All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.30 (Tue)

ヴィースバーデン

昨日の日記の続きです♪

土曜日の夜は、いっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱいおしゃべりして
即寝しました(笑)

翌日の日曜日は、「夏時間に切り替わる」ということで気をつけていたのですが、
自分の時計とテレビの時計が1時間違って、朝からプチ・パニック!
「8時だと思って起きたら、9時だった・・・」というわけです。

でも、待ち合わせは11時ぐらいだったので、十分時間はあったのですが、
やっぱり時間が変わった日はちょっと変な気分になります。

さて、フランクフルトを後にして、帰り途中である「ヴィースバーデン」に立ち寄りました。
名前から察するように、「バーデン」=「温泉」です♪

と言っても・・・ここのクワハウスは水着着用不可で、老若男女がスッポンポンで入る温泉。
いや~ん、さすがにスッポンポンは抵抗ありますわ(///∇//)

103278.jpg
Kurhaus(クーアハウス)の前の公園&渡り鳥?ちゃん。

目の周りが茶色の大きめな鴨って感じの鳥でしたが・・・

ぽちのしつこいカメラ撮影に快くご協力の様子。

103279.jpg
鳥を撮りまくったポチは満足した様子(笑)

1032710.jpg
クーアハウスの中は素敵なステンドグラスとモザイクの絵が飾られていました。

ここは「カジノ」が併設されており、とっても金持ちそうな人たちがいらっしゃいました。
タキシードとか着ていましたよ・・・。

温泉と言えば・・・

「源泉」を見にいこう!!!

1032711.jpg
小さな公園にあった源泉。

硫黄の香りで、更に熱いお湯です!!!

こっ!これは!!!なぜ!!!足湯にしない!!!!

「足湯だったら良かったのに・・・」と日本人的な発想。

「ここに腹ばいになれば、なんとか浸かるんじゃない?」とポチ。

あなたが試してみてください。

雨が降ったり、やんだりの肌寒い1日でしたが、この源泉で少し手が温まり♪

1032712.jpg
マルクト教会。

赤いレンガが印象的な教会でした。

ガイドブックで見る限り「ヴィースバーデン」はあまり大きな町の印象ではなかったのですが、
とっても大きな、そしてショッピングも娯楽も充実した観光都市でした!!

きっと、夏は多くの人で賑わうんだろうなぁ~。


スポンサーサイト
02:44  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.02 (Wed)

クサンテン・WeihnachtsMarkt

今年初のクリスマスマルクトに行ってきました!

10月にポチの叔父とイトコちゃんと訪れた「クサンテン」です♪
10月の日記はコチラから。

あの城壁に囲まれた小さな街と遺跡のある町。

クリスマスマルクト情報を見ていたら、11月20日~12月22に間、開催されていることが判り
友人に声をかけ、4名で遊びに行ってきました。

NRW1日5人チケットを購入。

091211_20091202190732.jpg
街のあちらこちらに、クリスマスの飾りがありました。

091212_20091202190731.jpg
大聖堂。

091213_20091202190731.jpg
マルクト広場にあった、クリスマスマルクト。

思っていたよりかなり小さく・・・。
すると、お店のオジサン(暇そうにしていた)が、私達に話しかけてきた。
「今年は、マルクト広場を工事しているから、クリスマスマルクトもかなり小さいんだよ。
 でも、夜はライトアップもされてキレイなんだ!!」と言っていた。

そっか、10月に来た時もこの広場は工事されていた。いつになったら終わるんだろう・・・。

「工事中に昔の金貨とかが発掘されてね。調査中なんだよ。だから、工事もいつ終わるんだろう」と。

しばらくの間は、クサンテンのマルクトは小規模だということが判りました。
でも、街の雰囲気や遺跡は健在です!

091214_20091202190731.jpg
クリッペ

キリストの誕生を再現した、羊小屋。

そして、本物の羊さんが居ましたが・・・
寝ながら草を食べている姿は・・・・「そりゃ、太るでしょう」というコメントしか出ませんでした(汗)

091215_20091202190731.jpg
カボチャのスープ。

温かく、モッツァレラチーズ入りでボリューム満点でした!!
これでお腹がいっぱいに・・・。

そして、恒例の・・・
091216_20091202190731.jpg
グリューワイン

この日は、クリスマスマルクト日和でした!
というのも、ここ2週間ほど暖かい日が続き、グリューワイン(ホットワイン)を飲む気にもならなかった。

最高気温、7度。
最低気温、2度。

グリューワインを飲んで、「美味しいと思える気温」でよかった♪

さて、あっという間にマルクトも見てしまい・・・
次の目的に向かった。

091217_20091202190807.jpg
ローマ人の遺跡がある公園「APX」へ。 Hafentempel(港の神殿)

APXのホームページは、コチラから。

091218.jpg
コロッセオ Amphitheater(野外円形劇場)とクサンテンの大聖堂

091219.jpg
コロッセオの内部

私は2回目だったので、友達の案内役を引き受けました。
みんな「すごいね~。こんなに近くに遺跡があったなんて!!」と感動していました。

そして、これにも・・・
0912110.jpg
ローマ風呂の再現施設に描かれた壁画。

一同「もっとそれらしい雰囲気の絵にすればよかったのに・・・小学生が描いた絵みたい」と苦笑。

ゴメンナサイ、画家さん。

海や川など「水」を意識した絵ということは理解いたします。

でもね・・・

お風呂というのは、1日の疲れを癒すためのオワシス。
社交の場。

そこにね・・・

いくら再現だとしてもね・・・

0912111.jpg
うつぼの絵はどうかと思いますよ(苦笑)

私達は、この絵で癒されましたが(笑)

19:33  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.03 (Tue)

10/21 クサンテン観光

叔父さん&イトコちゃんの旅、最終章

ちょっと間が開いてしまいましたが、ポチの叔父さんとイトコちゃんの旅、
最後に訪れたドイツに居ながらローマを感じる街に行ってきました!

DBでDuisburgHbfまで行き、乗り換えてクサンテン(Xanten)という街に行きました。
乗り換え時間は、7分。
ホームもそれほど遠くないと判断していたのですが!!

Duisburgまでの電車が駅と駅との間で10分ほど停車・・・。なんでやねん!!
あーー!乗り遅れる~~っと思っていたら、やっぱり乗り遅れました(泣)

Duisburgからバスを使っていく方法もあるのですが、
ちゃんと調べていなかったのが失敗。

結局1時間後の電車に乗り、クサンテンに向かいました。

091121.jpg
クサンテンが終点駅。

駅から真っ直ぐ伸びる道(行けば判る単純な道です)を歩くと両サイドは高級住宅♪

091122.jpg
真っ赤に紅葉したツタが張る城門。

クサンテンは、城壁に囲まれた小さな街です。

クサンテンのHP

この街を紹介してくれた友達のご主人のお父さんがローマ好きで
ドイツに遊びに来た際に観光した場所なんです。
友達のおかげでとても良い観光が出来ました♪
ありがとーー!!

ドイツに居ながらローマ??っと思いましたが、ホームページで調べたら魅力的な街で
興味が沸きました。

091123.jpg
大聖堂前の城門。

全てがおとぎの国のような風景で、私も感動しました♪

091124.jpg
大聖堂の中は静まり返って、そしてステンドグラスも素晴らしかった。

ケルンやアーヘンの大聖堂も世界遺産だけあって素晴らしいのですが、
このクサンテンも趣があってお気に入りになりました。

城壁に沿って歩き、観光ポイントの城門などを見学。

観光用のミニトレインも走っており、1日ゆっくり過ごせる街です。
(ミニトレインはインフォメーションの脇に案内がありました。)

[高画質で再生]

クサンテンの城門とミニトレイン

[広告] VPS

風車の城門とミニトレイン!

ミニトレインの前に乗っているワンコも可愛かったぁ~♪

街からからちょっと離れてみると・・・
こんな景色が広がります。

091125.jpg
ここにも城壁!!

この壁沿いに歩くと入り口があります。(歩くと15分ぐらいかかるかなぁ)
入場料 一人9ユーロ

091126.jpg
ローマ時代の遺跡、神殿! がありました!!

091127.jpg
当時の下上水道の仕組みや、ローマ風呂の説明など、今も発掘調査中のものもあり
小学生の社会科見学にもってこいの場所。

静岡・清水に例えると・・・「登呂遺跡」のような感じかな(笑)


091128.jpg
コロッセオもありました!!
内部見学も自由で、もちろん階段を登って上まで上がりました♪

0911210.jpg
コロッセオの内部。
薄暗い通路を歩くと、戦いに出場する人の控え室?などもありました。
このような作りは、ローマのコロッセオと似ているなぁ~っと思いました。

091129.jpg
これは、お湯を沸かして「暖房」として利用していたシステムを紹介していました。
そう、ドイツで言うと「ハイツング」のシステム。
熱いお湯を流して暖房として使っていたのです。

ローマ時代の人たちの知識や技術など、スゴイと思います。

去年(2008年)の4月にイタリア・ローマを訪れた時も感動しました。
特にカラカラ浴場
私が大好きな番組「世界不思議発見」で紹介した時に感動したのを覚えています。

また、フォロ・ロマーノという遺跡は、当時の生活を垣間見ることができ
天気さえ良ければ1日見ていても飽きないところでした。

こんなローマで体験してきた遺跡を、ドイツで!しかも、住んでいる所から電車で約1時間のところにあるなんて!ビックリです。
陸続きのヨーロッパがどんな歴史を辿り、どのように繁栄していったのが
身近に感じました。

0911211.jpg
再び、クサンテンの街の中心まで戻り、散策をしました。

このクサンテンはまた行きたい場所になりました♪


さて、12日間のドイツの旅をした叔父さんとイトコちゃん。
無事に帰国し、もう10日経ちました。

私も通常の生活に戻り、なんだかんだ忙しく毎日を過ごしております。
今月は、オケの発表会もあり忙しいのですが、
そろそろクリスマスマルクトも準備されてきたので、「今年はどこに行こう♪」と
ひそかに思っております。

って、誰か付き合ってくれるかしら?平日に。

04:55  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.30 (Fri)

10/16~19 ベルリン観光(その2)

叔父さんとイトコちゃん ドイツ訪問7~9日目。

今日は、3日間のベルリンのまとめをします。
省略してゴメンなさい(汗)

10/17(金)

さて、1日目は小雨&寒いで歩き回ったわりに、体が温まらなかった日でしたが・・・
ベルリン2日目はどうでしょう~♪

0910271.jpg
やっぱりドンヨリ小雨模様・・・。ぽちーーーっ!!

寒いし天気も良くないので、2日目は美術館をメインに回ることにしました。

その前に、ブランデンブルグ門の脇にあるインフォメーションで
ミュージアムパス」を購入しました。
3日間有効で、一人19ユーロ。

提携している美術館&博物館に無料で入場できます。

さて、このミュージアムパスの威力を試されるのが!!

0910272.jpg
プルガモン博物館(ペルガモンのゼウスの大祭壇)

この博物館は、朝早くても多くの人がチケットを購入するために並んでいます。
その脇を通過して、チケット売り場の脇にあるインフォメーションに
このミュージアムパスを提示すると「使用開始日のハンコ」を押してくれます。
この日付のハンコが押された日から3日間有効なんです。

(ペルガモン博物館だけではなくても、同じ様に日付のハンコを押してもらってください)

このハンコを押してもらえたら、そのまま入場!!

30分近く並ぶ行列もスルー♪

入り口を入り、すぐにガイドホン(日本語)のを借りられるブースがあります。
無料です!

0910273.jpg
イシュタール門。

2度目のペルガモン博物館。
どこに何があるか把握できているため、私達もちょっとしたガイド役。

しかし、日本からのツアー団体が3組も居た。
物凄い日本人率・・・・。ウワー。

それにしても、団体さんたち、かなりのハードスケジュールらしく
初めの大祭壇とイシュタール門辺りをちょこっと見て、すぐに居なくなってしまった。
これって・・・見学というより、「見た」に近いんですけど。

きっともっとゆっくり見学したかった人もいるんだろうなぁ~っと思いつつ、
私達は、約3時間見学しました。

このペルガモン博物館だけで、叔父さんもイトコちゃんもお腹いっぱい・・・って感じでした(笑)

さて、ペルガモン博物館を後にして、向かった先は・・・
0910274.jpg
ベルリン大聖堂です。

タイミング悪く・・・大聖堂ではコンサートを開催中で、内部見学をすることが出来ませんでした。

と、いうことで!ベルリンの高級デパート「Kadewe(カーデーヴェー)」に向かい、
ショッピングタイム♪イトコちゃん、欲しい物をゲット!!

0910275.jpg
夜のソニーセンター

急に夜?って思われましたか?

0910276.jpg
こんなロマンチックな噴水も♪

そう、一旦ホテルに戻り、着替えをして、ソニーセンターまで着ました。(時間つぶしに)

目的は・・・コレ!

0910277.jpg
ベルリンフィルのコンサートです♪

クラッシックコンサート初のイトコちゃん。
初のコンサートがベルリンフィルって贅沢ですよ~。

この日の演目は・・・
Bela Bartok 「Divertimento Sz113

Benjamin Britten 「Violinkonzert Op.15」(YouTubeはピアノとヴァイオリンです)
 ヴァイオリンソロ・・・Janine Jansen オランダ人の女性です。

Richard Strauss「Tod Und Verkalarung
(YouTubeは、ベルリンフィル!カラヤン指揮の映像です♪)

約2時間のコンサートを楽しみ、ホテルに帰る前にお食事を。



10/18(土)

この日は、曇り空ではありましたが、なんとか1日お天気が持ちそうっということで・・・

電車に乗って
0910278.jpg
「Oranienburg」という駅で下車。
さらに、バスで向かった先は・・・

0910279.jpg
ここ。

6月のベルリン旅行記を読んでいただいた方は判ったと思いますが・・・

09102710.jpg
ザクセンハイゼン強制収容所です。

叔父さんの「アウシュビッツに行きたい」というリクエストでしたが、
ベルリンから行けないことは無いけど、最低3日は必要になります。
アウシュビッツに行くことになると、ベルリンに来た意味が無くなってしまうので
ベルリンから電車で30分もしない、ザクセンハウゼン強制収容所に行きました。

いやー、6月のときは天気もよかったので、この暗い雰囲気を何とか乗り越えましたが、
このドンヨリ曇り空。
しかも、寒~~~い日は、精神的にかなり堪えます。

今年は収容所巡りをしているようだ。
もう行かなくてもいいかな。

気分を変えるために、絵画館にも行きました。
もちろん、ミュージアムパスで入場!
きっちり終了時間まで、ゆっくり絵画を鑑賞しました。

09102711.jpg
ライトアップされた、カイザー・ヴィルヘルム記念教会



10/19(日) ベルリン最終日

最終日、天気は晴天!!

移動が長いのに、今日、晴天?!(ポチ、もうちょっと早く晴天にして欲しかったわぁ~笑)

この日は、イトコちゃんリクエスト!ドイツ土産の旅。

そして、私もついでに購入してしまいました♪
それは後日、ご報告!

さて、ICEの時間が、ベルリン発15:53ということで、
壁博物館にも行ってきました。

09102712.jpg
チャーリー・チェックポイント

日曜日&晴天だったので、この辺りは多くの人でごった返し。

壁博物館を見学し、ベルリンの中央駅でビールで乾杯!

「ベルリン!楽しかったよ~~♪」っと、
ICEに乗る前に、すっかり出来上がった4人でした(汗)


ざっと3日間の日記でした。

03:50  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.29 (Thu)

10/16-19 ベルリン観光(その1)

叔父さん&イトコちゃん、ドイツ訪問6日目。

ベルリンを4日間観光しましたが、長くなるので2回に分けて日記に書きます。

0910261.jpg
ベルリンまでICE(ドイツの新幹線)を利用しました!

この旅の間は、全て公共交通機関のみの移動。
車で行くことも楽しいのですが、特にベルリンは渋滞しやすく、
時間のロスをしてしまうのでICEを利用したのですが・・・。

途中、駅の何も無いところで20分ほど停車・・・。
う~ん、どうしたものなんだろう(汗)
良くあることなので、乗り継ぎの場合はお気をつけてください。

13時半、ベルリン着。
ホテルに向かいチェックインし、荷物を置いて観光に出ました。

さて、今までの私のアテンドの5日間。
全て晴天!

なのに・・・ポチのアテンドになったとたん。。。
0910262.jpg
ドンヨリ空のブランデンブルグ門
寒いし、雨降るし・・・ポチ!!(←ポチのせい)

とりあえず、小雨が降る中
ベルリンの主要観光スポットを回ることにしました。

(10/16 1日目のスケジュール・・・駆け足です)

・Nordbahnhofの近くの壁公園
ブランデンブルグ門
ユダヤ人犠牲者記念館
・Ostbahnhofの近くにあるイーストサイドギャラリー

0910263.jpg
イーストサイドギャラリーでは、壁崩壊20周年の今年の為に、
雨風で痛んだ絵の修復作業が行われ、全ての絵がきれいに描き直されました。
(一部途中のものもありました。)

0910264.jpg
壁を乗り越える人の足を掴む人。

0910265.jpg
壁からなだれ出る人々の絵。

0910266.jpg
壁を突き破る車。

0910267.jpg
富士山と日の出?

って、なぜに日本の絵なのかな??っと思ったら・・・

0910268.jpg
安全で平和な日本への迂回路というテーマ。

日本人として、「安全で平和な日本」なのか。自信を持って言える日が来ることを祈ります。

0910269.jpg
このイーストサイドギャラリーでもっとも有名な絵。
左の人は旧ソ連のレオニード・ブレジネフで
右は旧東ドイツのエーリッヒ・ホーネッカーです。

ちなみに、11月10日にオープニングセレモニーが行われるそうです。

小雨が降る18時すぎ、寒いし、疲れたし・・・
で、再び街の中心部まで移動し、とりあえず・・・
チャーリーチェックポイントをチラッと見て逃げ込んだのが・・・・。

今年の6月にベルリンに来た時に訪れた「南ドイツレストラン」!

09102610.jpg
ちょうどホルンの演奏もあり、とってもドイツらしい雰囲気を楽しめることができました!

ベルリン日記、つづく。
23:46  |  旅行記(ドイツ)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。