All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.22 (Tue)

モンブラン・ビバークの様子

夏休みのモンブランでの話です。

ポチがテントでビバーク(野宿)した際に、

強風・大雪・雷に2晩怖い思いをしたっと、前のブログでもご報告しました。
その時の様子の報告がやっと出来上がりました。

山用HPに載せました。

2匹の山散歩の日記

更に!音声はありませんが、2日目の朝。

やっと風も弱まり、テントを支えていた手を離すことが出来るようになったので
テント内の様子を動画で撮影したそうです。

[高画質で再生]

モンブランでのビバーク

[広告] VPS

ポチ曰く、「これでも風が弱くなったんだよ・・・テントが壊れるかと思った・・・」と言っております。


ということで、ポチの「変態日記」はこれで全部UPされました♪

スポンサーサイト
16:38  |  旅行記(フランス)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.08 (Tue)

ホームページ追加UP 第2弾

シャモニの山歩き

「ブレヴァン展望台~プランプラ」

「プラン・ドュ・レギューイ~モンタンベール」

「グラン・モンテット~アージャンティエ^ル氷河」

「グラン・モンテット~メール・ド・グラス展望台」

4つのハイキングをUPしました。

残すは、ポチのマッターホルンとモンブラン。

今月末までに仕上がるといいなぁ。

山用HPはこちらから  ご覧ください♪
03:37  |  旅行記(フランス)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.07 (Mon)

シャモニ~バーデン・バーデン(終了)

これで、夏休みの日記を終了します。
後半は手抜きしましたが、あまりにも長いので省略しました。
せっかく訪問していただいたのに、「山日記でつまらないわ」っと
思われた方もいらっしゃるかも・・・(汗)

山に興味がある人は、よかったら山用HPをご覧ください。
ブログでは紹介していない写真やエピソードをご紹介しています。

それでは、シャモニ最終日とドイツへの帰り道「バーデン・バーデン」をご覧ください!



8/29(土) シャモニでは、ウルトラ・トレイル・デュ・モンブランが開催中。

       ドイツ「バーデン・バーデン」で療養がてら、1泊する。

8/30(日) 帰宅




ポチがモンブランから帰ってきてからの2日間、朝からハイキングに出かけた。
ポチと歩くと、ペースが速い&お気楽なコースでは無くなる。

でも、やっと「歩いた~ぁ」という実感が持て、夏休みを終了できると思った。
(最後の山歩きで膝を痛めてしまいましたが、「歩いた実感」を得た気がした。)

さて、旅行を計画している時点で、ポチがあることを調べていた。

シャモニは美食の街としても有名であり、
ミシュランの☆付きレストランもある

っという事で、☆付きじゃなくてもいいから、美味しいレストランに連れて行け!(←命令形)

これだけ、夏休みを自分のために費やしたんだ。
それぐらい、当たり前でしょ。

という強気の態度で出たが・・・

「えー、疲れているからアパートで食べたい。
 ポチが作る料理は不味いっていうこと?」っと

レストランを調べたくせに「行きたくない」というポチ。

そして、「じゃあ、最後の夜(金曜日)に行こう」と渋々言うじゃありませんか!
これで、「恐妻」だの「可哀想な旦那達」だの言うのはおかしいじゃないの?

099824.jpg
「Atomosphete」

☆付きではありませんが、ミシュランの「美味しい&リーズナブル」と
一番評価が高かったレストラン。

昨年、シャモニに来た時に、オリマリさんに連れてきてもらったレストラン。

コースメニューを注文し、アルヴェ川沿いのテーブルに着いて食事をした。

実は、この夕食前にシャモニの一大イベントの様子を見学していたのです。

099821.jpg
「ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン」

スタート直後の写真。写真右の赤いハチマキの男性。日本人です!
ゼッケン No.2

ウルトラ・トレイル・デュ・モンブランのHP

この人たちは、こんな所を走ります。地図

鉄人・・・

099822.jpg
スタート地点。

このレースは、UTMB(写真のレース)の166Kmの他、CCCの98Kmと
走る距離、走るコースが異なり、選ぶこともできるそうです・・・。
しかし!普通の平坦なコースではなく、山道を走るという
どう考えても「理解できない極限のことをやる」人たちの集まりなんです。

099823.jpg
CCCに出場した選手のゴール間近!!

奥様の手を取って一緒にゴールするんでしょうね。
どこの世界でも、やっぱり家族の支えがあるから、やりたいことができるんですよ。

出場しない観光客は、知らない人なのに応援して、ガンバレー!と声援を送る。
日本人の奥様3名が、日本の国旗をはためかせ応援していた。
ご主人たち、きっと出場しているんだね~っとポチと話をしたら
「大変だね」とポチが言った。

そう、私も大変なのよ。変態な旦那を持つと(笑)

お祭り騒ぎのシャモニを後にし・・・

ドイツの保養地「バーデン・バーデン」に移動した。

099825.jpg
バーデン・バーデンのテルメ「カラカラ浴場

「バーデン(Baden)」とは、日本語で「温泉」という意味。
温泉・温泉という名の街(笑)

このカラカラ浴場は、市民の温泉プールって感じで、
入場券を購入して、ロッカーがある更衣室で水着に着替え(男女共同)
室内・室外の温泉プールを楽しみ事ができます。
2時間以内に出れば、入場料の金額でOK。
2時間以上利用する場合は、帰る際に腕バンドになっている磁気カードを
機械に入れると追加料金が表示されます。

浴場内の飲食なども、この磁気カードで精算できるので
お財布はロッカーに入れたままでOK!!

ここ、温泉好きの日本人の集まる人気スポットなんですよ。
この日も、何名かの日本人にお会いしました。

ちなみに、このカラカラ浴場の他に、「フリードリヒ浴場」もありますが、
こちらは、全裸になって入る温泉。しかも・・・混浴です
もちろん!!

入りませんでした~(笑)

カラカラ浴場で、山で酷使した足を揉み、心身ともに癒されました。

099826.jpg
そして、お腹も癒されました~。

099827.jpg
定番のドイツ料理って感じ・・・。

お米が食べた~い!(笑)

099828.jpg
スイス(グリンデルヴァルド・ツェルマット)と、フランス・シャモニを振り返り
「あーでもない、こーでもない」と話しながら、夜が更けるのでありました。

翌日、帰宅。

午後15時に家に着き、片付けに終われました・・・。

2週間の山篭り・・いや、夏休み。

楽しかったです。(その後の洗濯も大変でした・・・)

おわり
19:49  |  旅行記(フランス)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.07 (Mon)

シャモニ(11~14日目)

今までの長ーーい旅行記を根気良く見て頂きありがとうございます。

後半は、山歩き中心になりますので、山用HPにまとめます。

ブログでは、モンブランに行ったポチを待っていた時の観光&
シャモニのイベント「トゥール・デュ・モンブラン」の様子などを書きます!
それでは、あと2日間だけお付き合いください。



8/25(火) ポチ、悪天の為に「モンブラン・グーテ稜」にてテントで停滞
       ポコ、お昼にポチから連絡が入り、下山できないことを確認。
          ブレヴァン展望台ロープーウェイに乗り観光&街でショッピング。

8/26(水) ポチ、3日目でも天候の回復が見られないために下山開始。
       ポコ、お昼前にポチから連絡が入り、アパートで待つ。
   
8/27(木) 天候が回復!二人でハイキングに出かける。(←山用HPで報告)
       2つのハイキングコースを歩く。

8/28(金) 朝から快晴!二人で最後のハイキングを楽しむ。(←山用HPで報告)



   
8/25(火)、ポチがモンブラン挑戦に向かい、翌日の朝6時の写真。        

09981.jpg
アパートのベランダから撮影したモンブラン方面。

夜中から、強い雨と雷が鳴り続いた。

ベットに入りながら、「ポチは大丈夫なんだろうか?」と心配で眠ることが出来なかった。
夜中の2時。雷が一番激しく、雨音がうるさかった。
ベランダを覗き込むと、闇を照らす青白い雷の光だけが見えた。

3800mでテントで寝ているポチの状況が気になり、明け方6時に電話をした。

繋がらない。

「イタリアの電話会社の電波が届かない」という案内のメロディーが
哀しげに流れている。

「あぁ~。ポチ、雷に打たれていないか?もしかして、雪に埋まったんじゃないか?
モンブランなんてどうでもいいから、下山してきて・・・」
という不安だけが付きまとった。

お昼、ポチから連絡が入った。

「スゴイ雪と風と雷でさー、テントが壊れるかと思ったよ。
モンブランの途中まで行ったけど、ホワイトアウト状態(真っ白で見えないこと)だし、
トレース(足跡)も消えちゃうから、やめたよ。
で、下山コースも雪で降りれそうも無いから・・・」

っと、生きている事を確認&それでもモンブランに行こうとした変態も確認した。

安全に降りれることを前提にして欲しいので、1日伸びることを承諾した。

09982.jpg
下界(シャモニの街)は、曇りではありますが、観光できる天気になり
アパートで引きこもっていても心配を募らせるだけだから、
気分転換に観光に行こうと決めた。

09983.jpg
プラン・プラ(Planpraz)へ行くゴンドラ。

このゴンドラ乗り場までの道が、ダラダラと続く上り坂。
アスファルトの上り坂って・・・意外と疲れる。

プラン・プラで乗り換え、更に上にあるブレヴァン展望台(le Brevent)を目指す。
途中の岩壁にクライマーが張り付いていた。

09984.jpg
ブレヴァン展望台から見た「ブレヴァン湖(Lac du Brevent)」

09985.jpg
展望台に上がると、素晴らしい景色が・・・

広がるはずでしたが、まだ雲が完全に切れないため・・・

09987.jpg
ポチがいるグーテ稜もこんな感じに雲の中・・・(汗)

09986.jpg
ゴンドラ山頂駅にある壁画。

とれもキレイなブルーが、シャモニの自然や動物達を包んでいた。

雨上がりの為に登山道も滑りやすいんだろうなぁ~っと、
初めから歩くつもりで来ていないので(普通のスニーカー)
歩くことなく、再びゴンドラで下山した。

09988.jpg
バルマ広場にある、ジャック・バルマ(指をさしている人)とH・B・ソシュール(近代登山の創始者)
に指を指されているポチ(笑)

本当は、モンブランを指しています。

夕方、アパートに戻り、一人夕食を食べ、早めに寝ました。

8/26(木)

09989.jpg
やっぱり、朝から曇り空。 アパートから見た朝6時のモンブラン方面。

「今日も、悪天で下山できなかったらどうしよう・・・」と頭をよぎった。

あと3日間あるし、天候は回復する予定だから大丈夫だとは思ったけど、
私は、本当に待っているだけの夏休みになってしまうのか??っと不安になった。

お昼前、ポチから連絡が入り、
「下山してNid d'Aigle山頂駅(登山列車の山頂駅)まで来ました!
 あとゴンドラとバスの時間によって判らないけど、1時間ぐらいでアパートに戻ります」と。

よかったぁ。すごく安心した。

ポチは、1泊分の食料しか持って行かなかったために、
1日伸びてしまった間、貴重な食料を食いつなげていたそうだ。

お昼ごはんを用意して、お風呂を沸かして待った。

ポチが帰宅後、大量のびしょぬれのギアと、妙に臭いポチが部屋を占領した。

この日記の状態になる

ポチの奮闘話を聞き、この日はゆっくりアパートで過ごしました。

翌朝・・・・

099810.jpg
こんなに素晴らしい天気になった。

ポチ、よっぽどモンブランに嫌われているんだね・・・・(汗)

あと1話。つづく・・・


18:38  |  旅行記(フランス)  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.05 (Sat)

シャモニ・ビオナッセイ氷河&ポチを見送る(10日目)

8/24(月) 晴れ



CHAMONIX Aiguille du Midi駅(8:39発)
Bellevueゴンドラ乗り場(9:37)
モンブランに出発するポチを見送る(10:30)
ビオッセイ氷河末端(11:10)
プラリオン(14:00)

夜、一人で過ごす。



朝から良い天気に恵まれ、ポチはモンブランアタックを明日(8/25の早朝)と決め
グーテ稜のテント場まで行くことになりました。

私は、ポチを見送るついでに、ビオナッセイ氷河と、去年雨の中を歩いた「プラリオン」に
行くことにしました。

アパートの目の前の駅から電車に乗り、ゴンドラ・登山列車を乗り継ぎ
モンブランの玄関口へと向かった。

登山列車には、観光客の姿とモンブランを目指すアルピニストの姿が混ざっていました。

「今度こそ、登頂して欲しい」という願いもあります。

2度目の挑戦。

09971.jpg
モンブラン挑戦に向かうポチ

無事に戻ってくることを祈りつつ、私はハイキングを楽しむのでありました。

ハイキングの様子は、山用HPで♪

「2匹の山散歩の日記」(←山用HP)

「ビオナッセイ氷河ハイキング」(←直接ページに飛びます)

「ラ・シャレットゥ~レ・プラリオン ハイキング 」(←直接ページに飛びます)


少しずつですが、出来た分だけUPしようと思います。
ポチの報告分は、週末の休みを利用して作るそうなので、
気を長ーーーくして待っていてください♪

つづく
01:51  |  旅行記(フランス)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。