All archives    Admin

02月≪ 2009年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.31 (Tue)

3/25・・・DUSでお買い物。

3/25(雨&曇り・・・時々晴れ)

この日の天気は、ドイツらしいお天気でした。

朝、雨模様。

今日は、最終日で、Y太くんにとって待ちに待ったSIKUを買う日。

前日のリューデスハイムからの帰り道にスジ雲を見たY太くん。
「明日は、雨だね~」っと。
気象予報士のような一言(笑)

ツバメが低く飛んでも雨。っと、どこからそんな話を教えてもらったんだろうっという
大人顔負けの博学。

そんなY太くんの予報が当たり。

お店の開店と、雨が小ぶりになったのを見計らって買い物に出掛けました。

この日は、ポチは出勤。

なので、私とNちゃんの女性軍。

Y太くんとお父さんの男性軍に分かれて買い物に。

男性軍はSIKUを見に、女性軍はいろいろお土産を。

そんな買い物もあっという間に時間が過ぎ、夕方に。
時間が経つのは早いねぇ。

っと、ここで思った事。

肝心な私達が住む街の観光スポットを案内していないじゃん!!

駆け足気味に案内。

ごめんね・・・。

ここで、恒例になった今日のY太くんの一言。

ライン川って広いね~!!海みたいだねぇ~!!
こんなに広いんだから、海にしちゃえばいいのにぃー。ライン海」


いやー。

ライン川って確かに広いけど、海にはできないんだよ~。

すると・・・

なんでぇー??←なんで攻撃。(笑)

みなさん。

みなさんなら、なんと答えますか??

お子さんが居る方は経験していると思いますが、
専門的に詳しく話をしても理解できません。
かといって、いい加減に答えても・・・。

難しいです。


ちなみに、考えた挙句、私の答えは・・・

  「Y太は海に行ったことある?海ってね、しょっぱいんだよ」

「海には行ったことあるけど、泳いだことないから、しょっぱいか判らない」

  「そっかぁ、じゃあ今度海に行ったら、しょっぱいか試してみな。
   飲むんじゃなくて、ペロってね。
   海は、しょっぱいけど、川はしょっぱくないの。
   ライン川もしょっぱくないから川。海じゃないんだよ」

「なんで、海はしょっぱいの??」

  「う~~~ん・・・・。←考えて・考えて・・・。

   むかーし、昔。大きな船が、いっぱいの塩を運んでいたんだけど
   嵐が来て、その船が沈んじゃったんだよ。
   乗せていた塩がぜーんぶ溶けてしまったから、海がしょっぱくなっちゃったんだよ。

   川はね、山で降った雪が溶けて水になって流れて川になるんだよ。
   ノイシュヴァンシュタイン城で見た雪も溶けて、小さい川になっていたでしょ。
   その川に、雨の水も一緒に流れてね。だから、川はしょっぱくないの」


良い回答ができなかった。

で、ナゼ?海ってしょっぱいの??


ちなみに、某携帯電話のCMの

  「池と沼の違いって何?」の答えに

  「河童がいるか、いないか」と答えるCMが好きだ。

  こんなユーモラス溢れる家族だったら、面白いんだろうなぁ~。




スポンサーサイト
02:46  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.30 (Mon)

3/24・・・ローテンブルグ&おまけ

3/24(雪&曇り)

ローテンブルグの夜は、激しい風で一晩荒れ模様だった。
朝起きて、外を見ると・・・

白い。

アレ?雪降ったんだ!!

TVを見ると、南ドイツは雪。
荒れ模様で、前日まで居たフッセン(ノイシュヴァンシュタイン城)は雪。

空から降ってくる雪を見たことがないY太くん、残念だったけど、
このローテンブルグのうっすら積もった雪は、出来立てホヤホヤだよ。

そんな寒い1日のスタートでしたが、
093241.jpg
街を取り囲む城壁の上を歩きました!!

何箇所か階段で登れるところがあります。

093242.jpg
ガルゲン門。

093243.jpg
街を1周回れると思いましたが、途中途切れているところもありました。

093244.jpg
ここから見る、街はおもちゃ箱の中の小さな街という感じです。

093245.jpg
落書き。

このブログに乗せようか迷いましたが、「やっていはいけないこと」なので
あえて載せます。個人名が書かれていたので伏せました。

以前、世界遺産の教会に落書きした観光客のことがニュースになっていました。
ここでも、ありました。
軽い気持ちで書いているかも知れませんが・・・残念です。

ちなみに・・・
チェコのプラハでは、落書きをした人が捕まったら、
1日オレンジ色の作業服を着て街の清掃をしなくてはならない刑が科せられます。
そんな話をしたら、しっかりY太くん聞いておりまして(笑)

「あー!あの人も落書きした人?」っと指をさした。

「あの人はね、工事の人だよ。ここはドイツだから違うんだよ」っと言っても

オレンジ色の服=落書きした人 っというのを植えつけてしまった・・・。


街を散策していると・・・
093246.jpg
雪のテーブルクロス。ズレ落ちそう!!(笑)

さて、いろいろとスポットはありますが、この寒さなので、
早速、前日のお店へレッツゴー!

093247.jpg
Kaethe Wohlfart(ケーテ・ヴォールファールト)の前の巨大くるみ割り人形。

迷いましたね。

買っちゃいましたよ。

みんな欲しいものがいっぱいありましたが、
それぞれが納得いく買い物になりました。

おとぎの国のようなローテンブルグ。
街のいたるところに、可愛い看板も。

気に入った看板をご紹介♪
093248.jpg


093249.jpg


0932410.jpg

0932411.jpg


さて、ローテンブルグ観光を終え、私達の家に帰宅します。

その前に!!

お約束の。

0932412.jpg
リューデスハイムに寄りました。(寄り道にしては、ちょっと遠いけど 笑)

そして、お約束の・・・

0932413.jpg
ドイツワインの試飲もしてきました♪

ドイツワインの格付けや、白い甘いと言われている日本でのドイツワインのイメージと
違った辛口ワインも堪能。
そして、赤ワインも。

もちろん、ワインをご購入♪
閉店時間を過ぎてスミマセンでした。

日本人が経営しているこのお店。
接客もいつも快く、わかりやすい説明でオススメです。

運転手のポチ以外は、ほろ酔い気分で、帰宅しました(笑)


<今日のY太くん>

今日は、初めて空から降ってきた雪を見たね。

ローテンブルグの観光中に、チラチラっと雪が降ってきました。

大人の私達も「うわー雪だぁ~♪」っと、中世の町並みを見ながら興奮。

きっと、人生で初めての空からの雪を見たY太くんにとっては、
一生の思い出になること間違いなし!

しばらくすると、雪もやみ・・・。

「Y太ね、もっと見たいなぁ~。空から落ちてくる雪。
 もっと雪降ってぇーー!!!」っとお願いしていた。

かわいい♪

そんな純粋な心に癒されました。


18:57  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.29 (Sun)

3/23・・・ノイシュヴァンシュタイン城&ローテンブルグ

3/23(晴れ)

車の旅行、3日目。

今日は、メインのノイシュヴァンシュタイン城の見学だ。

私達がドイツ赴任した3年前の6月。
来たばかりなのに3連休があり、「どうしよう・・・どこか旅行に行こうか!」と
急遽決めた場所。そう、ドイツ定番の観光スポットだ。

あれから、3年。

3年の間に4回目。

それだけ、好きな場所。

ノイシュヴァンシュタイン城は、事前にインターネットで入場券を予約しました。

ノイシュヴァンシュタイン城のHP
(ドイツ語・英語・フランス語・イタリア語・スペイン語のみ)

チケットセンターのHP(ドイツ語・英語)

もちろん、当日、ホーエンジュヴァンガウ城下の馬車乗り場近くのチケットセンターでも
購入できますが、ガイドツアーのみの見学の為に、希望時間に見学できるかは??です。

そして、日本語ツアーもあるので、希望される方は事前に予約してくださいね!!
ちなみに、日本からのツアーの方と一緒に見学することになるので、
朝10時ぐらいからの見学になります。

大人9ユーロ。予約手数料 1.80ユーロ。

インターネットで予約したチケットは、当日チケットセンターに寄り、
指定された時間&番号が書かれたチケットと引き換えになります。
(インターネットで予約した際は、必ず予約確認フォームを印刷して持参してください。)

チケットセンターは、4~9月は朝8時~。10~3月は9時からです。

私達は、10:20~の見学。
チケットセンター9時オープンと共に、チケットを交換して、バスを使って山を上がります。

バス:片道 大人1.8ユーロ。(値上がりしたなぁ・・・)

バスでお城近くまで上がりますが、お城に行く前にここに立ち寄りました。

マリエン橋。

093231.jpg
マリエン橋から見たノイシュヴァンシュタイン城。

12月に下見に来た時より、雪が少なかったけど、
この雪景色を見ることができてよかった♪

っと、Y太くん。

この素晴らしい風景より・・・

雪合戦がしたかったようです(笑)

093232.jpg
マリエン橋の上で記念撮影。

わたくし、高所恐怖症ですので、この橋の真ん中に立つなんて、ありえないこと。

なんですが!!
今回、Y太くんに「ぽこちゃん。一緒に行こうよ~」っと言われるのが目に見えて判ったので、
意を決して、橋の真ん中まで行きました。
いやー、すばらしいね。(←棒読み)

景色を堪能して、お城の入場口へ移動。

その間の道中、Y太くんのストレス発散のために、歩きながらの雪合戦。
(歩きながら、というのは不満だったみたい・・・汗)

そして、時間になり、自分達の番号になったら入場しました。
各部屋ごとに、日本語のガイダンスが流れ、流れ作業状態で見学。
(英語ガイダンスの方が、詳しい説明があります。)

無事、見学も終わり、案内通り歩いていくと・・・・

ショップがある。

ようこそ!!さぁさぁー、皆さん!お買い物してくださいよ~♪っと言わんばかりの
ショップだ。(笑)

誘惑ゾーンを経て、外に出る。

帰りは、馬車を利用しました。大人片道3ユーロ。(こちらも、値上げしたなぁ~)

093234.jpg
食事中のお馬さん。

ゆっくりとしたペースで歩く馬車。
Y太くんは、一番前の特等席で馬の背を見ながら、どんなことを思ったのだろう。


さて、ノイシュヴァンシュタイン城の見学を経て・・・

次に向かったのは

093235.jpg
ヴィース教会。(世界遺産)

ヨーロッパで最も美しいロココ様式の教会の一つ。

ここでは、写真撮影禁止のはずなんですが・・・(案内板に書いてあるはず)
後から来た日本からの団体ツアーの皆さん、写真撮りまくり(汗)
しかも、ガイドさん、「フラッシュ無しならOKです」っと言っているし。
っと、言われても、フラッシュバリバリで撮影。

そうやって、マナーが悪い観光ツアーと言われてしまうのだろう。

ノイシュヴァンシュタイン城も、写真撮影禁止です。

教会の外にあるお店に、日本語の小さなガイドブックが売られているので
それを購入し記念にした方がいいと思います。(寄付も兼ねて)

お昼過ぎ。

再び、車での移動。

093236.jpg
16時。ローテンブルグに到着。

途中から、風が強くなり、ローテンブルグに着いてホテルにチェックインした後、
少し小雨も降った。

でも、傘無しでOKな雨だし・・・っと思い、夕食前の街中の観光へ。

ローテンブルグは、城壁に囲まれた小さな街を中心とした
中世のおとぎの世界を感じさせる街だ。

ここへは、初めて来た。

一度来てみたい!!っと思っていた街。

093237.jpg
夕方になってしまったので、観光らしい観光はできませんでしたが、
お約束の「Kaethe Wohlfart(ケーテ・ヴォールファールト)」へ。
クリスマス用品やパイプ人形などの、ドイツ定番のお土産が買える
大人でも興奮してします誘惑ゾーンだ(笑)

Y太くん。もう、興奮。

欲しいものいっぱいあるよね。

でもね、繊細な飾りや置物がいっぱいあるから、はしゃいで走ったり、
さわったりしないでね。っと、言われながらだったので、だんだんブルーに。

お店の閉店時間まで悩み・・・悩み・・・
明日へ持ち越し。(我が家も 笑)

そして、迷いに迷って選んだレストランで夕食を食べ、
ホテルへ。

夜は、大人の時間。

ベルギー・ブリュッセルで寄った、高級食材店「Rob」で購入した
おふらんすワイン2本、飲み干しました。



<今日のY太くん>

この旅行で一番楽しみにしていたのは、SIKUを買うこと。

飛行機に乗るのが怖い!!っと言って、初めは乗り気じゃなかったY太くんでしたが、
お父さんと「SIKUを10個買うこと」という約束をして
楽しみなY太くん。

でもね、SIKUを10個買うと言っても、小さいのを10個。
お値段は可愛くない大きなSIKUを10個買うとは、お父さんは言っていない。(笑)
10個は10個だけど、予算というものもあるのだよ。

6歳にしてお金の計算は難しいけど、欲しいものを欲しいだけ買うっというのは
自分で稼いでからにしようね。

SIKUを取るか、ここで欲しいものを買うかの「決断」も経験したね。

今は、まだ判らないかも知れ無いけど、
この海外旅行を実行してくれたお父さん・お母さんに感謝しないとね。

旅行前、卒園式とかあって忙しかったお母さん。
そして、連休を取るために、仕事を頑張ったお父さん。

家族の思い出を作るために頑張った両親のことを理解できるのは
ちょっと先になるかも知れないけど。


っと、旅行中、いろんな物を見て欲しいという誘惑に負けそうになったY太くん。

みなさんも、子供の時に経験したと思います。

「コレ欲しい!!」っとダダをこねたこともあると思います。

私は、あまり覚えていないけど、3人兄弟の末っ子。
しかも、女一人の環境だったので、まあ大抵の欲しい物は買ってもらったと思うけど、
基本は、お小遣いで買っていました。
(ポチ曰く、「きっと甘やかされてきた」っと・・・。

ポチは、お小遣いで欲しい物を買う。なので、欲しい物が高額なら自分で貯金して買う。
旅行などでお土産を買うことは許されなかった。欲しかったら、お小遣いで。
年に2回。クリスマスと誕生日だけは、特別にプレゼントを貰ったそうです。
でも、クリスマスは希望した物は貰えなかった・・・っという。

ポチ曰く、「小さい頃から、お金の計算をして買っていたから、今のオレがある。」っと。

そっ・・・っそっか?

山用品とクライミング道具に対しては、お財布がゆるくなっているような(笑)



皆さんは、いつからお小遣いを貰っていましたか??

今の小学生のお小遣いの相場っていくらなんだろう・・?

携帯も持っているご時世だから、きっといっぱい貰っているんだろうなぁ。

1ヶ月100円ってありえないのかなぁ。

駄菓子屋も減ったし、10円で買えるお菓子もないんだろうな。













23:27  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.28 (Sat)

3/22・・・移動&しぞーか魂

3/22(曇り時々小雨)

この日は、ベルギーを後にし、ルクセンブルグを経由して
ドイツのフッセンへ行く。

この旅の一番の長距離運転。

そして、きっと車中で暇をもてあますだろうY太くん。

ベルギー市内を過ぎ、アウトバーンに乗ってすぐのパーキングで

運転手交代!!

そう、Y家の大黒柱 Tちゃんだ!(お父さん、がんば!!)

左ハンドルに戸惑いを隠せないTちゃん。

後ろでは、NちゃんとY太くんと私が見守る。

そして、横には、教官のぽち。

さあ!練習無しで出発だぁ!!!

093221.jpg
きっ・・・緊張が伝わってきますよ。

ウィンカーとワイパーを間違えるという初歩的なウケも忘れずに(笑)
順調に運転をこなしたTちゃん。

途中、トイレ休憩で寄ったルクセンブルグのパーキングで、
ホッと一息。

そして、Y太くん。

すかさず!!ぬいぐるみをGET!!
トミカとSIKUの次ぐらいかな??ぬいぐるみも好きなY太くん。

ハリネズミのぬいぐるみを買ってもらってご機嫌。

「この子の名前決めた??」

「まだぁ~」

「じゃあさ、ルクセンブルグで買ったから、ルクセンくんってどうかな?」と言うと

「ルクセンくん♪」っと、あっさり命名。いいの?ルクセンくんで。

車に乗ったとたん、「ぽこちゃん、ルクセンくん役やって!動かして!」と。

「ぼく、ルクセン!Y太くんよろしくね♪」と言ったら

「ルクセンくん!!呼び捨てしないで!」っと。ゴメンナサイ・・・・。

長いドライブもコレで少しは暇つぶしになるだろう。

そんなこんなで、ドイツも南に来たら、雪がちらほら残っていた。

それを見たY太くん!

「うわーーーー雪だぁ~~~!!!
そこのP(←パーキングの事)に止めてぇー!!」
っと

大騒ぎ。

そう、これこそ、しぞーか魂だ。

雪が降らない静岡県では、幼稚園や小学校などに、人工で作られた雪がトラックで
園庭に運ばれて雪遊びをするか、近くの遊園地にある人工雪のチビッコゲレンデに行く。

なので、本物の雪を見るのが始めてのY太くん。

「そこのP!Pだよ!!」っと、興奮が冷めない様子なのでパーキングに止めたら
ひとりじゃ雪の上に行けない。(←かわいい)

じゃあ、一緒に行こう!

「う○こ、踏まないでね」っと、慎重に歩く。(←これ、重要らしい)

10分ぐらい遊び、移動。

移動中も、「ここで止めて、こっちの方が雪がある!!」と。

「ここより、もっと雪がある所に行くんだよ。」と言うと

「ホント?雪のおうちできる??雪合戦しようよ~」としぞーか人らしい言葉が出た。

ホテルに行く前に、ある場所の風景を見せるために行った場所。

093222.jpg
ノイシュヴァンシュタイン城をバックにはしゃぐY太くん。

「コレ、ぜ~んぶ空から降ってきた雪だよ」と言うと更に興奮。

「ね~、雪降るかなぁ~」っと、ワクワク状態。

お父さんとひとしきり遊び、ホテルへ移動。

フッセンのホテル。3回目の宿泊。
家族経営の木で出来たペンション風のホテル。
周りは静かだし、山がきれいに見えるから好きだ♪

093223.jpg
ホテル周辺は日当たりが良いのか?雪がまばらだった。

少しご不満なY太くん(汗)

でも、この日、一日車の中だったので、
パワー有り余っていて、お父さんと一緒にこの池の周りで遊んでいたが・・・

「みんな一緒に遊ぼうよ~~!!雪合戦しようよ~~!!
雪のおうち作ろうよ~~!!!」っと。

雪合戦を男3人でやっていたら・・・
「冷たい!!」と怒り出すY太くん。

雪合戦は、冷たいし痛いんだよ。コレも試練だ。がんばれ。

次は、雪のおうちを作るっと張り切るが・・・

雪のおうち作るには、手袋も無いし、作れないよ。

手が冷たいよ・・・。

っと、説明しても納得いかないよね。

「じゃあさ、ぽこちゃんが雪うさぎを作ってあげる!」っと張り切って作って見せたが

093224.jpg
反応薄し

一度溶けて固まった雪をかき集めて、皆で頑張って作った雪のおうち。

093225.jpg
Y太くんは、自分が入れる大きさの雪のおうちが作りたかったらしい。

ピースサインに、不満が出ている(笑)

「じゃあさ、Y太くんが入れる雪のおうちを作りたかったら、
10年後、ポチと一緒に雪山に行こう!!
そうしたら、嫌でも雪のおうち(←雪洞の事)でお泊りできるよ。(←ビバークの事)
その雪のおうちで、ポチさんが作るおいしいご飯を食べて、
ロウソクの火を見ながら、男の話をするんだよ」っと言うと

すこ~し警戒しつつも、興味を持っていた。

よし!

10年後、楽しみにするんだよ。

その前に、ポチの体力があるかが心配だけど・・・(笑)


<今日のY太くん>
ドイツへ旅行に来ているのだから、ドイツ語を覚えてもらおうと
Y太くんに私達が一時帰国のときに、事前に挨拶を教えていた。

グーテン モルゲン  (おはよう)
グーテン ターク    (こんにちは)
グーテン アーベント  (こんばんは)
ダンケシェーン     (ありがとう)
チュース         (バイバイ)

これをちゃんと覚えてきたY太くんに、さらに教えた言葉。

レッカー (おいしい)


実践の時が来た。

泊まったホテルで夕食を食べたのですが(事前予約)
このときに、料理を持ってきてくれるおじさんにちゃんと
ドイツ語で「ありがとう」っていいな。っと言ったら

初めは恥ずかしそうだったけど、

小声で「ダンケイェーン」っと言った。

おじさんも「ビッテシェーン」とニコニコしながら答えてくれた。

Y太くん、嬉しそうでした。

そして、「美味しいってレッカーって言うんだけど、
今度は、レッカーって言ってみな」と教えてみたら・・・

「レッカー」っとちゃんと言えた。

その後、コレはドイツ語でなんて言うの??っと
ペーパーナプキンに、そのドイツ語・カタカナで書いたドイツ語・日本語を書いて見せた。

Y太くん、こうしていろんな事を覚えていくんだね。

私もY太くんのような、柔軟な脳みそがあれば・・・・。ウラヤマシイ。

お父さんに英語を教えてもらって、コレをきっかけにドイツ語にも興味を持ち。
出来たら、フランス語なんてやってもらえば。

将来、私達を招待してくれ。海外旅行。


期待しているよ。(笑)




01:32  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.27 (Fri)

3/21・・・アントワープ&ブリュッセル

3/21(快晴)

今日から、ポチツアー。

ポチの運転で約1800Kmの車の旅だ。

まずは、ここから約2時間のところにあるベルギーのアントワープへ。

車中・・・Y太くんは、標識に夢中。

そう、物心付いた頃からかな?Y太くんは標識好きなのです。
幼稚園に行く前ぐらいにNちゃんの運転で(日本でね)ランチに行く時に
Y太くんは後部座席から、「アレは止まれだよ」とか「黄色は注意」とか
丁寧に指示(笑)
今も標識好きは健在らしく、熱心にドイツ・通過点のオランダ・ベルギーの標識を
スケッチブックに書いていました。

アントワープに到着。多分、ここも10回くらい来ているだろう。
地図無しで歩けるお馴染みの街になった。

093211.jpg
白いハトを見て、「日本と違うね!!」と追い掛け回し中のY太くん。

ハトは同じだと思うんだけどなぁ~(笑)

093212.jpg
ノートルダム大聖堂

お馴染み、あの「アニメ」の舞台になった場所だ。

093214.jpg
お天気が良く、オープンcafeは賑わっていました。

ノートルダム大聖堂の前の広場まで行くと・・・

遠くから太鼓の音が!!

093215.jpg
フラッグによる踊り。

配っているチラシを見たら・・・

「セミニを祝って! この春最初の土曜日に、私達は豊穣の象徴、だた一箇所残存し”ステージ”として知られる市の城門の小さな古びた像、セミニに貢物をささげます。
私達は皆様を、この新生活への門出の土曜日に結婚するカップルとの儀式にご招待申し上げます。午前10時、市庁舎前の広場で新婚カップルを歌と踊りで囲んだ後、午前11時には音楽と歌と共に「ステージ」に花輪を捧げます。」

っと書いてありました。

その催しのパレードらしいです。

異文化体験!!Y家の皆さまにベルギーの伝統的な行儀に触れてもらえてよかった。

093216.jpg
足でクルクル回してのパフォーマンス!!
Y太くんもジーッと見ていました。

093217.jpg
パレードで行進していた犬のぬいぐるみ。
石畳の上を行進するので、犬の首が微妙に動いていて可愛かった!!

093218.jpg
大きなタバコをくわえたオジサン人形も(笑)

私達も初めて見たので、ちょっと興奮。
良いときに来た!!

パレードも終わり、早速大聖堂の中へ。

093219.jpg
あの「アニメ」を先日の夜にY家に見てもらった。(Y太くんは就寝しましたが・・・)
Nちゃんも「見た事あるけど、忘れちゃったなぁ~」っと。

じゃぁ~、思い出してもらいましょう!

っと、あの泣けるシーンを見てもらい、この大聖堂に来ました。

0932110.jpg
そう、フランダースの犬の最終話。
ネロとパトラッシュが最後にここで息を引き取る場所だ。
ルーベンスの絵の前で。
(このブルグでも何回も紹介しているので、ご存知の方は飛ばしてね。)

大聖堂の中でも、Y太くんの試練があった。
ここでも、興奮を抑えきれないのに、「静かに」なので
不満気味(笑)

子供って正直だなぁ~。つまらないとちゃんと態度に出る。

でもね、コレを見るということは、将来の為の宝物になるんだよ。
今がつまらなくても、きっと将来、彼女ができ、結婚して旅行に来る時に、
「ここに6歳の時に来たんだ。」と案内する時が来るだろう。

今はトミカとsikuが一番かも知れないけど(笑)

ランチを終え、ルーベンスの像がある広場に行くと。。。。

0932111.jpg
木靴を履いたオジサンたちがパフォーマンスをやっていました。
剣を持って、リズムを合わせながらクルクル歩き回り、
最後にこの剣がこんな形になった。(上の写真)

コレはY太くんも面白かったみたい。

0932112.jpg
地味に、オジサン&オバサマの踊り(笑)

ドイツも同じだけど、お天気が良いとみんな外に出て日向ぼっこや
いろんなパフォーマンスをして楽しんでいる。
とても和やかなひとときです♪

そして、再び車に乗り、1時間ほど離れたブリュッセルに移動しました。

いつものホテルにチェックイン。

ホテルの脇にある公園を見たY太くんは

「ねーーえ!ねーーえ!公園行こうよ~♪」と催促。

やっぱりどこに行っても公園がいいんだなぁ~。
だって、アントワープでもしきりに「公園に行きたい、広場で遊びたい、
かけっこして遊ぼうよ。リレーがいい!」と言っていたしなぁ。

でもね、ぽこも、ぽちも、リレーなんてしたら、ここで旅行が終わりになるよ。
おじちゃん・おばちゃん・・・・つらいっすよ。

っと、なだめながらも、まだパワーを消費しきれていなY太くんなので・・・
公園に行ったら・・・・

「一緒に遊ぼうよ~」っと。

「じゃあさ、あのベルギーの子供達と一緒に遊んできな。ここで見ているから」と
言っても、

「嫌だー!!言葉わかんないし」っと冷静な答え。

「でもね、ぽこちゃんに言っても、ドイツ語しか判らないから役に立たないよ」と
言ったとたん・・・・手を離した。(笑)面白い!!

そして、英語ができるポチと、お父さんに助け舟を出した。

なんとか、遊具がある所まで来たが、なかなか遊具で遊べない。
0932113.jpg
先頭を切ってはしゃぐ私&その後を登るY太くん。

コレをきっかけに、この遊具で遊ぶようになった。
そして、日本でできなかった遊び(鉄のポールを下り降りること)ができるようになって
ご満悦のY太くん。

まだまだ、遊びたいY太くんでしたが、18時を廻ってしまったので
ブリュッセルの街中へ移動。

さーっと観光ポイントを見て、レストランへ。
行きたかったレストランが満席の為に、同じ系列のホテル内のレストランに入った。

0932114.jpg
夜のグラン・プラス

ライトアップがキレイでした!!

0932115.jpg
お馴染みの小便小僧も(笑)

しっかり水が玉になっている!!!

「Y太くんみたいだね~」と言うと

「一緒に撮って!!」と気に入った様子。

コレはきっと一生の思い出になるだろう。

0932116.jpg
コレを見るたびに。(Y家、一つご購入♪)

ちなみに、コレを見るたびに買うか、買わないか迷う私達(笑
きっと、日本に帰るまでに購入するだろう。


<今日のY太くん>
3泊4日の車の旅の為に、Y家は中位のスーツケースに荷物を詰めて移動。
そのスーツケースを持って移動しているお父さんを真似したく、
Y太くんはしきりに「Y太が持つの!!」とスーツケースを持ちたがっていた。
でも、Y太くんの体の大きさじゃ大きすぎるスーツケースなので、
前に上手く進まないし、危ない。
でも、お父さんと同じ事をしたい。

そんな時、エレベーターの乗り降りが上手くできなくて怒っている。

それは無理だよ。

でも、自分ができないということを受け入れたくないY太くん。

大人と同じ事をしたい。

自分にもできるんだ。

っと、この時期の子供は皆、そう思っているだろう。

でもね、できないことも受け入れないといけないんだよ。
できないからって、お父さんやお母さん、そして物に八つ当たりはダメ。

それを乗り越えれば、自分ができることが何かを判ってくるはず。

それが大人への階段。

レストランでも、自分のお皿にも同じ量じゃないと納得いかない。
というのも同じこと。

今は、お父さんが目標かも知れない。

それは、すごく良いこと。

でも、きっとあっという間に追い越しちゃうよ。

今は、いろんな世界を見て、いろいろ体験してほしい。


っと、親心なぽこでした。




20:40  |  旅行記(ベルギー)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.27 (Fri)

3/20・・・アーヘン&ケルン

3/20(晴れ)

19日の19時ごろに我が家に着いたY家。
長時間のフライトで、ヘトヘトなのに、ポチの歓迎スタイル
ビール・ワインでの乾杯」&ドイツ料理でお迎えし、
今回の旅の話やいろんな話で盛り上がりました。

ニュルンベルガーソーセージ・白ソーセージ・グラッシュ(チェコ料理だけど・・・)
シュパーゲル(白アスパラ)のハム巻きなど。


翌日・・・・


ポチは、「デジイチを持っていって撮影して来てね」と一言残し会社へ。

重いんだよね・・・デジイチ


私の案内で、ドイツ鉄道(DB)を利用して
ベルギーとの国境沿いの街「アーヘン(Aachen)」と
Domで有名な「ケルン(Koeln)」に向かいました。
ポコツアーへようこそ。

さて、最寄り駅からU-Bahnに乗り、中央駅まで移動。
中央駅から、あらかじめ調べた時刻の電車に乗り
アーヘンへ。

アーヘンへは、これで3回目。

093202.jpg
Dom大聖堂。(世界遺産)

カール大帝が礼拝堂として9世紀初頭に建てられたものです。

抜けるような青空でしたが、少々寒い日でした。

093203.jpg
興奮するお父さんと、興味なさげなY太くん(笑)

093204.jpg
何回来ても、モザイクの絵とステンドグラスに惹かれてしまう。

教会の中では静かにね・・・っと、何度も言われたY太くん。

「つまんなぁ~い」と一言の後・・・

093205.jpg
絵を描く。

お~!!感動してこの大聖堂を絵にしているんだね!!っと思い見ると・・・

それは・・・

日本の街の絵でした(笑)

6歳の子供にとって、「大声を出しちゃだめ」「走るな」「さわるな」と言われれば、
それは「つまらない場所」になってしまうだろう。

有り余ったパワーを発散する場所では無い。

ランチを済ませ、再び電車(DB)を利用して、ケルンへ移動。

093206.jpg
ケルンの大聖堂(世界遺産)で、記念撮影を拒否するY太くん(笑)

1日で2つの世界遺産を見ることができるドイツは、素晴らしい!!
っと、お思いになるでしょ?

でもね、ドイツ人はあまり世界遺産って興味ないみたいです。
知り合いのドイツ人は、「世界遺産」ということすら興味なかった。
なので、近いケルンの大聖堂が世界遺産だということも、
フランスのモン・サンミッシェルが世界遺産だっていうことも、
まったく興味なし!!

093207.jpg
多くの観光客で賑わう大聖堂ですが、凛とした空気とこの迫力ある彫刻と
日差しによって色とりどりに光るステンドグラス。

何回来ても感動します。

多分、10回近く来ています・・・(汗)

093208.jpg
前回、工事中だったステンドグラス。

望遠レンズで撮影しました。

ここでも、「マナー警察が見ているよ」(説明は昨日の日記で)と言われながら見学中のY太くん。
そろそろ限界だよね。。。

それじゃ!!南塔へ登る階段を登って、素晴らしいケルンの風景を見てごらん。

093209.jpg
右側の三角の塔が南塔。

っと、予想外の「ぽこちゃんも一緒じゃなきゃヤダァー!!」の催促。

「いやー、ぽこちゃん、前にね、登ったし、階段登って貧血になっちゃったんだよ。
だから、もう登らなくていいんだよ。」っと、逃げたが・・・

「一緒に行こうよぉ~」っと最後の最後まで言われ。

さりげなく逃げた(笑)

約20分後、元気いっぱいに戻ってきたY太くん。

お父さんとお母さん曰く、「きれいだったよ~。でも1回でいいね(笑)」と。

補足:階段を登っている最中「貧血って何?」と聞かれたそうです(笑)
    そりゃ、知らないよね。


そして、ポチと合流し、ポチの仕事場をちょこっと見学。
初めて仕事場の場所を知った妻(笑

夕食は、スペイン旅行でマスターしたマシシユルーム「Hola!madrid食事編」よりを作り、
シュパーゲルを気に入ったY太くんリクエストで用意しました。

Y太くんは、マシシユルームも物凄く気に入ってくれました♪良かった。

階段と初のドイツ鉄道&観光などなどで、少々興奮気味のY太くんでしたが、

我が家のプーさんと一緒にスファーでスヤスヤ寝てしまいました。

かわいいなぁ~。

<今日のY太くん>

DBの検札に来たオバちゃんを本当に「マナー警察」だと思ってかたまっていました。
そして、アーヘンの駅に居た迷彩柄の制服を着た警備員?もマナー警察と思い、
恐々横を歩いていました。

意外とマナー警察って使えそうです。











01:15  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.26 (Thu)

1週間日記

しばらく日記をUPしていなく、そしてコメントのお返事ができなくてすみませんでした。

実は・・・

日本から友人家族が遊びに来ていて、
ドイツ・ベルギーの欲張りツアー」をしておりました。

友人Y家は、奥さんのNちゃんは私の同級生で、小・中・高と同じ学校に進み、
大学は別々になったけど、就職しても、結婚しても仲良くしている親友。

そのNちゃんの旦那様と6歳の男の子Y太くんと一緒に
ドイツに遊びに来てくれました♪

Y太くんが小学校に進学するのを機に
「世界を知ってもらおう!!」と親の願い。

1日目(3/20)は、私の案内でドイツ鉄道を利用してAachen(アーヘン)とKoeln(ケルン)に。

2日目~5日目までの4日間は、ポチの運転でみんなで旅行。
(3/21)ベルギーのアントワープ・ブリュッセルへ。
(3/22)ルクセンブルグ経由で、ドイツのフッセンへ。
(3/23)ノイシュヴァンシュタイン城&ヴィース教会見学をして、ローテンブルグへ。
(3/24)ローテンブルグ観光・リューデスハイム観光をしてから、デュッセルへ。

6日目(3/25)は、私の案内でお買い物

そして、今日、日本に帰ってしまいました。

※旅行記は、写真を整理してから、後日UPします。

空港まで見送って、家に帰ってきたんですが、部屋の中がシーンっとしている(泣)


Y太くんは「あっという間だったね・・・」と、この8日間がとても楽しかったみたいでした。

このY太くん、「ドイツのSIKU(ミニカーのメーカー)を沢山買うんだぁ!!」と
張り切って来たんですが、彼なりにいろいろと外国という世界と、
大人の階段を一歩進んだ旅になったと思います。

sikuのHP(ドイツ語・英語・フランス語・オランダ語でご覧できます。)

日本と違って・・・

教会の中では静かにしなくてはいけない。

レストランでも静かに、そして音を立てて食べたりしてはいけない。

買い物中も、やたらと物に触ってはいけない。

っと、マナー教室でもあった今回の旅。

お父さんに怒られて、逆切れして怒っているところがたまらなく可愛いし
面白かった。(もっと見たかったなぁ。あのジタバタ 笑)

ドイツに来る前に、お父さんに「外国にはマナー警察が居て、マナー違反をすると
マナー警察に怒られるんだぞ!!
」っと言われてきたらしく、

「ねぇ~ねぇ~。ホントにマナー警察っているの??」と私に聞いてきました(笑)

「ホントに居るよ。ほら、この切符を確認しているオバちゃんもマナー警察だよ」っと。

「なんでぇ~。切符の確認をしているの??」

「切符を買わないで、タダで電車に乗るのは悪いこと。
悪いことをする人がいないか確認しているんだよ。
マナーも一緒。ちゃんと決められたルールを守らないと、
お父さんやお母さんだけじゃなくて、皆に注意されるんだよ」っと。

そんなやり取りを何回やったんだろう。

でもね、大人の階段を登っていく1歩なんだよ。この旅行。

「なんでしちゃいけないの??」「なんでY太だけダメなの?」と
何回も聞かれましたが、上手い言い訳や6歳の子供が納得する説明ができない。

子供が居ない私達にとって、「プチ・親」の体験でもありました。

そんなY太くん。

私にこそっと言ったこと。

「Y太ね。ローテンブルグのクリスマスのお店でね、お願い事書いたでしょ。
Y太はね、自分のことしか書かなかったのに、お父さんは僕のことを書いたんだよ」と。

「そうだよね。お父さんは、Y太の事すごく大好きなんだよ。」と言うと

「Y太もね、お父さん大好き♪」っと言っていた。


お父さん。


この旅は、Y太にとってすごく良い体験になったと思いますよ♪




22:14  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.19 (Thu)

新作・・・勿体無いので♪

引き続き、編み物新作をご紹介します♪

今回の新作も「実用品」です。

えっと、このブログを前から見ていただいている方はご存知だと思いますが、
石鹸作ったのって覚えていますか??

あの「芋ようかんみたい~」と言われた石鹸です(笑)

「せっけん」

このアボガド石鹸の熟成が無事終了して、実際に使ってみました!


感想は・・・・


とっても泡立ちも良く、洗った後もしっとりする

です♪

もう、そんじょそこらのボディーソープには負けません
って、ほとんど友人が作ったんですけど

そんなお気に入り石鹸を使っていると・・・

093184.jpg
こんな感じにちっちゃくなって、使いづらくなりますよね。

この小さくなった石鹸って、皆さんどうしていますか??

私が小さいことは、みかんの網に入れて使っていたような。
それか、新しい石鹸に無理やりくっ付けて使っていたかも。

っと、考えた私。

これ、作ってみました♪

093185.jpg
ボディーウォッシャーなんですが、小さくなった石鹸を入れて利用しようかと。

ニットmarche vol.3 (2007春/夏)―あみあみZAKKAをつくろう。 (3) (Heart Warming Life Series)ニットmarche vol.3 (2007春/夏)―あみあみZAKKAをつくろう。 (3) (Heart Warming Life Series)
(2007/02)
不明

商品詳細を見る


この本に、編み方が載っていました♪
2007年の本なので、もう店頭に置いていないかも知れませんが、
可愛いアイテムがいっぱいあります。

コットン100%の糸なので、肌にも優しいし、小さくなった石鹸も使いやすくなる。

一石二鳥
03:48  |  趣味(編み物)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.18 (Wed)

新作・・実用品

今日は、春めいた1日

でも、一時帰国から帰ってきて・・・ほとんど毎日が雨ro曇りのドイツでございます。

何も用事がない日は、ゆっくり家に居て、手仕事をしているのが好き。

そんな暇人が送る、新作!でございます


さて、実用品というタイトルに気付かれた方。

なんだと思いますが?

それは・・・・

093181.jpg
カメラケースです!

コットン糸を日本で購入し、うずうずしていた私。
今回、黒のコットン糸を購入したので、カメラケースを作ってみました。

このコンパクトデジカメは、登山の時に使用することをメインに考えて購入したもの。
単三電池使用でちょっと重いけど、予備の単三電池ですぐに対応できるし、
登山の時に雨に降られてカメラが濡れても惜しくない安カメラなんです。

購入してから早3年以上。

登山にも、旅行にもお供してきたこのカメラは、扱いが悪くて、傷がぁ。

今更だけど、カバーを作りました。

093182.jpg
ストラップもちゃんと出る構造です。

このカメラケースは、オリジナルです。

はい、わたくしがデザインいたしました。

なので、ちょっと不恰好なんですが

093183.jpg
ケースから出しても、落っこちない仕組み。

ナゼ、黒にしたかというと・・・・寒いときに電池が冷えて作動しなくなるから。
なので、太陽の暖かさを吸収する黒にしました♪

っと、いうのは・・・後から考えた言い訳で

汚れが目立たないから


一番の理由です♪


16:11  |  趣味(編み物)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.18 (Wed)

なんでもある日本・・・その3

さて、今回は「食」についてです。

ホント、世界中の食が集まる美食の国「日本」と言われるほど、
食に関してスゴイと思いました。


日本に比べてドイツは、乳製品が安いです。

特にチーズ。

チーズ好きな私にとっては、パラダイス(笑)
特に、カマンベールチーズが好きだったんですが、
大人になったんでしょう・・・えっ?オバサンになった?

ブルーチーズが好きなんです。

大人でしょう!?

今、はまっているチーズがこちら。
093171.jpg
Blue Castello

Wikipedia より

デンマークのブルーチーズです。

ブルーチーズの独特なあのしょっぱいようなあの風味。
赤ワインと食べると最高です!

って、ちょっとしゃれた事を言っちゃいましたが(笑)

そんなお気に入りチーズも、日本にあった。

しかも、1500円で売ってたよ!!!

高いよ!!!

ドイツだと、2ユーロちょっと。
やっぱり、輸入って高くつくなぁ。

でもね、何でもありすぎ!!って思うのは私だけでしょうか?
そりゃ、日本に居て、世界中の食べ物やお菓子を食べられるのって幸せだと思うけど、

旅行の意味が無くなる。

旅行だって、食の楽しみあるよね??

それなのに、「あっ!これ、日本にもあるよ。食べたことある。」じゃあ、
有難味が無いよね??

で、今回一番ショックだったのは・・・

モン・サン・ミッシェルの定番のお土産 「ラ・メール・プーラ」
プーラおばさんのクッキーが、静岡のスーパーに普通に売っていた。

そりゃ無いよ。

モン・サン・ミッシェルの定番のお土産なのに

ドイツの定番のお菓子、「ハリボ」も普通に置いてあるので、
お土産として、あまり喜ばれないのかなぁ。

なので、日本には無いお土産になるものを探す方が難しいこの頃です。



00:05  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.17 (Tue)

100ユーロ札は嫌われ者

最近、銀行でお金を引き落としすると・・・

100ユーロ札が出てきます。(今まで、50ユーロ札が最高額だったのに・・・)

日本の円で考えると、1万円札に当たるのかな?

1セント → 1円玉
2セント → 該当無し
5セント → 5円玉
10セント → 10円玉
20セント → 該当無し
50セント → 50円玉
1ユーロ → 100円玉
2ユーロ → 該当無し

5ユーロ札 → 500円玉
10ユーロ札 → 1,000円札
20ユーロ札 → 2,000円札
50ユーロ札 → 5,000円札
100ユーロ札 → 10,000円札

っと、ここまでが普通に流通しているお金。

更に!200ユーロ札・500ユーロ札 というのもありますが、
未だにお目にかかったことがありません。

そんなお金ですが、困ったことに 100ユーロ札は嫌われます。


なぜかというと・・・

この100ユーロ札で買い物をしようとします。

お店の人は、嫌~な顔をしながら、「nie!!」(ニー)っと言います。

これって、「決してダメ!」と強調する言い方。

「nein」(ナイン)なら、「no」(ノー)と同じだから、まだ言われても
「OK!」と言えるけど、「nie」と言われるとちとムッとしちゃいます。

で!!

お金なのになぜ??っと思いますよね。

それは・・・・お釣りが無いから

多分、レジの中にはおつりがあると思うんですが、
大きな額のお金は、使い勝手が悪いので嫌われるんです。

でも、大手スーパー(realやKaufhofなど)で、20ユーロぐらい買い物をすれば
ちゃんと使えます。10ユーロ未満は、嫌がられます。

一番厄介なのは、フランス。

フランスでは、50ユーロ札でさえ、断られます。
しかも、物凄く露骨に嫌がります。

それなら、50ユーロ以上のお札を作らなきゃいいじゃん!!
流通させるなよ~!!っと、プチギレしたことも。

フランスに・・・特にパリに行く際は、50ユーロも細かくして行きましょう。

さて、この嫌われ者の100ユーロを崩したいなぁっと思い、
今日、近くのドラックストアーに行ったときに使おうとしたら

「ごめんなさいね。細かいお金ある?レジに細かいお金が無いのよ」と
丁寧にレジのオバちゃんが言いました。

「う~ん。50ユーロしかないんだけど」と言ったら、

「それでOKよ」っと。

nie!!っと言われるより、快く買い物ができます。


でも、この100ユーロ札、早く崩したいなぁ。


日本の銀行って、ちゃんと「1000円札10枚にする」ってボタンがあるよね。
なんて、心配りがあるんだろ~~


素晴らしい!!



19:39  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.17 (Tue)

なんでもある日本・・・その2

洗剤に続き、日本ってすごーい!って思ったこと。

電車に乗るとみんなが、携帯電話を見ている。
メールとか、テレビとか??

ドイツでは現地で購入した携帯電話を使っていますが、基本は「電話のみ」。
シンプルである。
しかも、電話をすることもめったに無いので、携帯の電池が切れているのも判らないほど

メール機能が付いた携帯ももちろんありますが・・・ドイツ語使用。
なので、私が使っている携帯は、ショートメールはできますが、
ローマ字入力なので、ほとんど使っていません。

なので、久々に目撃した「全員が携帯電話を見ている光景」はちょっと異様に感じました。

しかも、一時帰国中に「プリベイド携帯」を借りたのですが・・・
友人に電話するのはOKなんです。
でもね、メールを打つのが遅いのなんのって
「あっ!間違えた!」とか「えーっと、数字の入力はどこだ?」といじっている間に
入力した文章が消えたり・・・。イライラ。
携帯メールを扱うのさえ、付いていけなくなってしまった


携帯電話の機種にもビックリ。


ちょうど兄が新しい機種に替えるっということで、お供したのです。

多種多様な携帯電話にビックリ。
テレビが見れること自体、私達が居る時にはまだそれほど普及していなかった。
しかも、アナログだし(汗)
今では、ほとんどの携帯に付いている「当たり前の機能

そして、付加価値なのか??
音楽メインだったり、カメラがメインだったり、更に楽器まで付いちゃったり。

これって携帯電話???

電話なの?

それとも、カメラに電話が付いたの?

友人から送ってもらう、日本のドラマのDVDにも携帯電話会社のCMが入っており、
「おーーー!!ワンセグってなんだぁ~??」っと感動していましたが、
これほど、日本が進化しているとは思いませんでした。

やっぱり、日本の技術は進化している。

そして、兄にお供して思ったこと。

「日本に帰国したら、どの会社のどの携帯にしようか・・・。
そうだなぁ~。好きなタレントがCMしているのにしよう!」っと思った私。

安易だ(笑)




17:05  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.16 (Mon)

なんでもある日本・・・その1

ドイツに住んで早2年と9ヶ月。

そして、日本への一時帰国は3回。

1年に1回のペースで帰国しておりますが、
毎回、日本の進歩や物の多さに驚かされております。

さて、今回は「洗剤」についてです。


一時帰国の時に、立ち寄った「LOFT」

いろんな雑貨などがあり、見ているだけでも1日過ごせそうです♪

そんなLOFTは、世界中の商品を扱っている。

ドイツに来るまでは、あまり「外国製品」に興味が無かった。
ナゼ?って・・・う~ん、日本の製品でも十分種類があるし、満足していたから。
なので、「ナゼ、わざわざそんな高い外国製品を買うんだろう??」としか思っていませんでした。

話は戻り・・・

LOFTでも、おなじみになっている、ドイツ生まれの洗剤FROSCH

FROSCHのホームページ(日本語です)

日本では、ドイツ生まれのエコ製品として浸透しています。

フロッシュ アロエベラ キッチンウォッシュ 500ml 食器、調理用具用濃縮タイプフロッシュ アロエベラ キッチンウォッシュ 500ml 食器、調理用具用濃縮タイプ
()
不明

商品詳細を見る


たとえば、コレ。
食器用の洗剤です。

日本では、945円で売っておりますが・・・

ドイツでは・・・2ユーロ弱。(1.89ユーロぐらい) 日本円では240円。

093161.jpg
私もこちらに来てから愛用しています。

食器洗剤とトイレ洗剤、そして、Sodaの万能洗剤。(Soda=炭酸ナトリウム)
このSodaの洗剤は、脂汚れなどにもいいらしい。


そして、日本で雑誌を見ていたら、コレも多く見かけた。

093162.jpg
ECOVERの洗剤。

ECOVER(エコベール) 食器用洗剤カモミール 500mlECOVER(エコベール) 食器用洗剤カモミール 500ml
()
不明

商品詳細を見る

ECOVERのホームページ

このECOVERは、ベルギー生まれのエコ商品。

もちろん、日本でも売っている。
ちなみに、この食器洗剤は、日本で609円で売られているらしい。

ドイツでは、昨年あたりからrealなどの大型店に置かれるようになりました。
なのに、遠く離れた日本でも、売っているなんて!!ビックリです。

ホームページを見たら・・・「ヨーロッパでは常識?」みたく書いてあるけど・・・
まだまだなっていないと思うんだけど 笑)

Froschと同じく2ユーロ弱。(1.89ユーロぐらい)日本円では240円。
(重量のことを考えると、送料で高くつくのかなぁ・・・)
Frosch同様、環境にやさしいと謳われている商品です。

最近、この両商品やこれ以外のエコ商品を、スーパーなのでアピールしていたり
「特別価格」として少し安く売ったりしています。
安くなっていたので、今回購入してみました。(特価品に弱い私・・・)

でもね、日本では、どちら商品も「エコ商品」というより、
まだまだ「ブランド」扱いされている感じがしますが、
環境にやさしい商品(水や土壌の汚染をなくすためにも)なので
利用するのは、とても良い事だと思います。

ドイツなどヨーロッパ諸国は硬水。水道から出てくる水は硬水なので、カルキが付き易い。
そんな環境で作られている洗剤。

一方、日本は軟水。

水の種類が違うけど、洗剤としてOKなのかなぁ~っとちょっと疑問に思いますが。

日本から持ってきた「洗濯石鹸」などは、ドイツの硬水では泡立ちが無く、
キレイになった感じがしません・・・・。
「郷に入っては郷に従え」って感じ??
日本にも、環境を考えた安い洗剤はいっぱいあるはず。


ちなみに、こちらでは扱っていない商品を日本では売っています。

日本って、凄いなぁ~。

本場にも無いものを売っているなんて・・・・。










21:58  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.15 (Sun)

PAYBACK KARTEN

ここドイツでは、大手スーパーのrealKAUFHOF、ドラックストアーのdm
食器やキッチン用品で有名なWMF、ガソリンスタンドのARALなどで買い物をすると、
ポイントが貯まるポイントカード「PAYBACK KARTEN」があります。

このカードは、お店に申し込み用紙があって、必要事項を書いて送ると
約2~3週間後にポイントカードが送られてきます。

そのカードをドイツに来て約半年後に申し込みました。

週末は、realで買出しをするので、結構ポイントも貯まります。
(半年間無かったのが、ちょっと勿体無かったなぁ~)

そして、そのポイントはWMFの食器やキッチン用品やテレビ・DVD・CDステレオ
などなど、生活用品などと交換できるのです!!

できれば、いっぱい貯めて「買わないけど、欲しいもの」をGETしようと楽しみにしています。

今日、買い物をしに行った時に気付いたんです。



カードが無い


無い!

無い!!

無いーーーーーーーいぃぃ!!!!


プチパニックの私を見たポチは、物凄く冷たい目で、しかも、呆れた態度をした。

かる~くムカついた

いつもお財布に入れているか、クレジットカードを使ったときはそのままカード入れに一緒に入れるかなので、レジに置き忘れてくる以外、失くすことは無いっと思っていた。

でも、無い

今回、洗剤やらなんやら購入したので、ポイントもいっぱい貰えたはずなのに
泣く泣く 「すみません。カード失くしました」と言い、諦めて帰ってきました。

さて、どうしよう。

ポイントカード自体は、ポイントを貯めるだけの機能しか無いので、悪用されない。
そして、ポイントを使うときも、「暗証番号」が無ければ使えないので、
安心なんですが・・・・。

ポチが、「カードを再発行してもらえば。メールか電話でできるんじゃない?」と言い
PAYBACKのホームページを確認し、無事、再発行の手続きを終えました。

では、失くした時の手続きを。

1.PAYBACKのホームページにアクセスする。

2.「Mein PAYBACK」の所に、自分のカードの番号・誕生日・郵便番号を入力して
  ログイン。

3.左のバーにある「PAYBACK SERVICES」の「Fragen&Hilfe」をクリック。

4.「TOP10 Fragen」の一番上の質問の・・・
  「Was mache ich bei Verlust meiner PAYBACK Karte?」 をクリック。
  「私、ペイバックカルテを失くしたけどどうすればいい?」っていう質問です。

5.Kostenlose online-Nachbestellung「無料オンライン追加注文」のすぐ下の、
  Bestellung Ihrer PAYBACK Ersatzkarte 「スペアカードの注文」をクリック。

6.自分の失くしたカードの番号と名前や住所など、登録してある項目が出てくるので
 合っているか確かめて、OKすると・・・

約3週間後に、郵便で届くそうです。

※ちなみに、電話で注文もできますが、通話料は有料(1分:14セント)です。
  Mo-Sa 8:00-20:00 Uhr  ドイツ語での対応なので、ちょっとね・・・。

ホッとしました。心がぱーっと晴れました

この作業中に気付いたんですが、PAYBACKカードを申し込んだ時に、
違うカード番号で2枚来たんですが、もう1枚の存在をすっかり忘れていました。

でも、カード番号も違うし、きっとポイントはそのカードごとに貯まるだろうから・・・っと
勝手に解釈していたんです。

が!!!

そのもう1枚のカードも、同じ名義なのでポイントは一緒になる事を
今日知りました。 約2年、何してたんだ
とりあえず、そのもう一枚のカードを使用します。

そして、ホームページも日頃チェックしたことが無かったので、
今日初めてログインして知ったのですが・・・・

自分がいつ・どこで・どれくらいポイントが付いたかの記録も見れる。

素晴らしい!

ポチがブログをチェックして一言。

「ポチが助言したから、再発行ができたんだよ。これじゃあ、悪役じゃん!!」っと。

はい、ちゃんとサポートしてくれました。

ありがとう。

でも、あの冷たい態度は一生忘れないぞ~ぉ。





01:01  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.13 (Fri)

シュシュ・・・その2

あれから、はまりました。

しかも、今回の一時帰国で購入した編み物の本に「シュシュ」が載っていて
(知らずに買った・・・)そのシュシュがまた可愛いこと。

大人ナチュラルな手編みKNIT FACTORY―ストールからボレロ、ニットキャミまですぐ編めます 重ね着に合うニットアイテム54 (Heart Warming Life Series)大人ナチュラルな手編みKNIT FACTORY―ストールからボレロ、ニットキャミまですぐ編めます 重ね着に合うニットアイテム54 (Heart Warming Life Series)
(2008/10)
不明

商品詳細を見る


秋冬がメインですが、ウール糸からコットン糸に変えて編めば、春夏にもなるアイテム。


そんなこんなで、また作ってしまいました。

093131.jpg
失敗作品。

このデザインのシュシュは、本では「かぎ針3号」とありましたが、
たまたま手元にあったコットン糸で編んだので、かぎ針6号で編んでみたんですが・・・

やたらと大きく、変な形になってしまいました。

しかも、ヘアゴムは、ドイツでは貴重なアイテムなので、
手芸用の平たい白いゴム・・・通称:パンツのゴムで作ってみた。

※ドイツのヘナゴムは、弱く切れやすいので、日本の物を愛用しています。
 なので、数に限りがあるので、大切に使っています。

パンツのゴムだと、伸びも悪く、ゴムの周りに細編みで編んでいくんですが、
編んでいる途中からゴムが伸びていく感じで・・・・。

ケチっちゃダメですね・・・


なので、ちゃんと編みなおしました。

093132.jpg
日本製のヘアゴム使用。

かぎ針3号で、コットン糸使用。

イメージ通りに仕上がりました

フリフリしたブリブリなシュシュ。

私のイメージとちと違うが・・・
夏に使えるかなぁ。

093133.jpg
拡大画像。


やっぱり、イメージ通りに編むには、ちゃんと指令された糸の太さを守らないとダメですね。






18:16  |  趣味(編み物)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.13 (Fri)

赤いヤッケ

一時帰国の時に、広島でお世話になっております山仲間のピヨ部長にあるものを頂きました。

「赤いヤッケの男」

タイトルとカバーを見るだけで怖かった・・・。

赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)赤いヤッケの男 山の霊異記 (幽BOOKS)
(2008/02/27)
安曇潤平

商品詳細を見る


今、初めて気付いたんだけど、これ、人の顔だったんですね。

内容は、山のオバケの話。

心霊の話。

山登りをしている人は、一度は聞いたことがあるような話。


短編の話が25話ありますが、1話読んだだけで・・・・
「夜のトイレが怖くなりました」(←小学生か?!)

2話読んだら、山でのテント泊が怖くなりました。

3話読んだら、雪山なんてとんでもない!!と思いました。

4話読んだら、山小屋は嫌だ・・っと思いました。

5話読んだら・・・・山は怖いっと思いました。


だったら、読むな!!


世の中、不思議なことはいっぱいあるけど、
できたら・・・いや、絶対に、遭遇したくないこと。


全く霊感なんてないけど。


ちなみに、ドイツでは・・・というか、宗教観で「霊」とか「怨念」とかの考え方の違いがあるため
日本のような「夏になると、心霊スポットとか、怖い話をするとか」というのが無い。

なので、日本の心霊映画は、日本人以上に心理的に怖いらしいです。



まだまだ、寒いですが、「心身ともに寒くなりたい人」にオススメです。


って、嫌だよね(汗)


16:39  |  趣味(山&クライミング)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.12 (Thu)

シュシュ♪

一時帰国の前のことです。

友人との会話で・・・

友人「最近の日本のドラマ見る?」

私「うん、見てるよ!流星の絆とかイケメンパラダイス(←花さかりの君たちへ)とか!」

友人「最近のドラマの女優さんって、みんなシュシュで横結びしてるよね。」

私「そっそういえば!!」

友人「日本に一時帰国したときに、確かめてきて!日本で流行っているかを!!」


っと、任務を命じられた。


そして、一時帰国での、調査結果。


シュシュ、流行っておりました


男性は「シュシュ」ってなんだ??っと思いますよね?

見れば判ります。

093111_20090312015441.jpg
コレがシュシュ。(日本で購入)

毛糸や布などでゴムを飾った、髪を結ぶゴムのことです。

髪が長いので、ちょっとまとめたいなぁ~っという時に便利です。
特に、マーレンの時や書道の時など。

普通のゴムと比べて、しばった時に髪に跡が残らないのが良い。

先日のクライミングの時に、シュシュを見たマッキーさんに「それ作ったの?」と聞かれ。

いや~ん。これ、日本で買ってきたんです~。

そういえば、シュシュって意外に高いんですね。ちょっとビックリ。

マッキーさんも「意外と簡単にできるみたいですね」っと話をしていたので、

早速、作ってみました。

093112_20090312015449.jpg
ベージュのコットン糸で。

あのバッグとマフラー「春夏に向けて」の日記で紹介したバッグとマフラーに使用した
残り糸で作りました。

そうそう、あのマフラーも仕上がりましたよ♪

093114_20090312022243.jpg

機内持ち込みしてやろうと思ったんですが、
やっぱり編み針を没収されるのは、かなり凹むので、辞めました。

その代わり、一時帰国前に仕上げちゃったんです。
だって、気になるから。

シュシュとおそろになりました。

他にも、春夏で使えるシュシュも。
093113_20090312015459.jpg
水玉模様のコットン布で。

ホントに簡単に作れました。

他に、白色のコットン糸で作ろうかと。


って、こんなにいらないか?シュシュ(笑)
02:28  |  趣味(編み物)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.10 (Tue)

大家さん

昨日、日曜日、クライミングから帰宅したら家の玄関に
ポストイットのメモがくっ付いていました。

とーーーっても、汚い文字

読めないよ・・・。

っと、ポチに解析してもらった結果。


「月曜日の朝10時に行くから」と大家からだった。
(あの、独身、年下の男性の大家だ)


何しに来るんだろう???っと、ちょっと迷惑でもあるが、
何かしに来るということなので、待機しました。


掃除をして・・・

洗濯物も見えないように、寝室に隠して。

テーブルの上も片付けて。

そして、化粧をして、ちゃんとした服に着替えた。


ここがポイント。


月曜日は基本的に家に居る日なので、化粧はしない。

誰かが来るということは、化粧をしなければならない。

ナゼ?

そりゃ、すっぴんは危険でしょ。

危険?

そう、素顔は、いくらオバサンになったとしてもさらけ出したくない。

これって乙女心です。


って、おお慌てて準備していたら、

玄関と反対の入り口から「ピンポ~ン」と。

反対から来たか!


っと、大家はいつもの「ご機嫌いかが?」という決まった挨拶をして
業者の人だけを残して違う部屋に。

その業者は、玄関のカギを何かして(←多分、メンテ?)、帰った。

約10分ほどで終わった。


はぁ~、終わった。


そして、化粧を落とすクレンジングの作業だけが増えた1日でした。


02:11  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.09 (Mon)

週末記&カメラを語る

土曜日。

約2年半、クライミングを一緒に楽しんだ I家が帰国するということで
韓国料理屋さんで送別会をしました。

I家とは、クライミングを通じて知り合いましたが、
I家を通じて、知り合いになった方も多く、(ベルギー在住組みやオランダ在住組みの皆さん)
私達にとって「キーパーソン」なのです。

そして、数多くの「手作りお菓子」も頂き、私の「手作りお菓子」へのきっかけを作った
まさにキーパーソン
(日本に居るまでは、あまりお菓子作りをしていなかった私。)

いっぱいしゃべって、いっぱい食べて、いっぱい飲んだ土曜日。

そして、日曜日は。

ドイツ最後のセッションっということで、ベルギー&オランダからも多くのクライマーが集まりました。

最初、私は、日本で再発してしまった花粉症&飛行機でもらった風邪の影響で
日曜日は家でゆっくりしようと思ったのですが・・・

「最後なので、一人1回、I家のビレーをすること」というお達しが出たので、

「それじゃあ、私もビレーしないと♪」と思い、ハーネスを持参して参加しました。
結局、写真撮影に夢中で、ビレーし忘れました
(静岡or名古屋で、ビレーしますので、お待ちください)


さて、その写真撮影なのですが、
一時帰国で入手したストロボを使いました。

あんなに、ポチが「ストロボ♪ストロボ♪」と騒いでいたのですが、
本格デビューは、私が勝ち取りました(笑)

そして、I家の「デジイチ、PENTAX K10」を託され、
我が家のカメラも含めて約400枚撮影しました。

ファインダーから見るクライマーたちですが、
皆さんの登り方の特徴。そして、「今日は絶好調だね♪」という事まで伝わってきます。
ある意味、皆さんは恐怖?(笑

たとえば・・・手元や足場を見てしまうことで、体の動きが妨げられてしまい
手足が伸びなくなってしまっている・・・とか。

でも、約30名のクライマーを撮影したので、私の「ストロボの練習」になりました。
みなさん、ありがとうございます。

09382.jpg
ストロボ無しで撮影した写真。 登っているのはポチです。

窓際だったので、ストロボ無しでもOKでした。

09383.jpg
同じく、ストロボ無しの写真。
室内で、蛍光灯の下だと、こんな感じに暗く写ってしまいます。

09384.jpg
ストロボ有りの写真。
窓際でしたが、より鮮明に写ります。
ボルダーmachaさん。

室内は、やぱりストロボがあった方が綺麗に写ることが判りました。
でも、バウンスの使い方がイマイチでしたが・・・。

そして、我が家のカメラ「PENTAX istD」とI家の「PENTAX K10」の差ですが・・・

K10の方が、連射速度が抜群に良いです
クライミングの早い動きを撮影するには、K10が良いかなぁ。

でも、「on offのスイッチ」があるすぐ下に、ダイヤルがあるので、
on offをするたびに、クルクルと回してしまう私・・・。

ちなみに、うちのistDには、そのダイヤルが無いので、クルクル回す心配がありません。

っと、クルクル回ってしまうダイヤルが、何なのかは判らない私

という、2台のカメラで撮影する貴重な体験もしました。

望遠レンズ、大きなストロボをつけた大きなカメラを首からさげて歩き回っていた私は、
他のドイツ人の子供に「あの人カメラマンよ」と誤解されました(笑)


カメラで満足した私。

クライミングで満足したポチ。

ポチは、この日、気管支をやられて咳き込んでいたくせに、
18本?登ったそうです。(30名の中で一番登ったらしい・・・・)

皆に、「やっぱりMだぁー」と言われたポチ。

そして、としさんから「頑張った人、Best8位まであげてください」と託されたゴディバのチョコ。

Best M(又は、Bestアホ) ということで、ありがたく頂きました。
としさん、ありがとう♪


P.S 案の定、ポチは、夜、咳が酷くなり・・・。私は、おかげで寝不足です



















20:32  |  趣味(山&クライミング)  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.07 (Sat)

夢にまで見た!

夢に見たんです。

コレを作っている姿を。

なので、作りました。

09361.jpg
こんな感じに・・・

09362.jpg
15分後・・・

09363.jpg
30分後・・・

09364.jpg
45分後・・・

そして、冷ます。

何ができると思いますか??




09365.jpg
生キャラメル

そう、Keitoさんのブログを拝見していたら、
「生キャラメルを作りました」と、美味しそうなキャラメルが並んでいる画像を見て

食べたい

っと、思いました。

更に、「花畑牧場の生キャラメル」のウワサを聞き、
北海道に行ったときに、買おう♪っと思っていたのに・・・

実際、帰り(名古屋行き)の千歳空港でショップを見つけたら・・・

1時間待ちです

っと、整理券を配っていた。

一応、どんな商品があるのかな?っと思い、行列の先のショップを覗いたら・・・

ほとんどが売り切れで、余り興味のない味だけが残っていたのです。


花畑牧場の生キャラメルってどんな味なんだろ~♪っと思っていたのと重なり。


っと、いうことで、小さめのサイズで切ったら、意外とできたので・・・

日曜日、ポチに託します。

お楽しみに。(←関係者、判るよね?)

04:06  |  料理&お菓子など  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.05 (Thu)

家計簿って・・・

皆さん、現実から目を背けたいことってありますか?

私は、今、その現実と目を背けたいけど、背けなくなったところです


それは・・・

明細(領収書)をまとめること

一時帰国で、大人買いしたレシート。

2008年分の未処理のレシート。

2009年のレシート。

はぁ~

ドイツでは、基本的に銀行カード(ECカード)で支払うか、クレジットカードで支払っています。
なので、ちゃんと間違いが無く引き落とされているか、
レシートと銀行の明細をチェックしています。

現金を多く持って歩くことは、あまりしたくないのです。
ドイツは比較的安全と言いますが、駅周辺などでスリの被害があります。
なので、必要以上に現金を持ち歩くことをしない。

そんなわけで、切羽詰らないとやらないタイプの私。

1ヶ月ごとまとめてやるもんですから、膨大のレシート

自分が買ったレシートなら検討が付くけど、
ポチが買ったもの、ポチが出張の時に使ったものは・・・
発狂したくなるほど判らない。だって、現地の言葉なんですもの

09351.jpg
2006年のドイツに来た時から、2008年分のまとめたファイル。

09352.jpg
2009年分の未処理分と、一時帰国のファイル。

何とか整理はしたけど、まだレシートをExcelにまとめていない・・・

クレジットカードの明細は、Excelで月ごとまとめて表計算して、
請求書と間違いが無いか確かめている。

めんどくさーーーぃ!!

って、そんなことを始めたのは私なんだけど

皆さんは、家計簿ってつけていますか??

私は、数多くの「かんたん家計簿」とか「まとめやすい家計簿」という家計簿で
チャレンジしたけど・・・三日坊主で終わる

なので、家計簿をつけることを止めて、使った分をチェックするだけにしましたが・・・
まとめるのって大変。


さて、今から、現実と向き合います。

一時帰国分と2009年分のまとめをやるかぁ・・・。





20:52  |  ドイツの生活  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.04 (Wed)

メイちゃん

093411.jpg
黒くて大きなメイちゃん

昼間の警備を担当しているメイちゃん。

おしゃべりなメイちゃん。

人が来ると・・・ワンワン。

ご飯の時間になると・・・キューンキューン。

私達を呼ぶ時も・・・キャンキャン!クーーンクーーン。

そう、メイが必ず声を出す。

その横でハナちゃんが座って、黙っている。

ちなみに、ハナは、夜勤
夜になると、メイは声をあまり出さない。
その代わり、ハナは裏声で「ワンワォン」と警備にあたる。

09348.jpg
おしゃべりメイちゃんなので、よく喉が渇くらしく、豪快に水を飲む。

そんなメイは、人の話をジーッと目を見て聞く。
なので、私の言葉判るの??っと思ってしまう。

「メイちゃん、車来るから内側を歩いて」というと内側を歩く。

賢い!(←親ばか)

毎朝、母が庭掃除をする時に、メイとハナは綱を離してもらい
庭を散策している。

そんな散策中に気付いたこと・・・

それは・・・

09349.jpg
メイちゃん・・・・フェンスの下の隙間に頭を入れて何かゴソゴソと遊んでいる。

静かだな~っと思ったら、こんなところで!!

っと思い、フェンスの外にあるメイの顔を覗き込んだら!!

093410.jpg
サラダバーを楽しんでおりました。

食いしん坊のメイちゃんらしい(笑)

そんなメイは、私にくっついてくる。

ハナはポチ、メイは私。

良いコンビだ。


ちなみに。。。。

私達がドイツに戻った日、メイは落ち込んでいたそうです。
翌朝も、私達が寝ていた和室を覗き、居ないと思ったら、ウッドデッキに戻って
2階をジーッと見ていたらしい。

切ない

今年の4月で8歳になるメイとハナ。

8年間、1年に数回の帰省の時しか会っていないが、
こんなにも私達を愛してくれている。

これからも、年に1回しか会えない・・・まるで・・・七夕のようだけど、
会った時は精一杯愛します。

なので、元気に、そして、私達を待っていてください。





22:07  |  メイ&ハナ  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.04 (Wed)

ハナちゃん

09341.jpg
我が家(実家に居るけど・・・)の愛犬ハナちゃん

ハスキーのmixなんですが、柴犬と間違えられるハナちゃん。

09347.jpg
ハナちゃんとメイちゃんは、同じお母さんから同じ日に生まれた姉妹。

そんなハナちゃんを愛する・・・
09342.jpg
ポチ。 (この時撮影したポチの写真が、一番上のハナちゃんの写真)

別に、差別しているわけじゃありません。
私達は、同じように愛し、同じように厳しく躾をしている。

なので、メイもハナも、同じように私達を愛してくれている。(←親ばか)

でも、こんな写真を見ると・・・

09343.jpg
ハナは、やっぱりポチが好きなのね。

そして、こんな写真も激写した。
09344.jpg
やっぱり、愛人・・・いや、まさに愛犬だ。

そんな愛人ハナの趣味は・・・

09345.jpg
県立美術館にある池の鯉を鑑賞すること。

毎回お散歩で行くと、ハナは鯉を見ている。

一緒にいるメイは、関心なし(笑)

09346.jpg
そんなハナが大好きだ!!!


22:07  |  メイ&ハナ  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.04 (Wed)

一時帰国・ポチ変

さて、一時帰国と言えば・・・

買い物


今回も欲しいものを買いましたよ。

しかも、ユニクロで大人買い。

ジャスコでも、大人買い。

無印でも、バーゲンの残り物を大人買い。

って、安い買い物なのだ(笑)

そんな、安価大量買いの中、豪快に買った奴がいる。

それは、ポチ。

09322_20090303200753.jpg
なんだ?この写真は・・・

09323_20090303200805.jpg
写真を整理していたら、こんな写真が出てきた。

ポチよ、君は何をしたいんだい??

potikamera1.jpg
買っちゃったんですよ、ストロボ

しかも、PENTAXのAF-540FGZって物を。

今回はちゃんと買いましたよ。

私の兄からじゃなく。ちゃんと。

ちなみに、兄も新しいデジイチになっていた。

09321_20090303200457.jpg
兄のデジイチ「LUMIX」だ。

コンパクトなボディーだった。

「じゃあ、そのカメラに飽きたらちょうだいね♪」と奪い取る気マンマンの妹の私。
「自分で買えよ!!」っと兄に言われた。ゴメンなさい。。。

というか、兄よ、あなたのPENTAXのデジイチはどうなったんだい??
うちのより新しい機種ですが、そちらはどうなったのでしょう。
それをうちに譲ってくれても良いよ。(←あくまでも狙う妹

そして、ポチはストロボ以外にもこんなものを買っていた。
potikamera2.jpg
三脚だ。

いろいろネットで調べていたけど、軽すぎてもダメ、重すぎたら移動が大変
ということで、そこそこ軽くて重い、カーボンの三脚を購入した。

ストロボと三脚は、通販だったので、実家に届くように注文してあった。

そして、実家の和室で見かけた変な物体。

potischlaf1.jpg
黄色い物体。

potischlaf2.jpg
回り込んで見てみた。

potischlaf3.jpg
シュラフに入って寝ているポチだった

そう、冬用のシュラフも購入したポチ。
世界最軽量(調べた中で)で、かつ-15度まで対応しているらしい。

夏の計画に必要だからと買ったポチ。

そして、あの名古屋で友人と待ち合わせした「石井スポーツ」でも購入していた。

テントの外張り

ドイツに戻ってきた日曜日に、荷物を片付けていたら、リビングにテントを張り
そのテントの中で寝ていたポチ。

ちょっと軽くムカついたので、テントを揺らして
「嵐だーぁーーー!!吹雪だぁーーー!!」と邪魔をしてみた。

写真を撮るのを忘れたのが心残り(笑)


あとは、静岡でポチが「好日山荘」とか「カジワラ」という山用品店を見たいからと言って、
分かれて買い物をした。
うるさい私が居ないところで、クライミングシューズも購入していた。
山用の服とか靴下とかも。
(私も負けじと、山用の服と靴下を購入したけど・・・←変なところで負けず嫌い

ポチ曰く、「ポコ、いろいろ買ったねぇ~。」というが、

ポチの方が「高価な物」を購入されておりますが・・・・。

はぁ~、しばらく極貧生活だわ。
写真の日本食を見ながら、白米を食べておくれ。(←むなしすぎる?)




00:04  |  ぽちネタ  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.03 (Tue)

一時帰国・静岡の飲み会&食編

一時帰国で、買出しと同じくらいに重要なこと・・・

それは・・・

友人と会うこと

日本にいると、「いつでも会おうと思えば会える」と思う。

でも、遠く離れると、会いたくても会えない。
電話したくても出来ない。
「あ~、こんな時に居てくれたら」と思うときに会えない。

なので、会えるときに会いたい。

広島では、山仲間のM夫妻とFさんとお会いし、
名古屋では、TちゃんとSちゃんと「IBS石井スポーツ」というかなりマニアックな店で待ち合わせして
しばし店内で立ち話(笑)
っていうか、普通の人は、石井スポーツで待ち合わせしないと思うけど
(石井スポーツでの裏話は後日・・・)

そして、静岡でも古くからの友人に会った。

大学からの友人Aちゃんと久々に会った。
実家の近所にできた「葡萄の丘」に行ってきました。
10時30分から受付開始、10時45分に入店、11時からお食事スタートという
人気レストラン。
10時45分ぐらいに行ったら、既に多くの主婦達が並んでいた。

「日本は不況だよ~」と聞いていたが、主婦は不況知らずだ(笑)
そして、男性は一人もいなかった。
ポチ、一緒に来なくて良かったよ。きっと浮いたと思う。

地元の野菜を主にした料理をバイキング形式で提供するレストラン。
新しい料理が並ぶと、皆いっせいに取りに行く。
そのパワーは凄かった

久々に味わった「女性パワー」だ(笑)
あのパワーは男性には無いだろう(笑)

09331.jpg
Yちゃんと行った「お魚工房」の生牡蠣

いやーホントに大きかったよ
Yちゃんに「広島に行ったんなら、広島の牡蠣の方が美味しいんじゃない?」と聞かれたけど、
実は、広島では「生牡蠣をお店で扱っていなかった」のです。
食中毒の危険を避けるためのお役所の通達だそうです。

私は、貝アレルギーなので、貝は避けたけど、ポチはとっても美味しそうに食べていた。

09332.jpg
お刺身の盛り合わせと、太刀魚の塩焼き@食べかけ(笑)

お仕事が忙しいYちゃんなのに、平日の夜に来てくれてホントありがとう!!

そして・・・
09334.jpg
小学校からの友人のNちゃん夫婦&同じくKちゃん新婚さんとの飲み会。
伽音」という新しいお店。

静岡の飲み屋さんでしたが、「ここにこんな素敵なお店が出来たんだぁ~」っと感動。
やっぱり、地元の人のオススメ店は間違いが無い!!
って、私も静岡は地元なんですが

09337.jpg
静岡名物、「黒はんぺんのフライ

よく静岡の食について話題となる「黒はんぺん」。
他県の人から「はんぺんって白でしょ~」と言われるが、
静岡は「」がノーマルだ。

いわしのつみれっぽい、半円の形したはんぺんが、静岡では普通のはんぺん。
あの白いぷよぷよして、おでんに入れると「膨れて他の具材を追いやるように
主張して蓋を持ち上げようとするとんでもない白いはんぺん
」は、
「白はんぺん」という。

私は、白はんぺんがあまり好きじゃない。というか、馴染みがなかったからなぁ~。

09338.jpg
抹茶のティラミス

ポチが食べたんですが、これ、最高に美味しかった!!

09339.jpg
セレブなワラビ餅。

セレブというメーミングで選んだ私とKちゃん。

「きっとすごいワラビ餅なんだよ~」っと期待したら・・・

「黄な粉と胡麻が物凄くかかっていたワラビ餅」でした
黒蜜がもっとかかっていたら美味しかったと思います。

続いて・・・
09333.jpg
お馴染みのいわし専門店「

小学校の同級生が板前をしている善は、駅前の開発で移転していましたが
とーーーーても綺麗なお店になっており、ちょっとびっくりしました。

静岡に戻ってきたら、絶対に行くお店。
YちゃんとAちゃんとNちゃん親子と6人。

席だけ予約して、当日料理を注文しようと思ったら・・・

次から次へと料理が運ばれてきた。

「あれ??料理注文していないんだけど・・・」と思ったけど、言うとおりに食べた(笑)

きっと同級生の板前が、用意してくれたと思うんだけど、ちゃんと好みどおりの品だった。
常連になって良かった。

09335.jpg
いわし中心の刺身の盛り合わせ。

09336.jpg
タラの鍋。

どれも美味しい。そして、日本じゃないと味わえない。

毎日毎日、お腹いっぱいに食べ、そして、いっぱいしゃべった(笑)

そして、またしても太った・・・・





18:34  |  一時帰国  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.03 (Tue)

一時帰国の思い出・・・名古屋&静岡編

おはようございます!
風邪のボチボチ、ハナズマリな私ですが、今日はぐっすり寝れました。

日本から帰ってきて3日目。
時差ぼけもすっかり無くなり、相変わらず朝からPCの前に座っています。

さて、広島・北海道と旅をして、次に向かったのは・・・

名古屋。

千歳空港から名古屋セントレア空港の便を利用し、
名古屋から静岡へ新幹線で実家に向かう途中という、
名古屋滞在時間約4時間という短い時間でしたが、
名古屋の友人にも会え嬉しかったです。

ホント、短い時間だったけど、友人と話もして、ポチは、名古屋名物の「ひつまぶし」も食べ、
静岡に向かいました。

夜、22時に実家に着くと、愛犬のメイ&ハナが待っていてくれました。

翌朝、ク~~~ン、ク~~~~ンというメイの声で起き、早速お散歩へ。
09311.jpg
近所から見た富士山。

毎年同じところから撮影しているけど、富士山を見ると「日本に帰ってきた」と思う。

メイ&ハナを連れて、近所の神社に向かっていたら・・・
09323.jpg
が咲いていました!!
確か、この日の前の日曜日は、真夏日だったと言う。
そう、2月に真夏日って

そういえば、広島でも異常に暑かった。
ドイツで寒い気温に馴れた体なので、15度前後になると暑く感じる。

09322.jpg
桜のアップ写真。

「綺麗だね~」と鑑賞していると、「早く散歩!!」っと催促する娘達。

09321.jpg
2年前のお正月にも、メイ&ハナと一緒に初詣に来た。
かなり遅くなったけど、今年も一緒に初詣です。

09318.jpg
ご満悦のメイ&ハナ。

県大方面にもまわって、ロングコースのお散歩を終わり・・・
09326.jpg
ウッドデッキでくつろぐメイちゃん。

実家の庭を散策していると・・・
09324.jpg
梅の花も咲いていました。

やっぱり、静岡は暖かいなぁ~。ほのぼの。

そして、こんなものも見つけた。
09325.jpg
去年の夏の置き忘れ。

セミの抜け殻。

よーく見ると、木にびっしりとセミの抜け殻がくっついていた。
ちょっと気持ちが悪かった・・・



17:31  |  一時帰国  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.02 (Mon)

一時帰国の思い出・・・北海道編

皆様、おはようございます。
一時帰国の帰りの飛行機内で、くしゃみを連発していたオジサン。
帰宅後、喉の痛みが最高潮!!
軽く風邪引きました

っと、いうことで、冷蔵庫の中に食品が何も無い状態なので買出しに行きますが、
引きこもり実行中のポコです(汗

さて、一時帰国の思い出日記の続きをご覧ください♪


3泊の広島滞在を楽しみ、次に向かったのは・・・

北海道

広島空港から千歳空港までひとっ飛び

っと、その前に忘れちゃいけないものが。

09319.jpg
生チーズもみじ

あんこが入ったもみじ饅頭が定番ですが、この生チーズもみじ、もうNo.1の美味しさ
北海道で食べよう!!っと購入♪

さて、北海道といっても、でっかいどー!(←ちょっと言ってみたかった 笑)

私達が向かったのは、小樽。

093112.jpg
この日は、風も強く、4月上旬の暖かさ。
雪があまり無かった・・・。

でもね、飛行機から見た北海道の風景は

ドイツっぽい。

「日本に帰ってきた気分じゃないなぁ~。風景も気温も・・・(苦笑)」と二人して思った。

今回のお宿は・・・

The 畳部屋

093110.jpg
いつもベットで寝ている、旅行でもベットだから、日本に行ったら畳がいいぃーーー!

っと、私のリクエスト。

はぁー、落ち着く。ゴロゴロさいこぉーー

093111.jpg
っと、こんな豪華な料理を食べ。

人生初の岩盤浴もしちゃいました。

コレがまた、汗かきまくり。 やみつきになりそう。

小樽2日目。

小樽観光に行った。
信号待ちしていたら、歩行者用の滑り止めが置いてあることに感動しているポチに
一人の男性が声をかけてきた。

「もしかして、観光に来た人ですか??」

「そうです」

「私、観光協会の者です。」っと、丁寧に地図に「小樽の歩き方」を記入し、
オススメのお寿司屋まで教えてくれました。
ありがとう!!

093113.jpg
っと、早速、「日本銀行 小樽支店」へ。

093114.jpg
昔使われていたこの建物は、今は銀行の資料館になっていました。

お金の流れや、昔の物価などなど、判り易く説明してありました。

そして、金庫の中身を見学・・・。

093115.jpg
むむむぅー、タダの倉庫のような・・・。

こうなっていると、お金って感じがしないですね(苦笑)

続きまして・・・

09314.jpg
なんでしょう!これ♪

そう、小樽といえば、ガラス細工です。
工房を見学してました。

残念ながら、ドイツに持って帰ることを考えると、
「もしかしたら、割れちゃう!!」っと心配してしまうので、見学のみ。
可愛いお猪口があったけどガマンでした。

09315.jpg
オルゴールのお店。

可愛いオルゴールや、ものすごーーーーく高価なオルゴールが並んでおり、
楽しかったです。

09316.jpg

小樽と言えば、運河。

09317.jpg

小樽と言えば、お寿司。

あの観光協会の人のオススメでしたが、観光客にはちょっと・・・・な対応でした。
味は美味しかったけど。。。

この日も、風が強く、小雨も降っていたので、ささっと見て退散。

そして、ホテルに帰って岩盤浴(笑)

小樽に2泊して、北海道を後にしました。

次に向かったのは・・・名古屋

つづく・・・。






18:28  |  一時帰国  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.01 (Sun)

一時帰国の思い出・・・広島編

終わっちゃいました・・・。

一時帰国。

あっというまでした。

3週間。



今回の一時帰国では、広島・北海道・名古屋・静岡と4道県も訪れました。

09312.jpg
まずは広島

ドイツに来る前に2年間住んでいました。
今回は、広島で3泊。

私の運転免許の書き換えがあったので、広島に行きました。
最終の住民票があった県じゃないと書き換えができないっという不便なシステム。
でも、そのシステムのおかげで(?)、久々にお会いしたM夫妻&Fさんと
楽しいひと時を過ごしました。

09313.jpg
ちょっとした隠れ家のような居酒屋。
美味しい料理と美味しいお酒。

そして、山の話などなど、楽しかったぁーー

帰国後の山行計画もしたし(笑)

広島では、洋服や山用品を購入。
2日目の朝なんて、時差ぼけで全然寝れなかったのに、デパートの開店と同時に入店(笑)
そして、洋服を買いまくり。(←バーゲンの残り物ですが・・・)

無事に運転免許の書き換えも終わり、広島の街を散策していたら・・・

「袋町小学校平和資料館」という看板が掲げている建物があった。

袋町小学校平和資料館のHP

そう、広島と言えば「原爆」。

原爆ドームは有名ですが、他にも原爆の被害を受けながらも、鉄筋コンクリートでできた建物の一部が残り、資料館などになって、戦争を知らない子供達に伝えています。

この資料館も、当時の様子などが展示されていました。

袋町小学校は、当時、鉄筋コンクリートでできた小学校が4校あったその一つ。
そして、原爆投下の地点から一番近い小学校。

17時まででしたが、資料館を管理しているボランティアのおじいさんが
「遠くから来てくれたから、ゆっくり見ていきんしゃい!!」と詳しい説明をしてくれました。

この小学校では、原爆投下の1945年、8月6日、午前8時15分に校庭で朝礼をしていたそうです。
たまたま、4人の生徒が遅れて来て、地下室にあった下駄箱で靴を履き替えてきた時に原爆が落ち・・・4人は助かったそうです。

他の生徒は、一瞬にして姿が消え、木でできた部分は焼け焦げ、周りの民家も燃え無くなり・・・。

かろうじて残った校舎は、救護所として被災者が収容されたそうです。
当時の写真が展示されておりました。

救護所として使われていた小学校は、黒くススが付いた壁を黒板代わりにして
子供の行方や家族の居場所などの「伝言板」となったそうです。

当時の写真を撮影した人の遺族から写真の提供があり、その「伝言」の存在が判ったそうです。

戦後、天皇の訪問があり、伝言で埋め尽くされた壁は、漆喰で埋められたそうですが、
校舎の老朽化の為に、取り壊す作業の中、写真の中の「伝言」を探す作業を行ったそうです。

伝言は、あちらこちらの壁から出てきて、当時の「家族の思い」が残されていました。

戦後64年。

新しく現代的な校舎に建て替えられた小学校の横に、今も資料館として残されております。

2年間住んでいて初めて知った場所でした。


次ぎは、北海道編です!!

22:22  |  一時帰国  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。