All archives    Admin

01月≪ 2010年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.26 (Fri)

リス

今日は雨が降ったり、風が強かったり・・・で、変な天気でした。

ふと、窓の外を見たら2匹のリスが追いかけっこしていました。

動画を撮った時は既にお疲れモードで(笑)

木の下の方で遊んでいたので、とりあえず撮影しました~♪

[広告] VPS



このリスたち、たぶんいつものリス。
うちのプランターにドングリを隠している子達だと思うけど・・・
今年はいくつ隠したんだろう~♪

前の日記のリスネタ。
「アリバイは掴んだ」

「犯行現場・目撃」

そういえば、こんなこともあったなぁ~。

なんか毎年、リスネタを書いているような・・・。
スポンサーサイト
02:41  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.24 (Wed)

春らしい小物入れ

昨日は小雨が降り、まだまだ寒いなぁ~というお天気でしたが
今日はうって変わって「小春日和」な1日です。

最近、小鳥の声で目覚め、今日は小鳥の合唱が聞こえます。春ももう一歩ですね!!

そんな気持ちのいい日なので、最近出来上がった「春らしい小物入れ」をご紹介♪

102241.jpg
ちょっと逆光気味になってしまいましたが・・・

白ベースのオレンジ・ピンク・パープルの優しい色を主体にしました。

オレンジのバラのシェードを濃いピンクにしたら、
先生に「まぁ!キレイだわ!こういう色の組み合わせもいいわね~」と!
ドイツ人には無い色の組み合わせだったようです(笑)

この小物入れも買ってから1年ぐらい放置していて(汗)
やっと色を塗って、絵を描いて・・・。

102242.jpg
マーレンの先生にデザインしていただいた絵。

先生のデザインは、すっきりとまとまっていて、かつ!華やかなのです。

でも・・・

102243.jpg
自分でデザインした絵は・・・なんかまとまりに欠けるというか(泣)

去年はなかなか都合がつかなく、マーレンの教室にも行けませんでしたが
今年はがんばって、1週1回ペースで通うようにしています。

でも、先生のデザインを真似るだけではなく、自分らしいデザインもできたら!っと思っているけど
難しいよね。

将来、先生の許可を頂き、日本でお友達に教えることができるよう勉強もしたいとお願いしたら
アシスタントとして勉強してみる?と嬉しい提案を頂きました♪5月からですが・・・。

「人に伝える」ことは難しいですが、自分の為にもがんばります!!!


追加報告:書道、4級合格しました♪

今、3級の課題をやっていますが・・・小文字とひらがなで苦労しています(泣)
3級合格したら、とりあえず目標達成!!!なのですが、
先生曰く「2級は簡単だから、1級は難しいけどね」と。

書道も果てしなく道のりは遠いようです・・・・。


クラリネットも・・・・道のりが遠いです。
あと2週間で演奏会があるのに・・・。えーん
18:38  |  趣味(マーレン)  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.21 (Sun)

お豆さん

最近、ポチの帰りが遅く夕食もちゃんと食べていないんですが(←特にポチ)
不規則な食生活をしていると、イライラしたりしませんか?

私はそんなとき無性に食べたいものがあります。

それは・・・

102201.jpg
ひじきと大豆の煮物

良質なタンパクとひじきの鉄分でイライラも解消!!!ってホントか?!

ドイツに来てから、こういう煮物系がものすごーーく食べたくなり
よく作るようになりました。

でも、大豆って、1晩水につけて置かないといけないので
「そうだ!今日の夕飯に!」と作れないのがね。

日本のお惣菜コーナーで、2人分だけ買えるって便利だなぁ~とつくづく思う。

それに、大豆って、水戻し前の状態だと「これじゃ少なくない?」と多めにしちゃうから
1晩置いて、朝見ると鍋の中でぷっくり膨らんだ大豆が大量にあったり・・・(汗)

今回も大量に作ったので、しばらく箸休めは困らないだろう。


ぽち、もっと豆を食べてくれ!



00:21  |  料理&お菓子など  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.19 (Fri)

証明写真

今日、ドイツに来て初めて証明写真を撮りました。

今まで証明写真は、日本でしか撮ったことがないし、
近所のカメラ屋さんのおじちゃんorおばちゃんが「はいよー。パスポートサイズねー」と
世間話をしなかが和やかに撮って貰った。

更に、撮影前にちいちゃな鏡で前髪を整えたり、
メイクの崩れがないか・・・・最後のあがきをしていた。(←たいして変らないのに・・・)

おばちゃんは、私がイスに座ると「顔をもう少し右に倒して」とか
ちゃんと真っ直ぐ映るように修正したり。
髪が長いから、ちゃんとキレイに整えてくれたり、サポートしてくれた。

出来上がった写真も「どれがいい?」とか何パターンから選んで
サイズをキッチリ測って切ってくれた。

ドイツのカメラ屋さんってどうなんだろう・・・。

「パスポートの写真が欲しい」って言えば判るのかなぁ・・・・。

ちゃんと鏡とかあって、髪の乱れとか見てくれるのかなぁ・・・。

なんて、不安を抱えながら、首周りのすっきりした色の濃い服を着て
メイクもいつもよりしっかりして(←つもり)、先週の木曜日(2月11日)に
美容院に行ったその帰りにカメラ屋に行った。


がびーーん!

カメラ屋、お休み。

気合入れたのに(泣)

意気消沈した先週の木曜日でしたが、

リベンジ!!

クラリネットのレッスンの帰りにカメラ屋に行くことにした。

しかし・・・問題発生。

寒いと思って、厚手のババシャツを着ていたせいか??

顔から変な汗が出た。暑いぞ。

やばい・・・。

メイクが流れる。


仕方ないけど、そのままカメラ屋に向かい、メイクを直してから撮ろうと思ったが!!!

「ハイ、その棚に荷物を置いて、そこに座って」と指示された。

お兄さん、カメラを持ってスタンバイ。

あっ、メイク直す雰囲気じゃないわ・・・。

鏡もしっかり見ていないので、自分の顔がどんな風になっているのか判らなかった。

驚いたことに、ニコンのカメラを使っての撮影だったが・・・
三脚を使わずに「友人の写真を撮るかのような気軽な感じ」で撮影。
顔の傾きも、髪の乱れのチェックも無かった。



出来上がった写真を見た。


あ~、すっぴんに近い顔だ。これ、10年持つんだよね

まあ、そんなにじっくり毎日見るものじゃないからいっかぁ



22:22  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.17 (Wed)

4ways ネックレス

最近、なんだか忙しくなかなかブログもUPできませんが、
皆さんお元気ですか?

こちらはとても寒く、今も雪景色です。

さて、そんな雪も降る中・・・先日、ビーズ教室の1日体験をしてきました。

ビーズは興味もありつつも、キットを買って作る程度の初心者なのですが、
日本人の先生の指導で自分の好きなアクセサリーが作れるということで
参加してみました。

ドイツ人が経営するビーズショップを借りきっての講習でした。
お店にあるビーズを自由に使って良いとの事。(と言っても、ちゃんと使った分お支払いしますよ 笑)

いろいろなビーズを見て、いろいろな作品を見ているうちに
初めは「落ち着いた普段使いのネックレスを」と思っていたのに・・・

だんだんと「キラキラしたほうが可愛い~」なんて
思ってビーズを選んでいたら・・・

102171.jpg
こんな感じに仕上がりました。

いやぁー、今までに無いキラキラ感。(写真だと判りづらいかも・・・)

先生には「パーティーとか良いわよ♪スワロフスキーのビーズも入っているし!!」と
言われましたが・・・

パーティーって!!! 

そんなパーティーとは程遠い世界ですが、まあちょっとしたオシャレもしないと
このまま地味なオバサンまっしぐらになりそうなので(笑)

で、タイトルにもありますが、ちょっとした工夫をしました。

1つのネックレスだけじゃ、つまらん!と私のビンボー症が出て。

102172.jpg
ペンダントトップを取り外しができるように作りました。

そして・・・

102176.jpg
皮ひものネックレスとして2ways!ネックレス♪ ジーンズでもOKですね。

で・・・そこで終わらなかった私。


102174.jpg
昨年のイースターの時、チェコ(クラクフ)で買ったビーズをペンダントトップとして作りました。
(赤い石っぽい方)

102175.jpg
こんな感じに取り合えると、またイメージが違うネックレスに変身!大人なイメージに!?

102173.jpg
もちろん皮ひもにも利用できます。

こんな感じに付け替えられると、作った甲斐があるというか。
利用頻度も上がるかな?

でもね、ホント、とても良いビーズが揃っていて、選ぶのに1時間ほどかかりました。

また1回でできる講習があったら声をかけてもらおうと思いお願いしてきました♪

次回は、違うペンダントトップか・・・。

携帯ストラップとか・・・。

髪をしばるゴムの飾りとか・・・。


キラキラに妄想が広がります(笑)



19:13  |  趣味(その他手芸)  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.11 (Thu)

スキージャンプの裏話

スキージャンプの裏話をします。

スキージャンプの観戦席なのですが、私たちはA/Bゾーンという
斜面の立見席(場所は自由)のチケットをネット注文しました。

本当は、イス席(指定席)を取りたかったのですが、土曜日の個人戦は完売。
日曜日の団体戦なら購入できたのですが、3日間通しチケットならお得だったので
イス席は諦めて、立見席を購入したのですが!!!

前日の金曜日になってもチケットが届かなかったのです。

まさか、ドイツポスト、チケットを盗んだんじゃないだろうなぁ~という疑いを持ちつつも、
チケットセンターに確認のメールをしたら・・・

「当日、チケット売り場に来ていただければ、再発行します。」という対応でした。

ちゃんとチケット代も引き落としされているので、証明の引き落とし明細を持って向かいました。

そうしたら、なんと!!!
チケットの入った封筒に「宛先不明」と書かれて、戻っていたそうです。

ドイツポスト・・・ちゃんと仕事してないな。
きっと、雪の影響もあると思うけど、配送が面倒だから宛先不明にして送り返したのか?!

我が家のドイツポストの配送率・・・60%

さて、無事チケットを貰い、会場入りしたのですが、
立ち見・自由席は、早々と観客がスタンバイしていたので、コース近くまで行けず、
コースに一番遠いところで観戦することになったのです。

102111_20100211172101.jpg
写真左の黄色のゾーン辺りです。

この黄色ゾーンですが・・・

スキージャンプ・ワールドカップという何のお祭りに来た酔っ払いゾーン」でもありました。

ビールの売店も近いし、トイレも近い。
飲んで・トイレ・飲んで・トイレ・・・エンドレスの観客(爆)

挙句の果てに、その酔っ払いサポーターは私たちに絡んできたり(怒)
タバコの煙を吐きながら、話しかけてくるんじゃないーーー!!(激怒)

全然ジャンプ見て無いじゃん!

「ハローー!ドイツーゥーー!!」という掛け声で「あっ!ドイツ選手跳ぶの?」って気づく程度。

ダメだ、このゾーン・・・。

ということで、翌日の日曜日は上の写真、赤ゾーンへ。

赤ゾーンは、ビールの売店もトイレも遠い(階段状になっていて人を分けていかないと行けない)
なので、みなビールも程ほどで真剣にジャンプを応援している人たちなのです。

絡んでくる酔っ払いもいない(安心)

しかも、ジャンプして着地する所を間近で見ることもできる♪

ちなみに、イス席に座ったポチの会社のI夫妻・Kさんの写真を拝見したのですが、
ジャンプ台全体(上部の滑降部分)が見渡せ、選手を間近で見え、表情が判るというメリットがあるそうです。

目的によって席も違ってきますね♪


さて、更に裏話。

ドイツ人に話しかけられたポチ。

「君たち、日本人だよね?日本から来たの?」と話しかけられたそうです。

ポチは・・・

「うん、そうだ。日本から来たんだ」とウソをついた。

「えーー!!わざわざ、ジャンプを見に来たのか?」

「そうだ。」←ウソツキポチ。

「高かっただろう」(旅費とか)

「大したことないよ」(確かに・・・)

「じゃ、オリンピックも見に行くのか?」

「いや、行かないよ、高いし」

「なんなんだ?!」

という、ドイツ人をからかっちゃいけませんよ。ポチくん・・・。


17:37  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.09 (Tue)

ワールドカップ:スキージャンプ!

2月6日(土)7日(日)の2日間、ドイツのWillingen(ヴィリンゲン)で行われた
スキージャンプのワールドカップを観戦してきました!

車で3時間という近場のスキー場にあるジャンプ台で行われたのですが、
ポチの会社のY夫妻とお泊りで気合の入る応援をしてきました。

10281.jpg
天気が悪くてガスが出てしまいましたが、大勢の観客で盛り上がっていました。

既に、ビールを飲んで大騒ぎをしている人たちも。
スキージャンプというお祭りを楽しんでいるみたい(笑)

スキージャンプといえば、高いジャンプ台から飛び降りて?飛距離を競う競技として知られていますが、
皆さん、スキージャンプについて詳しく知っていますか?

私も詳しいことは知りませんでした。

約8年ぐらい前に、長野県白馬で行われたワールドカップ・スキージャンプを初めて見に行きました。
その時は、全く知識も無く、オリンピックで活躍した「船木選手」「原田選手」「葛西選手」「岡部選手」を
見に行った感じで・・・(汗)

そして今回、ポチがジャンプについていろいろ調べました。(←他力本願 笑)


まずは、「スキージャンプとはなんぞや」という事から説明いたします。

スキージャンプには、「ノーマルヒル」(K点90m)「ラージヒル」(K点120m)「フライングヒル」(K点180mを越える)の3つの種目に分かれています。

今回の種目は、「ラージヒル

よくジャンプ競技の中継を聞いていると「K点」とか言っていますが、K点って何??
 ジャンプ台の建設基準点のことを指し、ドイツ語の「Konstruktionspunkt」の意味を持つK点。
 ジャンプ台の設計上の着地地点付近に赤い線で印が付けられているところです。

このK点を飛距離の基準として、飛距離点は着地地点とK点位置のプラスマイナスで計算されるそうです。

採点方法ですが、飛距離点だけではなく「空中での姿勢」「着地した時の姿勢の美しさ」も重要。
いくら遠くに飛んだとしても、着地した時にバランスを崩しては高得点に繋がりません。

屋外競技の為、天候や風向きにも大きく左右され、飛び出し後の風向風速にも大きく影響してきます。
また、自分の前の選手の飛距離が伸び、高得点を得ると、精神的プレッシャーにも左右され、
失敗ジャンプをしてしまう恐れもありかなり精神的にデリケートな競技とも言えます
なので、団体戦などでは1人の失敗ジャンプで順位が下がってしまう恐れもあり
選手にとってはかなりのプレッシャーになるのです。

選手達がジャンプ台に着き、イスのような物に座ってから助走路を滑り、踏み切り地点で踏み込んでテイクオフ。
その際、スタート地点でイスのようなものを動かしたりしていますが、これは選手とコーチがその時の
風向きや前の選手の滑走スピードなどの状態を見て滑走開始地点を決まることができるのです。

高い所から滑り出せば「遠くに飛ぶ」のですが、スピードが出過ぎると踏み切りタイミングが難しくなって
失敗ジャンプになったり、反対に遠くに飛びすぎると着地地点の傾斜が緩くなって着地が不安定になり
危険を伴うので開始地点を調整しているそうです。
まだ経験の浅い選手などは、踏み切りタイミングを確実に合わせられるように低い地点から開始したり・・・など。

そんなことを踏まえ、これから行われる「冬季オリンピック」を観戦してみてください♪
JOCのバンクーバーオリンピックのHP

話が脱線してしまいましたが、ここからはWillingenで行われたスキージャンプのお話です。

6日(土)は、個人戦がありました。

日本代表・・・

10282.jpg
吉岡和也選手

10283.jpg
ガスの中を飛ぶ吉岡選手!

この日は、ちょっと観戦した位置も悪かったので、あまり写真も撮れませんでした。
他に出場した、渡瀬雄太選手・東輝選手・湯本史寿選手の写真もあるのですが・・・
ちょっとブレてしまったので。

10284.jpg
地元、ドイツの酔っ払いサポーターで埋め尽くされたスタンド。

でも、その中に・・・
10285.jpg
日本の国旗も!!!

っと、よーーく見たら日本人じゃない(笑)
私たち以外に日本人は居ない感じでした。

10286.jpg
個人戦での上位3位の選手達。

1位 オーストリア:Schlierenzauer Gregor選手
2位 ノルウェー :Jacobsen Anders選手
3位 ドイツ:Neumayer Michael選手

でした。

個人戦の結果

さて、私たちはWillingenの街中のホテルが取れなく、35Kmほど離れたところのホテルを予約しました。
そのホテルが・・・なんと!!!

オランダ人が経営する、オランダ人の為のホテルだった!!

ホテルというより、保養所って感じでした(汗)

いやービックリしましたよ。ドイツ語より英語の方が通じるし(笑)
しかも、お客もオランダ人ばかり。

ドイツに居ながらオランダの雰囲気を感じてしまった(汗)

それにね、遅い時間にチェックインしたのですが、夕食も予約していないのに
快く用意して頂き、ちゃんとした暖かい料理を提供してくれたのですが・・・

ドイツ人もびっくりな大盛り料理。

いやー、美味しいんですけど、これドイツ人も全部食べることできないんじゃない?という量。
日本人ですので、少量でいいんですよ。
残すことに抵抗がありましたが、いくら男2人居たとしても、食べることはできませんでした・・・。

翌朝の朝食でもビックリなことが・・・
食卓においてあった「食卓塩」の瓶に「砂糖」が入っていた。
みんなで、「オランダの塩は甘いなぁ~」と言いつつ笑ったけど、
入れ間違い??言おうか、言うまいか・・・言わなかった!
次の人、ごめん!!

あと、欠点としては・・・「シャワーのお湯が出なかった」ことかな。
私は、かろうじて人肌程度に出る水で「修行状態でシャワー」を浴びましたが、
ポチは断念しました。(←ちょこっと浴びてギブアップ)

お湯さえちゃんと出れば良いホテルだったのになぁ~。

そんな不思議ホテルをあとにし、再び、2日目の団体戦を見にジャンプ競技上へ!!!

10287.jpg
お名前は判りませんが、良い写真が撮れました!!

この日は、早めに会場に向かい(2時間前)、着地地点真横の席を陣取りました。

10288.jpg
真横に見える着地する選手。

こんなに板がしなっているんだぁ~!!!

10289.jpg
競技の合間にあった「ホルン」の演奏。

102810.jpg
ちょっとスイス気分を味わいました(笑)

そして、出場した国の国旗を持って、ジャンプ台の中央付近から滑走するインストラクターの人たち。

102811.jpg
日本の国旗も♪

102812.jpg
ワールドカップだけあって、盛り上がり、そしてお祭り騒ぎの会場。

この時、選手達はイベントどころじゃないんだろうなぁ~。

102813.jpg
会場の大画面で紹介された日本選手たち。

渡瀬雄太選手・東輝選手・湯本史寿選手・吉岡和也選手。

ポチは、「日本人選手の写真を撮るんだ!」と張り切っていましたが
空から飛んでくる、動く被写体をズームで横から撮るので難しいらしいです。

102814.jpg
一番キレイに撮れた東選手の写真。

躍動感があってなかなか良い感じでしょ♪

で、1つ!

飛んだ距離ってどんな感じに測定しているの??と思いますよね。

この進歩した技術の世の中なので、てっきり着地する斜面にセンサーが付いていて
それで計測していると思っていたんですよ。

でもね、長野県白馬で行われたワールドカップを見に行った時に初めて知ったのですが
こんな感じで計測しているんです。

102815.jpg
「ここ!ここ!」と距離を示す係員。

そう、斜面の脇に大勢の係員が立っていて、着地した地点を目視。
その距離のプレートを指しているんですよ。

更に、係員が片手を挙げているポーズは、0.5mの意味を表します。

と、いうことで・・・

東選手の飛距離は、「133.50m」となります。

面白いでしょ!!

これで、冬季オリンピック、スキージャンプも面白く見ることができますね♪

団体競技では、日本チームは6位でした。

団体戦の結果

さて、私たちはオリンピック代表の葛西選手や伊東大貴選手も出場すると思ったのですが、
さすがにオリンピックの1週間前だから来ないよね。

ちょっと残念だったけど、オリンピックに専念して良い結果が出ることを
ドイツから応援しております♪

でもね、もちろん今回出場した選手を見れたことも嬉しかったのですが
一番、私たちが盛り上がった瞬間は・・・


102816.jpg
はらだ~~~!!思わず叫んでしまいました!!

今、雪印のコーチをされているんですね。

ヨーロッパでは、選手時代の豪快なジャンプとあの笑顔とキャラクターで愛されていたので、
今でも人気があるらしく、選手が滑走する前の映像で他国のコーチは写されないのに
原田コーチだけは何回も映し出されていました。

やっぱり今でも人気があるんですね♪

コーチとして、解説者として、いつまでも活躍して欲しいです!!

00:35  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.05 (Fri)

久々マーレン

今日は、ストだから家に居た・・・というか、元々用事が無かったので
家でゆっくり、久しぶりにマーレンをやりました。

10241.jpg

木で出来た丸箱。

湿気に弱い薄い木の素材なので、もっと早く仕上げたかったのですが・・・

蓋の部分は半年前に描いたのですが、本体部分は柄が決まらず&気分も乗らず。

半年も放置してしまいました~(汗)

半年も放置してしまったので・・・蓋に使った絵の具がどれだか忘れた(大汗)
絵の具と照らし合わせながら、「これだったけ?」とテキトーに塗ったら、
一部間違えたよう・・・。まっいっかぁ。


今日、なんとなくマーレン気分になったので一気に仕上げたけど、
ちょっと雑というか、大雑把だったような。

ニスも塗ったし。


とりあえず、ニスのニオイが取れるまで放置して
毛糸を入れる箱にしようと思っています。


しばらく・・・また放置の箱。


00:05  |  趣味(マーレン)  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.04 (Thu)

2月4日はスト

明日、2月4日(木)はストライキ。

私じゃないですよ(笑)

U-Bahn(地下鉄)・Strassenbahn(路面電車)・Bus(バス)がストライキをするそうです。

たまたま知り合いのドイツ人と電車の中で会い、教えてもらいました。
そういえば、電光掲示板に書いてあったっけ。


年に2回ほどストライキをしていますが、そんなに労働者の賃金が良くないのか??
それとも、労働条件が良くないのか???

その前に年2回、毎年ストライキをして、そして運賃も値上げしているのってどうなのよ!!
っと、利用者としては納得行かないが、ドイツ人はどうおもっているのかなぁ~。

私が来たばかりの時は、1回券1.70ユーロだったのに、今じゃ2.30ユーロまで値上げしているし。


でもね、一番の不思議なことは、平日にストをして利用者に迷惑をかけるって思わないのかなぁ~っという事。

会社に行く人とかどうするんだろう・・・。

学校に通う子供はどうするんだろう???

一部、バスも運行している路線もあるとは言え、かなり不便だろうなぁ~。


一昨年、私もストとは知らずにマーレンの教室に行こうとして
雨の中歩いたことがありました。



ということで、明日は家に引きこもろうかと思っています(笑)


00:51  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.02 (Tue)

キャリーバッグ

ネットでニュースを読んでいたらこのような記事がありました。

「キャリーバッグで事故 便利に潜む危険」

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20091202_1.html 詳しくはこちらの記事を。


人事ではないなぁ~と思いながら読みました。

日常では、キャリーバッグを使うことはありませんが、
日本への一時帰国や旅行などで活躍するキャリーバッグ&スーツケース。

スーツケースに関しては、日本への一時帰国の際は、空港⇔実家は宅急便を利用するので
基本的に持ち歩かない。
旅行の時は、ポチが持つ。←私のポーター(笑)
なので、私は小さなキャリーバッグを引くことが多いのです。

小さいサイズだし、持ち運びも便利♪なのですが、
このニュースを読んで思ったこと。

そういえば、自分じゃなく他の人のキャリーバッグって足元にぶつかるし
(たまに、ひかれる事も・・・)
電車の乗り降りの時に邪魔だな~って思うことも。

そういう自分は、後ろの人のことまであまり気を使って歩いていないかも。

など、反省することも多々ありますが、
特に人ごみや電車やエスカレーターを利用する時に、周りの人へ注意しないと!!
と思いました。

去年のポチのイトコの結婚式の際に、東京駅で突然私のキャリーバックの持ち手が壊れて
コケそうになったなぁ~と思い出し・・・

更に!

去年の一時帰国のときに成田空港のエスカレーターが突然止まり、
大きな荷物を持った人がバランスを崩してので、
それをかばおうとして、エスカレーターの角に足をぶつけたなぁ~と
なんだか痛い事を思い出してしまいました。


あと、思ったこと。


日本ってキャリーバッグを持って歩いている人がやたらと多いなぁ~と
一時帰国をするたびに思ったけど、もしかして・・・

「キャリーバッグ・ブーム」なの?かな??



17:58  |  日記  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.01 (Mon)

週末は

皆さん、お元気ですか?

ここドイツは、大寒波が年末から続いており、今日も雪です!

10211.jpg
1月も雪が降ったり、やっと解けたと思うとまた降ったり・・・の繰り返しでした。

ここ西ドイツはあまり雪が降らない地域なのですが、先シーズンもマイナス10度を記録して
「大寒波!」と言っていましたが、今年もなんだかんだ言って「大寒波?」らしいです。

東ドイツや南ドイツでは、交通機関も麻痺して、食料などの流通もストップしたりで
暮らしにもかなり影響が出ているそうです。

ここのスーパーも品薄を感じつつも生活に支障も出ていないのでいいのですが。

来週あたり更に寒くなるという予想ということ。どうなるんだ??


さて、週末ですが友人達に会いに行って来ました!
事前に「行くよ~」と伝えればよかったのですが・・・
ポチが前日まで出張だったので、行けるかどうかも判らず。
びっくり大作戦を決行しました(笑)

ポチのクライミング仲間でもある3人なのですが、
この3人の同じ趣味「クラシックギター」の発表会に行って来ました。

何回かkumaちゃんのギター演奏を聴いたことがあるし、
一緒にクラリネットとのアンサンブルもしたりと
ちょっとだけ馴染みがあるクラシックギターなのですが、
作曲者や曲の説明などもあり参考になりました。

日頃の練習の成果の発表の場。皆さん、緊張した面持ちで・・・
私にも緊張が伝わってきました。

kumaちゃん、Atsさん、やすさん、楽しいひとときありがとうございました♪

10212.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日

恒例の「ボートメッセ 2010」に行って来ました!!!

10213.jpg
日曜日の様子。夜に雪が降って真っ白。そして、歩道はアイスバーン・・・・。

あまり人も歩いていなかった・・・。

10214.jpg
なので!最終日でもあるボートメッセも、少しは人が少ないかなぁ~と期待したのですが・・・。


10215.jpg
大勢の人で賑わっていました!

このちっこい乗り物っぽい物はなんだろう???と思ってみていたら!

10216.jpg
水中でも自由自在に、イルカのように泳げるマシーン!(って、なんて名前なんでしょう・・・???)

北にしか海に接していないドイツ人にとって、マリンスポーツは憧れ。

10217.jpg
会場内にあった、カヌー競技。(サッカーみたくボールをゴールして遊ぶ競技)←なんて名前?

海や川の遊び全般の道具を展示してあります。

客船・ボート・ヨット・カヌー・ウィンドサーフィン・サーフィン・スキューバーダイビング・釣・・・

展示してあるだけではなく、販売もしています。


10218.jpg
こちらはレジャーボート。もちろん、買うことも出来ます。

買わないけど(笑)

10219.jpg
ボートハウスも売っていました!!

ドイツではあまり見かけないけど、オランダに行くと見かけるボートハウス。

私たちは、多くの船と多くの人で・・・疲れ果てました(笑)

山ヤの私たちには縁遠い世界で、想像しても判らない世界なんですが。

「なら、行かなきゃいいじゃん!」と突っ込まれそうですが(笑)

乗り物好きのポチの熱い要望でもあり、「オレは山ヤだ、海には興味ねぇー」と言いつつも
毎年ボートメッセには行きたいようです(笑)

そんな縁遠い海の世界で、更に別世界のブースへ突入!!!

102110.jpg
高級リゾート船ばかりが展示してあるブース。

ここに来ると客層が一気に変ります。
ケバブとビールを飲んでくつろいでいる人なんていません!

レストランで陶器のお皿でお食事をして、シャンパン(ゼクト?)を飲んで談笑する
スーツやドレスでオシャレをしているセレブたちのみが許させるブースなのである。


102111.jpg
毎年のことですが・・・・こんな感じです(笑)

上から「うわ~、あそこに居る人、真剣に見てるけど買うのかなぁ~」と言いつつ
「こんな人たちとお友達になって、一度でいいから乗せてもらえたら・・・」と
ありえない現実を夢見る私たち(笑)

ちなみに、そこそこの大きさの船なら1億円ぐらいで買えるみたいです。豪華リゾート船。

102112.jpg
これが一番大きな船でした。一体いくらなんだぁ・・・。

ライン川を旅して来た船は、ライン川に一番近いこのブールに陸揚げされ
綺麗に磨き上げられて展示されるのです。

今週ぐらいにこの船たちは、再びライン川を下って?帰るんだろうなぁ~。

見れたらラッキー!
19:46  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。