All archives    Admin

01月≪ 2017年03月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.31 (Wed)

スキー合宿・・・食事編

さて、スキー合宿のアパートでの暮らしぶりについて今日は書きたいと思います。

キッチン付きのアパートならではの、旅の醍醐味。(←大げさ?笑)

それは・・・

パジャマで夕飯が食べられる~♪

お腹いっぱいになったら、テレビを見ながらゴロゴロして、
そのまま寝る事だってできる~~♪(← 堕落した生活。)

そんな勝手気ままな生活ができるアパートですが、
「レストランで地元の美味しい料理を食べたい!!」というグルメな人。
「旅行なのに、料理をするなんて!」という奥様。
「アパート?私はいつも高級ホテルしか泊まらないわ。オホホホホォー」というセレブな人。

には、向きませんが(笑)

日本ではあまり無い「アパート滞在」をしてみるのもいかがですか?

こんな私たちが送った1週間の食事をご紹介。
材料は・・・スキー合宿・・・交通&宿編で書いた、持ち物にある
調味料&キッチン道具がポイントです。

0812311.jpg
12/20(土)
スパゲティー・アラビアータ
サラダ

アラビアータのソース(家から持参)と、スーパーで購入した挽肉&マッシュルーム。

0812312.jpg
12/21(日)


やっぱり、スキー合宿には、でしょう!(←体育系のノリ)

0812313.jpg
前日の残りの挽肉とネギのみじん切りで作った肉団子入り。
豆腐は、持参。(さすがに、スキー場エリアには日本食材店は無いので)

白菜は、旅行前に購入してあったのが残っていたので持って来ていました。

0812314.jpg
12/22(月)
サーモンのホイル焼き
サラダ

スーパーで購入したサーモンと前日の残りのマッシュルームなどを使用。

0812315.jpg
12/23(火)
またまた、

鶏肉(骨付き)を購入。水炊き風に仕上げました。

0812316.jpg
〆はラーメンで。

0812317.jpg
12/24(水)
コカコーラで煮た鶏肉。(前日の残りのお肉です)

0812318.jpg
スパゲティー・アラビアータ(ポチの定番パスタです)

0812319.jpg
12/25(木)
シーチキン&マヨネーズ和えの冷やしうどん
スペイン旅行の際に購入した「たこのタパス」の缶詰。
近所のインビスで買ったポテトフライ。(←洗濯機を利用するのに50セント2枚必要。その50セントが欲しいためにポテトを購入・・・笑)

08123110.jpg
12/26(金)
カルボナーラパスタ
残った野菜(マッシュルームやパプリカやベーコンなどを入れて。
前日同様、インビスで購入したチキンナゲット。(←同じく、50セント欲しさで購入 汗)

1週間のメニューでした。

あるもので作る。
手間がかからない。

そんな簡単メニューですが、全部ポチが作ったわけじゃないですよ。
私が作ったものや手伝ったものもあるし。

私は「洗濯担当」だったので、合間を見て料理を作る。
って、洗濯は洗濯機がするんだけど・・・汗

さて、オーストリアのビールは??っと、心配される方。(←心配してない?)

08123111.jpg
KAISER
一番コレが美味しかったかな。

08123112.jpg
Adler
デュンケル(黒ビール)でした。これもなかなか美味しかった。

08123113.jpg
StarkenbergerGoesser
まあ、普通のビールでした。

ちなみに・・・・

1週間の食材の買出しで使ったのは、約160ユーロ。(約2万円 125円計算)
ビール・ワイン・食材・朝食用のパンやヨーグルトなども全部含んでいます。

7日分の夕食と朝食代なので、1日/1人として考えると12ユーロ弱。

外食してビールやワインを飲んだりすると、1食/1人で15~20ユーロ近くはかかります。

旅は食の楽しみもありますが、スキーや登山などの時はこういった「アパート」の生活も
なかなか楽しいと思います。
アパートでも、外食はいくらでもできるしね♪

さー、あなたもチャレンジしてみよう!



今日で、2008年も終わり。

今年1年ありがとうございました。




スポンサーサイト
00:00  |  旅行記(オーストリア)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.30 (Tue)

スキー合宿・・・スキー場&ハプニング!

さて、いよいよスキーなんですが・・・
2年ぶりのスキー(一応、室内スキー場で足慣らしはしたけど)

下手になったぁ

0812301.jpg
アパートからゲレンデのアクセスは、昨日の日記にも書いたように0分。
写真にあるゴンドラ(GIGGIJOHO行きのゴンドラ)乗り場まで行けます。

朝、8時ごろ起きて、朝食を食べ、9時過ぎに滑り出す。
ゴンドラ乗り場は、朝遅いヨーロッパの人たちで混雑していますが、
約5~10分程度の待ちで乗れます。

ちなみに、チケット代は6日券・・・212ユーロ。(26,500円  125円計算)
但し、2008.12.20~2009.1.9 と 2009.1.31~2009.4.17の期間の金額です。

同じ6日券でも、2009.1.10~1.30 と 2009.4.18~5.30の期間は、190.50ユーロと
安くなります。

チケット代の一覧HP

ちなみに、チケットを購入する際に、保険に入ることをオススメ
10ユーロですが、万が一、ゲレンデ内で怪我をして、パトロールによる搬送or
ヘリコプターによる搬送が必要になった場合、この10ユーロの保険で賄ってくれます。

この保険に加入しないと・・・

パトロールの搬送代やヘリコプターの搬送代(1000ユーロぐらい)の請求がきます。
特に、ゲレンデ外のコースや氷河コースで怪我をしたら大変!
高額の請求が来ます。

さて、スキー場ですが、21日(日)~23日(火)まで雪が降ったり、
風が強かったり、曇ったりで、あまりコンデションが良くありませんでした。
0812302.jpg
BIG3の1つ「Gauslachkogl 3058m」の山頂。

う~ん、天気はイマイチでした。(12/22時点)
しかも、風も強かったので、一部のリフトや氷河スキーエリアは閉鎖。

0812304.jpg
リフト乗り場などにこのようなスキーエリアマップ&リフト番号&運行状況などの
掲示板があります。
緑は、運行中。
赤は、休業中。

判りやすくていいです♪

0812305.jpg
Big3 2つ目「Innere Schwarze Schneid 3370m」までのゴンドラが23日(火)に動き
山頂まで行けましたが・・・・
裏のスキーエリアに通じるトンネルは、まだ閉鎖でした。

珍しいでしょ。「Skitunnel」(スキートンネル)があるんです。

このまま1週間天気が悪かったらどうしよ~っと諦めかけたクリスマス・イブの朝。

サンタさん !ありがとう!!
0812303.jpg
めっちゃ、快晴になりました♪

やっぱり天気が良いと体の動きが違いますね。

早速、閉鎖中だったスキートンネルに向かうと・・・
0812306.jpg
通れました~~♪
カリカリのアイスバーンになったスキートンネルを抜けると・・・

0812307.jpg
Big3 3つ目「Tiefenbachkogl 3309m」の展望台に!!

バンザイしているのは、ポチです。

天気もよく、風も穏やかなクリスマス・イブ。
リゾートスキーの気分になりました(笑)

0812308.jpg
日本では見かけないTバーリフト

私はTバーリフトが苦手なので、ポチが一人で乗った?つかまって?
登ったんですが、「急斜面の方が足が楽だった~」と言っていました。
というか、途中でコケたら・・・・

0812309.jpg
氷河スキーエリアから見た風景。
実際には、氷河上というより、氷河の脇を滑るって感じでしたが、
一部、ゲレンデ脇(立ち入り禁止エリア)に、氷河の氷が見えました。

そして、氷河上に積もった雪が雪崩れて、コースの一部まで達していました。
コースは、ちゃんと?管理されており、除雪しされていましたが、
あちらこちらで見る雪崩れ跡を見ると、「日本と違う・・・」と思いました。

08123010.jpg
コブ斜面。(正式には、不整地レーン)

最終日の12/26(金)には、小さいですが、コブができていました。
こちらの人たちは、コブが嫌いらしく、そして、モーグルを知らないので、
ヨーロッパでコブ斜面を求めても無いorあっても小さいコブなのです。

それでも、コレだけのコブ斜面があれば満足♪

ポチは、最終2日間、何本か滑り満足したそうです。
(ポチ曰く、「感覚が戻らない~」と嘆いていましたが・・・)

そんな26日(金)の気温は・・・

マイナス14度

凍えそうに寒い。
滑って運動しているにも関わらず・・・・
途中、あまりにも寒くて、手足が痛くなり、手はグローブ内で指を動かしたりして
いましたが、ブーツで固定された足先は動かすことができず・・・。

段々と痛さも感じなくなるほどになり・・・。

お昼休憩も取らずに、コブ斜面を滑り(最終日だったので)
14時過ぎにやっと「これで終了。じゃあ、アパートに戻るか」と言う頃には、
足の感覚も無く、滑っていました。

アパートの駐車場に停めてあった車にスキー板を詰め込み、
やっとブーツを緩めたら・・・

足がいたーーーーーい

ポチが「足湯をしてきな」と私を先に部屋の中に入れ、
バスタブにお湯を溜めて足湯をしようと思ったのですが・・・

ソックスを脱ぐのも痛い

何とかソックスを脱ぎ、足を見ると、血行が物凄く悪い真っ白な足でした。
お湯に浸けると・・

いたーーーーーぁいぃぃぃぃーーーー

なんなの?この感覚。
っと思っていたら、片づけが終わったポチが入ってきて

凍傷だね。

と、一言。

ぽこ、初の凍傷になりました
(特に、左足の指。 第1度の凍傷で、一部、2度になる手前っぽかったです。)

直ぐに温めてマッサージもしたので、水脹れにもならずに直りましたが、
「コレが凍傷なんだぁー」と怖くなりました。

ポチも、足が軽い凍傷になっていたらしく、一緒に「いたーーい!!ひぃーーー!!」と
悲鳴を上げつつ、足湯。(←バカ夫婦)

ちなみに、凍傷をご存じない人はこちらを。「Wikipedia「凍傷」より

そんなハプニングがありましたが・・・

もう一つ、ハプニングがありました。

それは・・・

08123011.jpg
ポチ、板のビンディングを壊す

緩斜面で気が抜けた瞬間、板がクロスしてコケたんですが、そのときにビンディングが引っかかって壊れちゃいました。
しばらく動かなかったので、「あっ!ポチ、骨でも折ったか?」と思い近づいたら、
折れたビンディングがウェアーに引っかかって、身動きが取れなかっただけでした。

それにしても、2年前に買ったばかりの板なのに・・・。

購入したお店で、ビンディングだけを直してもらえるか聞いてみるそうですが、
一応、新しい板を買ってあげました。

なんて、心やさしい妻なんでしょう~私って。ウフ♪


その板とは・・・

08123012.jpg
Milka Schko Carver

残念ながら、ビンディングは付いていませんが、
なんとも頼もしいスキーヤーの絵に惹かれまして(笑)

ポチ、この板でしばらく満足していてください(笑)

明日は、アパートでの合宿ぶりをお届けします。


※暮れの忙しい時間の中で見ていただきありがとうございます。

明日、12/30から年末年始の休みを利用して、ドイツ国内のとある場所に
2泊3日の旅行に行ってきます。
日記は、予約投稿で作成しました。
コメント返しが滞りますが、1/2にはお返事いたします。

それでは、良いお正月を!!


00:00  |  旅行記(オーストリア)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.29 (Mon)

スキー合宿・・・交通&宿編

昨夜(12/27)の22時に、無事帰宅しました。

今回の冬休み、12/20~27の1週間でしたが、あっという間に終了。
楽しいことは、あっという間に終わってしまいます。

今回の冬休みは、「犬ぞりツアー」に行きたかったのですが、
ツアーの日程と「今年は太陽の動きが悪いから、オーロラが見えにくい」という
ポチの信憑性があまり無い情報で、却下。

なので、無難に?スキー旅行を計画しました。
2年前のツイラータール(オーストリア)のスキーでは、雪不足の為に不完全燃焼でした。
更に、昨年は年末年始の冬休みを一時帰国にあてたために、1回もスキーをしませんでした。

2年ぶりのスキー。

8月からスキー場選びをスタートしました。
「早い!!」と思われるかも知れませんが、クリスマスシーズンの連休は、ヨーロッパ各地のリゾート地&観光地は早くからホテルなどの予約が入ってしまうため、早目に予約した方がいいです。
特にドイツ人は、1年先、半年先の旅行の計画は当たり前なので、良いところ&安いところは早くから満室になってしまいます。

さて、私たちのスキー場の条件は・・・

1. 氷河スキーができることろ。→万が一、雪不足であっても、氷河があれば一応滑れるから。
2. バリエーションに富んだスキーゲレンデ。→1週間の滞在なので、広ければ広いほど楽しめます。
3. コブ斜面がある所→ヨーロッパで探すのは困難ですが。(みんな嫌いみたいです)

以上の条件を考慮しつつ、この図鑑のような分厚さのスキーゲレンデ情報誌で
探します。
08122911.jpg
「DSV SKI-ATLAS」
2007年版なので古いですが・・・。

オーストリア・ドイツ・イタリア・スイス・フランスのヨーロッパに加え、
ナゼか?アメリカ・スカンジナビア・カナダ・・・・などのゲレンデ情報も記載されています。

夏ごろから、ポチの愛読書になります。

08122912.jpg
スキーゲレンデマップ・コースの斜度・難易度・リフト&ゴンドラ数・標高などなど
詳しい情報が載っています。

この本から気になるスキー場を選び出し、ホームページで検索した結果。
今回、選ばれたゲレンデは・・・


じゃーん!

OETZTAL(エッツタール)のSOELDEN(ゾルデン)です!

SOELDEN(ゾルデン)のホームページ

選ばれた理由は・・・

1. 氷河がある。
2. 不整地レーン(コブ)がある。(←一応、3コースほど)
3. オーストリアでホテルも安い。
4. そこそこの広いゲレンデ。

さあーー!!れっつごー!!

自宅を早朝5時に出発し、アウトバーンを南下しボーデン湖の脇を通り、エッツタールに向かう。
約10時間かかりました・・・。
今年は、雪が多く、ドイツの山間部でも雪が積もったり&降ったりで、
ちゃんと除雪されていても、路面が凍っていたので、慎重に運転。

そして、オーストリアの国境に差し掛かると・・・

0812291.jpg
こんなマークの看板が出てきます。

そう、オーストリアのアウトバーンは有料なのです。

0812292.jpg
10日券を購入。8.50ユーロ。

このチケットは、国境の検問場または、ドイツ内の国境付近のガソリンスタンドでも購入できます。

0812293.jpg
購入したら、フロントガラスに貼ります。

もし、購入しなかったり、忘れてしまって、オーストリアに突入すると捕まります。
罰金も確か高かったと・・・。

これで安心して、オーストリアのアウトバーンを走ることができます。

0812294.jpg
スキー場に向かう途中から吹雪き・・・。
除雪はされていましたが、万が一のことを考えて、チェーンを携帯。

何とか目的地に到着しました。

今回の旅行は、タイトル通りスキー合宿

そう、合宿

ホテルじゃないんです。

アパートです!

夏のシャモニの登山合宿の際も、アパートを借りて自炊しましたが、
今回のスキーも自炊・・・・。(決してリゾートじゃありません・・・泣)

ナゼ?

ポチ曰く・・・

1. 1週間ホテルに泊まると高い。→アパートなら、約800ユーロ。安い(貧乏なので
2. 朝食&夕食付きだと時間が規制される。→好きなときに好きなものが食べられる。
  (夕飯だって、テレビを見ながらダラダラとパジャマの格好で食べられる。)
3. 洗濯はルームサービスで頼むと高い。→洗濯機付きなら、荷物も減るし、安い。

という理由。

たしかに・・・。そうだけど・・・。自炊ですかぁ?

っと、言っても、スキー合宿中の食事の支度は「ポチがやる」という条件
(無理やりじゃありませんよ~自ら、「俺が作る」と言って料理長になっています)

では、今回のアパートは・・・
0812295.jpg
広々としたキッチン。食器洗浄器とオーブンも付いています。

0812296.jpg
広々としたリビング。ちゃんと食卓もあります。

0812297.jpg
広々としたリビングにあるテレビと棚とエキストラベット。

シャモニの時とは大違い(笑)

0812298.jpg
個室の寝室。

リビングと別に寝室があるので、とても便利でした。

0812299.jpg
広々としたバスルームとトイレ。洗面所が2つあったので、個々に使えて便利!
しかも、個室トイレも別にあったので、更にgood!

今回は、ゾルデンのスキー場HPから、アパートを検索して探しましたが、
このアパートは、ホテル直営なので、綺麗に管理されていました。

Hotel ReginaのHP

一番良かったのは、2日ごとに、ゴミの回収とバスタオルの交換に来てくれます。

そして、ゲレンデの脇にあったために、0分でゲレンデに移動。
中級・上級コースではありましたが、そのまま1分程下れば、ゴンドラ乗り場という
好立地条件のアパートでした。

さて、アパートに1週間宿泊というと、どんな荷物を用意したらいいの?っと
思われると思います。

今までの経験を踏まえて(2006年のエッツタールのスキー合宿&2008年の夏のシャモニ合宿)
アパート宿泊ならではの荷物を紹介します。

<生活用品>
バスタオル(今回は付いていましたが、普通はありません)
ティッシュ・トイレットペーパ
洗濯石鹸
柔軟材
洗濯干し台(折りたたみ式の小さなもの)
ハンガー(洗濯バサミがいっぱい付いているピンチハンガー)
シャンプー・リンス・ホディーソープ
ドライヤー
シーツ(シャモニはありませんでした)

<台所関係> 
まな板
包丁(たいてい、切れない包丁です・・・)
割り箸・箸
お椀(あると便利です。陶器の食器は、移動時に割れる心配があるので、お椀がベスト。)
使い捨てのお皿&コップ(普通、陶器の食器やグラスが付いていますが、万が一に備えて)
菜ばし
キッチンバサミ
鍋・フライパン(常備されていますが、小さかったり、汚かったりします。)
ラップ・アルミホイル・オーブン用のクッキングシート
キッチンペーパー
食器洗い用のスポンジ
食器洗剤
ふきん

冬は・・・
カセットコンロ

<食材>
しょうゆ
めんつゆ

コショウ
サラダ油
オリーブオイル
マヨネーズ
ソース
乾麺(パスタ・うどん・ラーメンなど)
パスタソース
缶詰(シーチキンなど)
紅茶

食材は、アパートに入る前にスーパーに寄って調達しますが、
調味料などは、家から持参した方が経済的です。

ちなみに、今回のゾルデンは、「SPAR」というスーパーが2箇所ありました。
どちらも18時まで。日曜日は閉店。
24.25.26日のクリスマスは、閉店したり、午前中のみの営業になるので、
買出しに注意してください。

エッツタールの時は、16:00で閉店でした。
もしも、スーパーが閉店閉まったら、ガソリンスタンドでパンやパスタ&ソース、ビールなどの
飲み物も購入できるので、土日は何とか過ごせます。



そんな、プチ・引越し状態のスキー合宿でしたが、
このアパートで一番良かったことは・・・・

08122910.jpg
車で5分ほど離れたアパートを経営するホテルのプール&サウナを利用できること。

2日ほど利用しましたが、スキーで疲れた体を癒してくれました~♪

さて、明日は、ゾルデンのスキー場についてお話します♪

お楽しみに!!





19:17  |  旅行記(オーストリア)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。