎を探し出すポイントになってきます。

仕込が終わり、アルコール発酵された原料を、単式蒸留機を経て熟成されて焼酎として出荷されます。

この単式蒸留ですが、「常圧」と「減圧」の2通りあるそうなんです。

ラベルには書かれていません。

何が違うかと言うと・・・


常圧・・・タンク内と外圧が同等で揮発した蒸気を冷却して抽出されたもの。個性豊かな味わいになるそうです

減圧・・・タンク内の圧を下げることによって沸点が下がり40度~50度で揮発された物を抽出。
     軽くてシンプルな味わい。「いいちこ」など。

この行程の違いで味わいが変わってくるそうです。

購入または居酒屋などで焼酎を注文する際に、「減圧?常圧?」と聞くだけで

「こいつ、知っとるな!」と思われるにちがいない。

(って、こだわりの無い所では、「知りません」と言われる事が多いそうなので、
ネットで調べると大体判るそうです。)

さて、購入した焼酎を長く楽しむためには・・・

15度から20度の室温で保存。
光の当たらない、振動の無いところ。

これが、基本だそうです。

また、30度以上で保存してしまうと、成分の分離が始まってしまうそうです。


ここまでお勉強した後は、テイスティング♪(←オジサマ方はこれが待ち遠しかったようだった 笑)

①れんと 黒糖焼酎 単式減圧蒸留 ・・・甘くて華やか。軽いけど舌にピリッと来る。

②やませみ 米焼酎 単式常圧蒸留 ・・・臭みがあり、鼻にこげ臭が残る。

③寿福絹子 麦焼酎 単式常圧蒸留 ・・・ 麦の香り、丸い感じがするけど苦さが残る。

④さつま大海 芋焼酎 単式常圧蒸留 ・・・ オレンジの皮の香り、干し芋。甘さがあって軽い

⑤瑞泉 黒龍 十年古酒 泡盛 単式常圧蒸留 ・・・ パンチがある。カラメルの香り、喉に刺激。


この5品をストレートで飲み比べて、ここに味の評価をしました。(右が私の感想)

泡盛が・・・むせました(汗)

先生曰く「この泡盛はまろやかでむせない」と言っていたんですが(大汗)

この5品をストレートと1:1の水割りの2通りで、4品のお惣菜を食べながら評価しました。

お惣菜① レンコンの甘酢和え

お惣菜② 豚の味噌漬け

お惣菜③ ニシンの蒲焼

お惣菜④ チャイブとエシャロットのクリームチーズ


<感想>
①レンコンの甘酢和えなどのさっぱりしたおつまみは、比較的何にでも会うが特徴が無い。

②豚の味噌漬けなど塩味、濃い味は、泡盛や芋焼酎があう。米や黒糖などのあっさりした物は負けてしまう。

③ニシンの蒲焼など脂があり濃い味、麦、芋、泡盛があう。豚と同じく特徴のある焼酎が合う。

④クリームチーズのようなクリーミーなものは、比較的何でも合うが、麦が一番合う。

個人の好みが大きく影響されるので、一概に「こうだ!!」とは言えませんが。


そんなことで、程よく酔っ払い、程よくお腹も満たされました(笑)

最後に、お湯割りが好きな人は、是非「お湯を先にグラスに注いでから焼酎を入れてください

まろやかで華やかな味わいになります。

ちなみに、後からお湯を入れるとピリピリとした刺激のある味になります。

水割りがお好みの方は、飲む1日前に1:1で割り、12度から16度で保存してください。

とってもまろやかで焼酎の風味が引き立つそうです♪



焼酎講座でした

追伸

①の黒糖焼酎「れんと」ですが、音響熟成されたものです。

モーツアルトを聞きながら熟成されたお酒

ベートーベンじゃなく、モーツアルト。

前にテレビでも、何かの食品を熟成?いや、生育するのにモーツアルトを聞かせていたような。
モーツアルトって食品が好む曲なのかしら?

やっぱり華やかな軽いイメージ(←映画「アマデウス」が影響)はモーツアルトなのか?と思ってしまった私。

ベートーベンとかドボルザークとかだったら、どんな感じになったんだろう??
重みのある深い感じ??

曲によって違いが出てくるのかなぁ~。

興味ある





         


スポンサーサイト
10:27  |  料理&お菓子など  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.18 (Tue)

山待ちガール

今日、車を運転している時に流れてきた「山待ちガール」という聞き慣れない言葉が
飛び込んできました。

ラジオじゃなくて、テレビの音声だったのですが、
広島限定の某広島のテレビ局の某番組の某コーナーだったのです。

運転しながら聞いていましたが・・・

「秋の行楽シーズンのファッション」がテーマだったみたいなのですが、
今、山をにぎわしている山ガールではなく、

山待ちガール


いったいなんだろう??と思い、興味深く聞いてたら。


山に憧れて、山に行くのを待っているガール」のファッションなんですって。奥様!


「えっーーーー、行ってよ!山に!!待っていないで、行ってぇーー!!」と

一人車の中で突っ込みたくなりました(笑)

それにしても、すごいね!山ガール予備軍のファッションまで紹介されるなんて♪

どれだけ、山ブームなんだろう???と興味深く聞いていましたら、

ファッションポイントは、一見、山ガール風ですが、
「これじゃタウン着ね」というラフな格好だそうです。

某アウトドア店員さん曰く、

「上着のヤッケを着替えて、ザックを背負えば、山ガールに変身します。」とおっしゃっていました。

アナウンサーが「これで山に行けますね」と言ったら

「ハイ、行けると思います」と言っておりました・・・。


思いますって(汗)


それじゃ、困るよ。行けるって保証しないと本当にそのファッションで山に行って

「さむーーい」ってなると困るよ。アウトドアメーカーの店員さ~ん!


なんて、何割の人が山に本当に登っているのかな???と思いつつ、
一人、もんもんとしながら運転しておりました(汗)
18:35  |  趣味(山&クライミング)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.15 (Sat)

スバルのインサイトを体験

今日、いつも応援しているラグビーの観戦した後、直ぐ側にあった
マリーナホップに行きました!

そこで、新車展示会があって、車の試乗をしてきました♪

[広告] VPS

車の説明。

そして、実際にやってみた。

[広告] VPS

乗った車は、スバルの森林人。

ホントに勝手に止まった!!すごーい♪
21:38  |  広島の生活  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.13 (Thu)

シンガポール:ジュロン・バード・パーク

シンガポール最終日、10月2日(日)の日記。

やっと最終日です♪

前日にホテルフロントに「レイトチェックアウト」が出来るか問い合わせをしました。
通常のホテルのチェックアウトって昼の12時とか13時ぐらいなのですが、
16時まで伸ばせるシステム?があります。(全部のホテルが出来るわけじゃありません)

16時までOKということになったので、最終日は朝からジュロン・バード・パークを見学して
ホテルに戻ってシャワーを浴びてからチェックアウト。
そして、空港に向かう・・・という計画をしました。(汗だくで飛行機に乗りたくないしね)


ホテルからバスで東西線「Queenstown(クィーンズ・ヒル)駅」に行き、その駅から
「Boon Lay(ブーンレイ)」駅まで移動。約30分ぐらい。
ブーンレイ駅からバスNo.194又は251に乗ります。
ブーンレイ駅もバスターミナルがありますので、表示にしたがって歩いていけば
バス乗り場が直ぐに判ります。

10131_20111013113159.jpg
シンガポールの観光の目玉として、シンガポール政府が作った世界有数のバードパーク!

園内には600種類以上の鳥や珍しい花なども見ることが出来ました。

10132.jpg
南国漂う花が飾られています。

どこからか鳥が飛んできそう~!

10133.jpg
色鮮やかなオウムたち。

ずーっと見ていても飽きないしぐさ。飼いたい!と言ったら、ダメ!と言われてしまった(泣)

10134.jpg
バーズ・オブ・プレイのショーでは、タカやワシのショーが見れます。

10135.jpg
こんな目つきの悪い子も(笑)でも、なんか可愛いわぁ~♪

10136.jpg
白鳥もいました。

10137.jpg
蓮の花です。

鳥達に合った環境で飼育されており、風景を見るだけでも楽しい!

でもね、熱帯というか植物が多いところって・・・蒸し暑い(汗)

しかも、この最終日は一番の暑さ&朝、雨が降った事もあり
かなりの湿気・・・。

ちょっと歩くとクタクタ。

そして、クーラーが効いている室内展示に逃げ込む・・・を繰り返していました(汗)

10138.jpg
バーズ&バディーズというショー。11時からのショーを見ました。

司会の方は中国系だったらしく、オウムに中国語の歌を歌わせていました。

主に、オウムやインコ、フラミンゴなどの鳥が登場して、
お客さんのお財布から出したお金を取ってくるインコ(お金は返しますので、ご安心を♪)
わっかを持ったお客さん数名を立たせて、その輪をくぐって飛んだオウムとか!

いろいろな工夫で楽しませてもらいました♪

10139.jpg
ショーではこんな鳥?も活躍(笑)

101310.jpg
ついついお花も撮影してしまう私。。。。

101311.jpg
やしのみで作った鳥のおうち。可愛い!!

101312.jpg
滝も作られて、本当のジャングルに迷い込んだみたいです。

101313.jpg
原住民が気になるぽち(笑)これ、人形ですよ~。

101314.jpg
頭が黄色い鳥。全身真っ黒じゃなくて良かったね(笑)

101315.jpg
こんなに鮮やかな色のインコも。

どうして、こんなに鮮やかな色の羽が生えてきたんだろう???と
いつも不思議に思います。

1016.jpg
この子は赤がとっても鮮やか!

いろんな鳥を眺めて癒されました。

そして、一番癒されたのは・・・

101316.jpg
だちょう(笑)なんか笑えます。

あっという間に時間が過ぎて行き、ホテルに戻ることに。


ホテルでシャワーを浴び、チェックアウト。
荷物は、一旦ホテルで預かってもらい、ホテル近くのショッピングモールで遅めのお昼ご飯?
を食べに出かけました。

101317.jpg
フライド・ホッケン・ミー

塩味の焼きソバです♪

101318.jpg
豚のから揚げとカレーソースのかかったご飯と青菜炒め。

101319.jpg
水餃子。

何故か麺入り。

しっかり食べて、タクシーで空港に向かいました。

あっという間の4日間。

動物園やバードパークで癒され、インドやアラブ、中国の文化にも触れられた
不思議な国、シンガポール。

まだまだ見ていない観光スポットがいっぱいあるので
また行きたいと思います。
(一度に全部見ちゃうと、次が無くなっちゃうしね 笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここが面白いシンガポール!

ここからは、シンガポールで見た不思議なことやこんなルールがあったなどの
裏話を書きます♪


①電車やバスでの禁止事項がいっぱい
 車内ではドリンク・食べ物の飲食を禁止。
 ドリアンを持ち込んではいけない。
 タバコを吸ってはいけない。
 切符を曲げたり、はじいて音を出してはいけない。
 座席の上に足を投げ出してはいけない。
 車内をぶらぶら歩き回ったりしてはいけない。

など、禁止事項がいっぱいあります。

特に「ドリアンを持ち込んではいけない」って南国らしいなぁ~と思いました。

ちなみに、禁止事項を守れなかった人は、多額の罰金があります。
最高5000ドル。

ルールは守ろうね!

ホテルでも「ドリアンの持ち込み禁止」でした。
それだけ、クサイということなんでしょうね・・・。


②スーパーには日本製の商品がいっぱい♪ 

 デパートの地下の食品売り場以外の普通のスーパーでも、
 日本製の食品などなど、普通に売っていました。
 しかも、そんなに高くなかった。

うらやましいーーー!!シンガポール駐在員はなんの苦労も無いんだろうな~と思ったくらい。
(と言っても、海外なので苦労もあると思いますが・・・)
でも、ドイツの時は日本の食材は、日本の3倍~と言った高級品。
たまに、賞味期限切れの物も売っていても気にしなかったり・・・(汗)
うどんが食べたかったら、高い乾麺を買うか、自分で打つか・・でした。
よくうどんも打ったなぁ。。。←日本の何でも買えるありがたみが身に染みた。

こんなに充実していたら、私、文句言いません!って感じでした。

③シンガポールっ子は、みんなゴムジョンジョン←静岡弁で「ゴム草履」

 暑いからだと思うけど、足元を見るとゴムジョンジョン。
 みんなゴムジョンジョン。
 オシャレをしている女性もゴムジョンジョン。

 きっと、下駄箱にはいろんなゴムジョンジョンがあるんだろうなぁ~と妄想(笑)

街を歩いて足元を見ると、ほぼ8割がゴムジョンジョンorオシャレなジョンジョン。

スニーカーとか革靴とか履いていると、ほぼ観光客かビジネスマン。

暑いから蒸れるんですよね。

という私も、ゴアテックスの履きなれたスニーカーで歩いたのですが、
思いっきり汗の影響でしょうか・・・足に豆が出来ました(汗)

しかも、8箇所。。。

ぽちには歩き方が悪い!って言われたけど、きっと汗も関係しているような。
だって、今まで1日2万歩近く歩いても全く大丈夫だったのに・・・。

④やたらと足マッサージ屋さんが多い

たぶん、みんなゴム草履だからだと思う(笑)
やっぱり足も疲れるよね~。

本当は足マッサージをやりたかったけど、足の豆が物凄いことになっていて
歩くのもやっと・・・と言う状態を3日間過ごしていたので
その豆を揉まれたら・・・・悲鳴をあげたと思います。


今、思い出したことを書きました。

他にもあったようなぁ~と思いつつ、思い出せない私・・・。

最近、記憶が無くなる?いや、思い出せないことがあるので
ぽちに「私って、若年性アルツハイマーにならないか心配」と言ったら
「大丈夫だよ、まぁ、ボケはあるけどね。ツッコミは無理でしょ」と言われた(汗)

いや、ボケているつもりは一切ないのですが。。。。

12:17  |  旅行記(アジア)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.12 (Wed)

シンガポール・チャイナタウンとナイトサファリ

ちょっと間が開いてしまいました(汗)
先週末の3連休はどこか行かれましたか?
私達は、日曜日に山口にSLを撮り鉄してきました(ぽちの付き添いで 汗)
それは、シンガポールが終わったらということで、
残り2日のレポを大急ぎで作らないと!!


10月1日(土)3日目

この日は、朝からチャイナタウンへ移動しました。
ホテルからバス51番or186番で移動。

10121.jpg
9時から開いている「チャイナタウン・ヘリテージ・センター」へ。

ここは、シンガポールに移住した中国人の暮らしを紹介している所です。

10122.jpg
移り住んだばかりの生活からだんだんと暮らしが良くなってきた移り変わりが良く判ります。

ちなみに、写真のテーブルは博打の様子です(笑)

10123.jpg
1つの建物を多くの人で部屋をシェアして暮らしていたそうです。
キッチンは共同。でも、コンロは個人専用だったそうです。

再現とはいえ、小汚いなぁ~と思ってしまいますが・・・

10124.jpg
ごっ・・・ゴキブリ!!!!ここまで再現しなくても(汗)

決して衛生的な環境ではなかったので、ゴキちゃんとも共同生活していたんでしょうね・・・(怖)

さて、チャイナタウンを東(チャイナタウン駅の反対側)に歩いていくと

10125.jpg
ひときわ目立つスリ・マリアマン寺院があります。

シンガポール最古のヒンドゥー教寺院(1827年)で19世紀中ごろまではこの地域はインド人が
たくさん住んでいたそうです。

10126.jpg
しかし、多くの中国人が移住してきてチャイナタウンとして栄えて
「リトル・インディア」というエリアでインド人は栄えたんでしょうね。

10127.jpg
Bunddha Tooth Relic Temple and Museum(漢字だと難しいので英語表記にしました)

朱の色がとても綺麗な寺院で、多くの仏像が祭られていました。

10128.jpg
ぽちが「構図、負けた」と言った私が撮影した写真(笑)

日本人にも馴染みのある仏像がありました。

101210.jpg
味香園のスノウアイス♪

奥がぽちが注文した「ドリアン」←やっぱりドリアン・・・。

手前は私が注文した「抹茶あずき」←ものすごーーく日本人好み♪

体をクールダウンさせて、チャイナタウンとショッピングモールを散策し、
遅いランチにしました。

10129.jpg
ホーカーズと呼ばれる屋台が集まるマックスウェル・フードセンター

101211.jpg
私が食べたラーメンみたいな麺&魚のすり身

101212.jpg
ぽちが食べたパクテー&チャー・クゥイ・ティアオ

そして・・・

101213.jpg
アイス・カチャン!←これ、どうしても食べたかった。

101214.jpg
アイス・チャカンは甘み専門店で購入しました。

マンゴーのソースがかかっていて結構甘かったのですが、
3色のシロップもなかなかの甘さ(笑)

だんだんと飽きてきた頃・・・

101215.jpg
下からコーンが出てきた(汗)

コーン入りのかき氷は人生で初。

微妙に美味しかったです(笑)

さて、お腹を満たし一旦ホテルに戻り、3日目のメイン・イベント!!!

ナイト・サファリへ移動しました♪

ナイト・サファリはシンガポール動物園のすぐ隣にあります。
バスで移動して、日が沈んだら開園(大体、19時ごろ)というなんともアバウトな始まりですが
多くの人が既に集まり並んでしました。(18時ごろ到着で)


101216.jpg
開園して直ぐにエントランスでは、トライバルダンスショーも見れます♪
19:00 20:00 21:00の3回あるので、見てからトラムに乗って園内を見学するか、
または見学後にゆっくり見てもOK。

でも、すぐにトラムに乗ろうとするとなかりの混雑で直ぐには乗れません。

私達は、徒歩コースを先に見学しました。

園内は、徒歩で回れるコースとトラムを使って回るコースの2つあります。
それぞれで見れないゾーンもありますので、是非両方まわる事をオススメします♪

101217.jpg
トラム乗り場。

101219.jpg

夜、活動する動物を中心に展示しているので、
動物の行動が良く判ります。

ちなみに、カメラはOKですが、フラッシュはNGです。

看板にも書かれているのに、フラッシュで撮影している人が多く
ぽちは途中何人か声をかけて注意していました。(まるで係員・・・)

一通り歩くコースを見学し終え、ナイトショーに向かいました。

101218.jpg
ここでも、カメラのフラッシュは禁止です。

と何度も係員の人か注意しているにも関わらず、フラッシュを使うお客さん。

しまいには、個人的に注意されていましたが、なぜフラッシュが禁止かと言うと・・・

暗い夜に活動している動物なので、強い光のフラッシュを向けられると
興奮して危険な行動をしてしまう可能性があります。

しかも、夜行性の動物と言えば、トラやライオン、サーベルタイガーなど
人を襲う危険性の高い動物が多い。

なので、「私だけならOK」という軽い気持ちでフラッシュを使うことは危険なんです。

あと、ナイトショーは「ゴミのリサイクル」をテーマにした
動物達のショーでした。

シンガポールもこういう形でリサイクルの呼びかけをして
綺麗な街作りを目指しているんだなぁ~と思いました。

最後に、私は22時には眠くなる良い子?なので、
帰りのタクシーではウトウト・・・となりたかったのですが。。。
(バスは夜ありません。)

初タクシー・・・運転怖いです。

結局、ウトウトできませんでした。

ヒヤヒヤでした(汗)

11:18  |  その他  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.06 (Thu)

シンガポール動物園

2日目(6月30日)は、朝からシンガポール動物園に行ってきました!

ホテル横にあるバス停から5番、16番、175番のどれかに乗りオーチャードロードまで移動。
オーチャードロードとは、ブランド街。
日本の伊勢丹や高島屋もあります。

オーチャードロードの伊勢丹スコッツのバス停で下車。
MRT南北線のオーチャード駅から「An Mo Kio」(アン・モ・キオ)駅まで移動。

歩き方には、「アン・モ・キオ・駅で下車し、Ang Mo Kio Ave.8の道路を渡った所のバスターミナルの
1番乗り場からNo.138のバスに乗り終点」
と書かれていますが・・・

正確には・・・

「アン・モ・キオ駅に下車。改札を出て右手にバスターミナルへの標識を目指して地下に下ります。
そのまま、標識に従って歩くとバスターミナルがあります。
BERTH B1という表示にNo.138のバスの待合があります。一番奥で、正面にトイレもあるので、
約40分のバスの移動のためにトイレを済ませたら良いです。」


1061.jpg
シンガポール動物園

全部ゆっくり見るには、丸1日かかります。

1062.jpg
お出迎えしてくれたシロガオサキ。南米のおサルさんです♪
愛嬌があってかわいい~!

1063.jpg
バビルーサ
見た目、ブタorイノシシっぽく見えますが・・・

1064.jpg
日本語でも説明がある親切な動物園!

それだけ、多くの日本人が訪れるんでしょうね~♪

ちなみに、街中も日本語表記があります。
英語、日本語、中国語が基本です。

1065.jpg
バビルーサの骨格標本。

4本の角があります。
下あごから2本。上あごから2本。歯が進化して角になったみたい。

1066.jpg
ホワイトタイガーもいます♪

1067.jpg
水中の中でくつろぐカバ&カバの汚れを取っている魚&興味津々の女の子(笑)

かばが物凄くキモチ良さそうでした。

1068.jpg
ぽち!!また掴んで!!

1069.jpg
フサオマキザル
この子がものすごーーーーく可愛くて♪

私達が動くと首を傾げたり、目で追ったり、いろんな表情、動作をしてくれて
何時間いても飽きないぐらいでした(笑)

10610.jpg
エレファント・アット・ワーク・アンドプレー

丸太を運んだり、寝転んだり・・・最後にはえさやりも出来ます。

ゾウってかわいいなぁ!

10611.jpg
レインフォレスト・ファイト・バックショー

森を開発しようとやってきた外国人から森を守るために、村人と動物達が
森を守るというストーリ。

10612_20111006113708.jpg
森を守るためにオラウータンがやってきました!

10614.jpg
こちらの大きなオラウータンは、ヤシの実を一生懸命剥いています!
歯を使って器用に剥いていました。

10615.jpg
動物園内の標識には日本語も表記されていて迷子になる心配はありません。

10616.jpg
デザートの左・・ぽちが食べたクサイ!!ドリアン・スノウアイス

右・・・私が食べた美味しい♪マンゴー・スノウアイス

同じテーブルで食べているだけで、ドリアンの匂いが漂ってきて気持ち悪い・・・。
それを美味しそうに食べているぽちって・・・。

10617.jpg
キッツ・ワールド内にある、子供向け動物ショー
アニマル・フレンズ・ショー

もちろん!ワンコが出るなら行くでしょう!!!

4匹のワンコが出演しましたが・・・評価は・・・「がんばりましょう!」という感じでした(笑)

まだまだ訓練が足りないらしく、お客さんに気が向いちゃって
トレーナーの指示がちゃんと聞けませんでした。

でも、そんなところがまたかわいい!

10618.jpg
最後の最後まで・・・ぽち。

どうして、つまみたくなるのかなぁ~。


16時ごろ、やっと動物園を1周して再びバスに乗り、MRTに乗り換えて・・・
オーチャードに向かいました。

オーチャードでショッピング♪

福岡旅行で転んで壊してしまったサングラス(泣)

「サングラスがほしいよ~」とおねだりして買ってもらいました!

私のこの低くて小さい鼻に乗っかるサングラスがありました(奇跡だ!)
しかも、お値段もかなりお手ごろ。

安く出来た私だ。

夜、20時。

かなりお腹も減り・・・


ぽちのオススメの「文東記」へ!

10619.jpg
シンガポールといえば、「チキンライス

日本でチキンライスというと、ケチャップご飯のイメージが強いですが、
これが本当のチキンライスです。

チキンを蒸して、チキンのダシで炊いたご飯が絶妙です。

12:26  |  旅行記(アジア)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.05 (Wed)

シンガポール・世界3大がっかり

昨日の続きです。

ホテルに一旦戻り、夕方再び出かけました。

ホテル前のバス停から186番のバスに乗り、「CLARKE QUAY(クラーク・キー)」という東北線駅の
最寄のバス停で下車。

ここからシンガポール川を港に向かって歩きました。

1051.jpg
シンガポール川に浮かぶ観光船。

多くの観光客が川沿いを歩きながら、シンガポールの日暮れを楽しんでいました。

また、この時間帯にならないと暑くて・・・ジョギングができないのか・・・
多くのランナーが川沿いを走っていました。

1052.jpg
地震が無いシンガポールは、多くの高層ビルが立ち並び、
しかも「これ、日本じゃぜったに無理だよね」というデザインのビルもいっぱいありました。

1053.jpg
一方では、昔の町並みを保存する事も進められており、
川沿いの飲み屋街もその一部です。

1054.jpg
ラッフルズ上陸記念の地

イギリス東インド会社の書記であったラッフルズは、中継港建設のためにここに上陸しました。
彼が、今の貿易で栄えたシンガポールの基礎を築いた人です。

なので、シンガポールは、中国、インド、アラブの色も濃いですが、
イギリスの植民地でもあった時代もあり、ヨーロッパの文化や建物もいっぱい見られます。

1055.jpg
おっ!見えてきました♪

奥に見えるのは、ソフトバンクのCMでスマップがパーティー?をしていたマリーナ・ベイ・サンズです。

天空の船と呼ばれるサンズ・スカイパークには、宿泊者専用のプールや
宿泊者以外も見学できる展望台があります。

今回は、日程的にも無理だったし、日本でも盛んに紹介していて
大勢の観光客でにぎわっている感じだったので諦めました。
(行き帰りの飛行機、多くの日本人観光客が多くてビックリ。
席もほぼ満席でした。。。輪番休日とは言え、そんなに混んでいるとは思わなかった~)

1056.jpg
世界3大がっかりの「マーライオン」です!

世界3大がっかりとは・・・Wikipediaより

ブリュッセルの小便小僧←昔の日記(2099年3月27日)

コペンハーゲンの人魚姫←昔の日記(2010年1月5日)

一応、これで3つを制覇!(笑)

でも、マーライオンも想像通りでなかなか愛嬌があってよかったです♪

1058.jpg
お約束の「喉を潤すぽち」♪

小便小僧でもやりましたが、今回もやりました!(笑)
2006年12月29日の日記←昔のブログ

通りすがりのオジサンに「ナイス!アイデア!!」と絶賛されちゃった(笑)

1057.jpg
豪快に吐き出すマーライオン!

しばらくぼーっと見ていましたが、食事の時間もありますので移動。

1059.jpg
川沿いには、多くの銅像があります。アートですね♪

川に飛び込む子供達もホント良く出来ていました!

10510.jpg
1日目の夕食は、ここ「ジャンボ・シーフード

事前にメールで予約を入れてあったので、待ち時間も5分程度で席につけました。
観光客も多いので、「どうかなァ~」と思ったけど、なかなか良かったです!

10511.jpg
くらげのサラダ

コリコリしていて美味しいです♪安心できる味。

10512.jpg
ウワサの「チリ・クラブ

辛いです!

豪快に手で食べます。

手はベトベトです・・・。

でも、美味しいです♪

ぽち曰く「ここのお店は甘めだね」と言っていましたが、
私には十分・・・辛い!!

お昼に食べたフィッシュヘッドカレーも辛かったので、胃が痛い(汗)

10513.jpg
と言いつつ、無言で食べて、完食!

しばらく辛い料理は避けようと思った1日でした・・・。




10:36  |  旅行記(アジア)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.04 (Tue)

シンガポール・インドとアラブ

寒いですね~。
一気に「秋」になった日本ですが、
熱帯モンスーン気候のシンガポールから帰ってきた体には
かなりの寒さに感じます(汗)

さて、写真を整理しつつブログをUPしよう!と眠かった昨日の午後。
頑張って書いていたら!!
PC調子が悪く、全部消えました(泣)(これを書いている時も途中で消えました・・・)

今日は、朝から気を取り直して書いております。

今回は、交通に関して主に書きます。かなり長くなりますがお付き合いください♪

9月29日、20時45分発 広島→羽田 
日付が変わり30日、0時30分発 羽田→シンガポール

機内でのキャビンアテンドからドリンクや軽食のリクエストでかなり変な会話に。

ついついドイツ語が混じってしまい・・・

「オレンジジュース、ビッテ」と・・・。
プリーズって意識しないと使えない私です(汗)

軽食は、「ツナサンド」or「チキンサンド」だったのですが、

チュナサンド プリ~ズ!」と言ってしまったわ・た・し(照)

だって、シンガポーリアンのキャビンアテンドが「チュナorチキン?」って聞くんだもん!

その後、ぽちには「つられ易いね~、言った瞬間変だと思わなかった?」って言われた(汗)

言った瞬間、「あれ?」と思ったけど、通じたんだし(汗)

その後、シンガポールなまりの英語に苦しんだ私。

チャンギ国際空港に30日の6時半頃到着。

1041.jpg
ホテルに行くにはちょっと早すぎるので空港でお茶をすることに。

タピオカ入りのグリーンティーを注文したら・・・

「無い」と言われた(泣)メニューには写真入であるのに!通じていないのかな?と思ったけど
「無い」の一点張り。挙句の果てには「アイスティーならある」と言われ、なすがまま・・・。

1042.jpg
なすがままのアイスティーとぽちが注文したプラムサワージュース。

プラムサワージュースは、甘いけどさっぱりしていて美味しかった!

一方、なすがままのアイスティーは・・・甘い!!甘すぎる!!

洗礼を受けた私は、その後ぽちにお任せ状態(号泣)

さて、空港からの移動手段ですが、どのガイドブックを見ても
「快適に向かうためにはタクシー」と書かれています。(大体、20ドル~30ドル/1SGD≒¥65)
私達はディープにシンガポールを楽しむためにMRTという地下鉄を利用して移動しました。
(貧乏旅行なので・・・)

チケットセンターで「EZ Link Card」という
プリペイド式のチケットを購入しました。
他にもスタンダードチケット(1回分のチケット)や旅行者用の「ツーリストパス」もあります。

スタンダードチケットは、運賃+ICカード代の1ドルが加算しているために、その都度カード代の1ドルを
自動券売機で払い戻しをしなくてはなりません。

ツーリストパスは、1日用8ドル、2日用16ドル、3日用24ドル+カード代の10ドルが加算されます。
指定のチケットセンターで購入しますが、パスポートが必要になります。
また、カードに残った運賃分のお金は返金されません。
地下鉄、バスの乗り放題になりますが、一部乗れないバスもあるので、下調べが必要になります。

私達が使用した「EZ Link Card イージーリンクカード」ですが、使用可能額が7ドル、カード代が5ドル。
各駅のチケットセンターで購入します。
ツーリストパスと違って残った運賃分のお金は払い戻しが可能です。
カード代の5ドルはツーリストパス同様戻ってきません。
私達は、移動を全てバスとMRTを利用しましたが、購入時の7ドル分の運賃プラス20ドルのチャージを
しましたが、結局10ドル近く戻ってきました。
4日間で、17ドル(約1100円)ぐらいしか掛かりませんでした。
*シンガポール動物園・ナイトサファリ・ジェロンパークへの移動もバスとMRTを使用。

1043.jpg
宿泊したHoliday inn Atrium Singapore Hotel。さすがに、今回はキャンプじゃありません(笑)

スーツケースをホテルにデポして、ホテル前から64番のバスでリトル・インディアへ移動!

1044.jpg
途中で見かけたERP(Eletronic Road Pricing)

日本のETCみたいなものです。
国土が狭いシンガポールですが、車の台数が年々増え続け国が公共交通機関を利用するように
いろいろな対策を練っているそうです。
その一つがこのERP。

車も日本の3倍の値段で売られていますが、そのほかに多くの税金が課されていて
容易に車を所有できないようにしております。
また、一定地域(ビジネス街など)への乗り入れる際に時間帯に応じて課税されます。

その課税をERPシステムによって、細かく時間帯や地域によって金額を変えて
通過するたびに自動的に課金されています。

観光客が利用するタクシやレンタカーも同様です。

1045.jpg
リトル・インディアに近づいてきました!

1046.jpg
10月2日がMahatma Gandhi's Birthdayだからでしょうか?
道には多くの飾りがありました。

バスを降りると・・・カレーの香りが!!やっぱりインドだわ。

1047.jpg
テッカ・センター(Tekka Center)

野菜・魚・肉などが売られているお店から、ホーカーズと呼ばれる屋台食堂もありました。

1048.jpg
珍しい野菜もありましたが、なんと言っても果物が美味しそう!!
でも、我慢です。

1049.jpg
上を見上げたら・・・マンションに変な物が刺さっていました。

旗に見えますが、これ、洗濯物(笑)

洗濯物が飛んでいってしまいそう~!

テッカ・センターの隣にあるリトル・インディア・アーケードへ!

10410.jpg
民芸品や洋服、インドのアイドルらしいプロマイドやCD。
いろんな物が売られていました!

10411.jpg
スリ・ヴィラマカリアマン寺院(Sri Veeramakaliamman Temple)

ヒンドゥー教寺院。中には靴を脱いで入ります。
多くの信者が祈りをささげておりましたが、観光客の私達はジャマにならないように
隅で見ておりました。

さて、お腹も空いてきたのでMuthu's Carry(ムトゥース・カリー)へ!

インドといえばカレー。

シンガポールといえば、新鮮な魚介類。

そして、この二つが出会ったインドには無いカレー。

10412.jpg
フィッシュ・ヘッド・カレー

白身魚の頭とシパイシーで辛いカレー。
二人で食べたのですが、これだけでかなりの量。

マトンも美味しいぞ!と言われ注文。
ご飯とナンもあって・・・お腹いっぱいになりました(既に食べすぎ・・・)

10413.jpg
バナナかココナッツの葉っぱがお皿です♪

10414.jpg
綺麗に完食。

お腹も満腹になったので、お腹ごなしに・・・ムスタファ・センター

10418.jpg
衣類から食料品までいろんな物が揃っているデパート。

かなり乱雑感はありましたが、面白い物がいっぱい!
インド食材に欠かせない香辛料もありましたが、どれがどんな物なのか良く判らず・・・。

次に、アラブ・ストリートへ移動。

リトルインディアからアラブストリートまで歩けない距離ではありますが、
かなり暑いので、MRTの東北線(ノース・イーストライン)でFARRER PARK駅からDHOBY GHAUT駅まで行き
南北線(ノース・サウスライン)に乗り換えてCITY HALL駅へ。
続いて東西線(イースト・ウェストライン)でBUGIS駅まで行きました。

この間、10分程度。電車も直ぐに来るので、全くストレスを感じません。

BUGIS(ブギス)駅から歩いて5分程度でしょうか?

10415.jpg
サルタン・モスク(Sultan Mosque)

1928年建造のシンガポール最大最古のイスラム寺院。

一応、観光客も見学できるそうですが、祈りをささげている時間帯だったので見学はやめました。

10416.jpg
お約束で1枚♪

モスクの周辺は多くのおみやげ物屋さんや衣装用の布屋さんがいっぱい並んでおりました。

ここから歩いて港に近いラッフルズに行こうと思いましたが・・・
あまりにも暑くて暑くて・・・・
歩いていてだんだんと脱水症状に。

途中、休憩しつつ、ぽちが見たがっていた山用品屋さん(ショー・タワース内)に行き
品数が減ってしまった事に残念がるぽちをなだめながら(笑)

51番のバスに乗ってホテルに帰りました。
10417.jpg
途中見かけた残念な看板。


チェックインを済ませて、部屋に荷物を置き、十分に水分補給してから・・・

再び出かけました。

その続きは明日。

長い日記にお付き合いありがとうございました♪
明日も長いかも。

11:59  |  旅行記(アジア)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.03 (Mon)

シンガポール

ただいま~♪

輪番休日最終。

木金休み&土日休み&月曜日調整休を利用してシンガポールに行って来ました!!

いっぱい写真も撮りましたが、帰りの飛行機で一睡も出来ず・・・

かなり眠いです(汗)

今、15時に寝てしまうと確実に時差ぼけになってしまうので
頑張って起きていますが・・・(汗)

詳しい旅行記は後日という事で、私のお気に入り写真でも。

1032.jpg
日暮れのアベック♪


15:27  |  旅行記(アジア)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。